映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ジャッキー」「ムーンライト」「はじまりへの旅」etc.

ひるね姫 知らないワタシの物語

ひるね姫 オリジナルサウンドトラック
岡山県倉敷市で父親と二人で暮らす高校生の森川ココネは、最近、一日中眠気に襲われ、どこでもウトウトしてしまう。しかも同じ夢ばかり見ているのだ。2020年の東京オリンピック開幕が迫ったある日、父が突然警察に逮捕され東京に連行されてしまう。無口で不愛想だが犯罪者になるような父ではない。そう信じるココネは幼馴染の大学生・モリオを強引に巻き込んで、東京へ向かう。途中、怪しげな者たちに遭遇しながら、ココネは両親の秘密を知り、この事件解決の鍵は、いつも見る夢の中にあることに気付く…。

のどかな地方都市で暮らすヒロインの冒険と、親子の絆を描くアニメーション「ひるね姫 知らないワタシの物語」。夢と現実がリンクし、夢が事件解決の糸口となるファンタジー・アニメだ。ヒロインは夢と現実を行ったり来たりしながら、家族の秘密や、企業の陰謀に立ち向かうというのが大筋である。アニメーションの魅力のひとつは、非現実をダイナミックに描けることだが、そもそもこの物語、ファンタジーにする必要があるのだろうか? 主人公のココネは、女子高生らしい可愛らしさと元気な性格が魅力の女の子で、家族や友人、進路や将来への不安といった問題を抱えながら、平凡な毎日を送っているという設定は観客のリアルな共感を呼ぶ。父の突然の逮捕から、ココネが知らなかった両親の秘密を知るプロセスも、家族ドラマとして、しっかりとリアルで描くべき題材。現実だけで物語を進めた方がより深い物語になったのでは…と、どうしても思ってしまうのは私だけではないはずだ。比べるわけではないが、メガヒットとなったアニメ「君の名は。」以降、多くの作品が影響を受けすぎて、似たようなファンタジー、似たような色彩に傾きすぎているように思う。もちろん丁寧に描かれたヴィジュアルは魅力的だし、高畑充希の歌も味わい深い(どうしても某コンビニのCMを連想してしまうのが玉にキズだが…)。本編には不満が残るものの、エンドロールで描かれる、父と母のラブストーリーが素敵だったので救われた。
【50点】
(原題「ひるね姫 知らないワタシの物語」)
(日本/神山健治監督/(声)高畑充希、満島真之介、古田新太、他)
(親子愛度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜|映画情報のぴあ映画生活

3月のライオン 前編

映画『3月のライオン』オリジナルサウンドトラック
中学生でプロ棋士としてデビューした17歳の桐山零は、東京の下町で一人で暮らしている。幼少期に両親を交通事故で失い、父の友人の棋士・幸田に引き取られたが、自分のせいで幸田家に亀裂が入り、家を出るしかなかったのだ。深い孤独を抱え、すがるように将棋に打ち込む零だったが、ある日、川向こうに住む川本家の三姉妹と出会う。零は、彼女たちのにぎやかな食卓に招かれ、次第の自分の居場所を見出していった。友人でライバルの棋士たち、先輩の棋士、さらに頂点に君臨する天才名人。さまざまな人生や悩みを抱える人々との交流が、零を新たな闘いの場へと導いていく…。

孤独な青年が将棋を通して成長していくヒューマン・ドラマ「3月のライオン 前編」。羽海野チカの大人気コミックを、2部作で実写化したドラマの前編だ。内向的な主人公・零には、家族も居場所もない。あるのは将棋だけだが、その将棋への情熱も、本当に将棋が好きなのか、それとも父の友人の棋士の家で生きるため、あるいは孤独を紛らわせるためだけのものなのか、零にはまだわからない。そんな零に、人生のぬくもりを教えてくれるのが、川本家の三姉妹だ。厳しい勝負の世界で共に生きる友人や先輩たちもまた、零にはかけがえのない人々である。もちろん、プロ棋士らがそれぞれ背負う人生も、簡単なものではない。成長著しい神木隆之介演じる零を中心に、さまざまなキャラクターが見事に描き分けられているのがいい。本作では、演じる俳優たちの新しい側面を見ることができるのも楽しみのひとつだ。零の才能の前にプロ棋士の夢を絶たれた幸田家の長女・香子を演じる有村架純は、今までにない闇と毒を秘めた激しい演技を見せるし、友人でライバルの二階堂役の染谷将太に至っては、最初は彼だとわからないほどのルックスの変貌ぶりだ。プロ棋士たちは、実在の棋士をモデルにしているケースも多いので、将棋ファンには特に楽しめるだろう。命がけの決闘ような闘いを繰り広げる対局シーンは将棋に詳しくなかったとしても手に汗を握るはずだ。零の壮絶な闘いは、後編へと続いていく。この前編は、一人の青年が、自分はどう生きていくべきかを模索しながら、厳しくも豊かな勝負の世界に身を投じる入り口のように思える。愛すること、守りたいものを知った主人公の戦いに注目したい。
【70点】
(原題「3月のライオン 前編」)
(日本/大友啓史監督/神木隆之介、有村架純、倉科カナ、他)
(孤独感度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
3月のライオン 前編|映画情報のぴあ映画生活

SING/シング

シング-オリジナル・サウンドトラック
動物だけが暮らす、どこか人間世界と似た世界。倒産寸前の劇場支配人でコアラのバスター・ムーンは、何とか劇場の経営を立て直そうと、大規模な歌のオーディションを開催する。予選を勝ち抜いたのは、個性的な6人の候補者たち。ギャング一家の息子で歌への夢を捨てきれないゴリラの青年ジョニー。彼氏の浮気で傷心のパンクロッカー少女のヤマアラシのアッシュ、傲慢で自己チューだが才能はピカイチのジャズ・ミュージシャンのネズミのマイク、ブタのロジータとグンターは、それぞれ、子育てに追われる主婦と、歌って踊れるハイテンションのエンターテイナー。そして歌唱力は抜群なのに、あがり症のゾウの女の子ミーナ。人生を変えるチャンスをつかむため、参加者たちはそれぞれの想いを胸に、歌を披露する…。

動物たちが歌唱コンテストで奮闘する姿を描くアニメーション映画「SING/シング」。このストレートなタイトルが何よりもこの作品の長所を物語っている。歌というのは、こんなにも人を楽しませ、喜ばせ、勇気づけるものなのかと改めて教えてもらった気分だ。ストーリーは単純明快。劇場を再建しようとするコアラの支配人が開催する歌のコンテストに、何とか今の自分を変え、ダメな現状を打破したいと願うワケありの動物たちが集結し、さまざまなピンチを乗り越えて、最高の歌を披露する。それ以上でもそれ以下でもないのだが、この物語がこんなにも愛おしいのは、動物たちがパーソナルな理由で歌い、大切な一歩を踏み出すという身近で前向きな物語に大いに共感できるからだ。もちろん歌の魅力は絶大で、懐かしい名曲から、近年のヒットナンバー、なんと日本の楽曲も含めて、誰もが一度は耳にしたヒットソングが60曲以上流れるのだから、いやがおうでもテンションが上がる。ミュージカルはちょっと…という人も心配ご無用!何しろキャラクターが歌う場面で歌が登場するという、きわめて自然な演出なのだから違和感などまったく感じない。それにしても、演じる実力派俳優たちの歌の上手さには改めて感心させられる。特にスカーレット・ヨハンソンの歌唱力には驚いた。個人的に気に入っているのは、きゃりーぱみゅぱみゅの楽曲を歌うレッサーパンダのアイドルグループ・キューティーズの可愛らしさ。歌の魅力を全面に押し出したシンプルなこの映画には、コ難しいメッセージなどない。笑って、楽しんで、ちょっとだけホロリ。クライマックスの熱唱を聴く頃には、もうこの映画の虜になっているはずだ。映画と音楽の最良な関係を味わいたなら、こんな作品に限る。
【75点】
(原題「SING」)
(アメリカ/ガース・ジェニングス監督/マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、他)
(高揚感度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
SING/シング|映画情報のぴあ映画生活

WE ARE X

「WE ARE X」オリジナル・サウンドトラック
1982年の結成以来、ミュージック・シーンのトップを走り続けるロックバンド、X JAPAN。結成、メンバーの交代、脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、Toshlの洗脳騒動、2007年の再結成から2014年のアメリカのマディソン・スクエア・ガーデンでの公演成功まで。カメラは、迫力のライブの様子や舞台裏を中心に、バンドの軌跡と音楽性、スキャンダラスな側面まで、切り込んでいく…。

日本が世界に誇るロックバンド、X JAPAN の軌跡に迫った音楽ドキュメンタリー「WE ARE X」。音楽評は専門外だし、X JAPANについても有名なヒット曲を知っている程度。そんな私でも、このバンドの偉業とバンドにふりかかったあまりにも壮絶な問題の数々は、表層的だが知っている。記録映画として興味深いのは、バンドの内面にまで切り込めたのは、監督がアメリカ人で“異邦人の視点”があったという点だ。スティーヴン・キジャック監督はもともと音楽ドキュメンタリーを得意とする監督なので、ライブや舞台裏に密着する手法も巧みである。心身ともにボロボロというリーダーのYOSHIKIを中心に描かれるこの作品では、メンバーの死というこれ以上ない悲劇についても、遠慮なく踏み込んでいく。もちろんファンにとっては周知のことも多いとは思うが、ここまで素顔をさらし、語らせ撮らせたのは、キジャック監督がバンドに信頼されている証だ。圧巻はやはりライブシーンだろう。この映画のサントラも好評だそうだし、ドキュメンタリー映画としてもしっかりと作られている。海外のアーティストにも多大な影響を与え、今もなお走り続けている世界的なバンドを知る意味では、最良の入り口になっている。音楽を楽しむのはもちろん、悲劇と葛藤を乗り越え輝き続ける人間たちの、ヒューマン・ドラマとして見るのもいい。
【70点】
(原題「WE ARE X」)
(アメリカ/スティーヴン・キジャック監督/X JAPAN)
(赤裸々度:★★★☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
WE ARE X|映画情報のぴあ映画生活

試写室だより 3月上旬

試写室だより3月は、決算(年度末)の月ということもあって、何かと多忙な人が多いんじゃないでしょうか。そんな時こそ映画鑑賞で気分転換を!オスカー関連の秀作も続々と封切られてます。ぜひ劇場でどうぞ〜♪

最近見た主な映画は以下。(少なっ!)

「レゴ バットマン」「光をくれた人」「ひるなかの流星」「ターシャ・テューダー」などなど。

実写版「東京喰種 トーキョーグール」ですが、予定通り7月29日公開と決定したようです。清水富美加さんの芸能界引退のニュースで、混乱(?)したので、ファンの方も心配だったことでしょう。まだ詳細はわからないのですが、ともあれ完成と公開を待ちましょう!



舞台『東京喰種トーキョーグール』 [DVD]
小越勇輝
TCエンタテインメント
2015-11-27



人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール

劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール- Original Soundtrack
天才プログラマー・茅場晶彦が開発した革新的なフルダイブ専用デバイス“ナーヴギア”が、VR(仮想現実)の世界に無限の可能性をもたらしてから4年。次世代ウェアラブル・マルチデバイス“オーグマー”が開発された。フルダイブ機能は排除されたものの、AR(拡張現実)機能を最大限に広げたオーグマーは、覚醒状態で使用することができ、専用ゲーム“オーディナル・スケール”は、爆発的な人気と広がりを見せた。アスナたちに続き、キリトもゲームに参戦するが、次第にオーディナル・スケールに異変が起り始める…。

ロールプレイングゲームに仕込まれた陰謀を巡る新たな戦いを描くアニメーション「劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール」。原作は、全世界シリーズ累計1900万部発行の大ヒットを記録した川原礫の小説で、TVアニメ、ゲーム、コミカライズ、グッズなど、多彩なメディアミックスで知られる大人気作だ。本作は、原作者・川原礫が自ら書き下ろした完全新作ストーリーで、TVアニメの続編的な位置付けとなり、ファンには嬉しいプレゼントのようである。ソードアート・オンライン(以下、SAO)に関しては、私は“一見さん”なので、えらそうな批評はできないのだが、仮想現実、拡張現実という世界観や、過去に起こったバトルなどは、推察できる作りになっているので、SAO初心者でも何とかOKという内容だ(無論、アニメ既見の方が数倍楽しめる)。かつてSAOゲームをクリアに導いた英雄のキリトが、序盤からなんともグダグダしていて、ゲームにも乗り気ではないので、前半は少しフラストレーションがたまるかもしれない。だが、オーディナル・スケールに異変が起こり、かつてのゲームとの関わりや、ある悲しい理由からの恐ろしい陰謀が明らかになって、キリトが本気をだしてからは、前半との対比で一気に爆発する感がある。クライマックスの大バトルは、鮮やかな色彩設計が素晴らしく、随所に登場する歌とともに大きな魅力になっている。ただストーリー展開が、AIアイドルのユナの力に頼りすぎなのは少し気になった。それにしても、ポケモンGOの登場で、SAOの世界観をぐっと身近に感じる人も多いだろう。この物語は、もはや絵空事ではないのかもしれない。
【60点】
(原題「劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール」)
(日本/伊藤智彦監督/(声)松岡禎丞、戸松遥、伊藤かな恵、他)
(ファンサービス度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
劇場版 ソードアート・オンライン −オーディナル・スケール−|映画情報のぴあ映画生活

哭声/コクソン



警察官のジョングが妻子と暮らすのどかな田舎の村に、得体のしれないよそ者が住み着く。山の中に住むその男が何者かは誰も知らなかった。男について様々な噂が飛び交う中、村人が自身の家族を惨殺する事件が多発する。犯人の村人たちには、虚ろな目と湿疹でただれた肌をして、言葉を発することもできない放心状態で現場にいるという共通点があった。ジョングは事件の捜査を担当するが、ある日、自分の幼い娘ヒョジンに同じ湿疹をみつける。ジョングは娘を救うためによそ者を追い詰めるが、そのことがさらなる混乱を招いていく…。

平和な村で起る連続猟奇殺人事件が予想もできない事態を招く骨太なサスペンス・スリラー「哭声/コクソン」。上映時間156分の長尺だが、まったく長さを感じない。映画は、閉塞的なコミュニティーで発生した事件を巡るサスペンスで始まり、噂と疑心暗鬼の心理劇へ向かう。その後、血まみれの惨殺事件は猟奇殺人あるいはゾンビものに変化。さらに祈祷師の登場でエクソシストばりのオカルトへと舵を切る。時折挿入されるドライな笑いも絶妙だ。もはやジャンルという枠からは完全に離脱しつつ、根底には映画冒頭で引用される聖書の言葉の通り“信じるとはどういうことなのか”という命題を常につきつける。「あなたが見ているものは、本当に真実か?」。この言葉があまりに不穏に響くのは、よそ者を怪演する日本のベテラン俳優・國村隼の狂気の熱演によるところが大きい。山中を転げまわり、滝に打たれ、異様な儀式に身を投じる。決して若くはないこの演技派の、身体をはったアクションと役者魂に感動を覚えるだろう。ナ・ホンジン監督は「チェイサー」や「哀しき獣」でも凄惨な暴力や不条理を通して、非情な現実を描いてきたが、本作での底知れない不気味さはもはや別次元だ。結末はぜひ劇場で確かめてほしいが、得体の知れない恐怖に背筋が凍る。祈祷シーンのワンカットでの長回し、ポツンと街灯がついた村道の光と影の対比など、映像的にも見所が多い。観る者をわしづかみにする超ド級の怪作だ。
【75点】
(原題「THE WAILING」)
(韓国/ナ・ホンジン監督/クァク・ドウォン、ファン・ジョンミン、國村隼、他)
(疑心暗鬼度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
哭声/コクソン|映画情報のぴあ映画生活

チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜

映画「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」オリジナル・サウンドトラック
県立福井中央高校に進学した友永ひかりは、同級生でサッカー部の孝介を応援したいという軽い気持ちでチアダンス部に入部する。だが、そこで待っていたのは、全米大会制覇を目標に掲げた顧問の女教師・早乙女薫の厳しい指導と練習だった。あまりのスパルタぶりに周囲が次々に退部する中、チームメイト・彩乃の存在もあって、ひかりは何とかチアダンスを続けていくが…。

福井商業高校チアリーダー部が全米チアダンス選手権大会で優勝した実話を実写映画化した青春ムービー「チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜」。この長〜い副題が表す通り、奇跡の実話をもとにしている。涙あり、笑いあり、スポ根あり、ラブありの青春映画だが、何しろ日本の一地方の高校が全米王者(これは限りなく世界王者に近いと思う)になったのはスゴイお話で、まさに痛快だ。役柄や設定にデフォルメはあるものの、王道の青春映画は見ていて気持ちいい。なぜ特に才能もないチアダンス初心者のひかりが顧問の目にとまったのかというと、そのナチュラルな笑顔ゆえだ。演じる広瀬すずの笑顔は文句なしに魅力的なのだが、この笑顔というのが誰かを応援し元気にしたいというチアダンスの本質を物語っている。同時に生きる目標や将来への不安を手探りする、自分自身への応援でもあるのだ。コロコロと態度が変わる教頭や、自分に才能があるために上手く踊れない他者を見下す同級生など、悪役キャラも分かりやすい。チアダンスに目覚め、失敗を経験し、仲間を助け、仲間から助けられて、全米大会へ。起承転結もテッパンの流れで、結末が分かっているというのに、クライマックスのダンスシーンの輝くような魅力に目が釘付けになった。思春期の女子の悩みや葛藤、家庭環境による不安や苦悩を乗り越えていけるのは、同じ目標に向かって頑張る仲間がいたから。恋愛要素は薄いが、その分、はつらつとしたガーリー・ムービーに仕上がっている。
【60点】
(原題「チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜」)
(日本/河合勇人監督/広瀬すず、中条あやみ、天海祐希、他)
(元気溌剌度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜|映画情報のぴあ映画生活

ボヤージュ・オブ・タイム



ビッグバンによって宇宙が誕生し、惑星が生まれて変化を遂げていく中で、生命が宿り育まれてきた。自然科学から見たその年代記を映像でたどりながら、過去、現在、未来への命の歩みの本質にせまっていく…。

巨匠テレンス・マリック監督が、宇宙創生から生命の歩みを描く映像叙事詩「ボヤージュ・オブ・タイム」。宇宙、惑星、生命の誕生、地球の変化、人間の営み。それらが魅惑的な映像で綴られる本作では、オスカー女優ケイト・ブランシェットが語りを担当している。もはやマリックはストーリーを語ることは放棄しているようだが、「ツリー・オブ・ライフ」の冒頭で描いた宇宙や、恐竜や太古の植物などが存在する地球の形成を、より深く、より壮大に、より美しい映像でつきつめたのが本作だ。人間もところどころに登場し、現代社会の病巣をちらりと見せたりもするが、人間は宇宙空間の中では砂の一粒にも満たない大きさ。人間が映像の中心になることは決してない。革新的な映像技術が用いられているが、正直なところ、流麗な映像が連綿と続き、ブランシェットの低い美声を聞いているうちに、抗いがたい眠気に誘われる。だが決して不快ではなく心地よさを感じるものだ。ずっとずっとこの映像に身を委ねていたいというのが本音だが、何事にも終わりがくる。誕生、愛、そして死。そこに人間がどう関わっていくべきなのか。マリックの40年の映画人生の集大成であるこの映画はそれを問いかけているような気がしてならない。
【65点】
(原題「VOYAGE OF TIME」)
(仏・独・米/テレンス・マリック監督/(ナレーション)ケイト・ブランシェット)
(体感型映画度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ボヤージュ・オブ・タイム|映画情報のぴあ映画生活

モアナと伝説の海

モアナと伝説の海 オリジナル・サウンドトラック <日本語版>
豊かな自然と数々の伝説が残る南の島モトゥヌイで生まれ育った16歳の美しい少女・モアナ。だが、モトゥヌイには、島を取り囲むサンゴ礁の外へ出てはいけないという掟があった。幼い頃、不思議な体験によって海と運命的な絆で結ばれたモアナは、いつしか海に愛されるという特別な力を持つようになる。ある時、モトゥヌイではココナッツの木が病気にかかり魚が一匹も取れなくなるという不穏な出来事が起こり始める。海に選ばれたモアナは、人々を救うべく大海原へ飛び出し、伝説の英雄マウイと共に、命の女神テ・フィティの盗まれた心を取り戻す冒険の旅に出る…。

南太平洋に伝わる伝説をベースに、海に選ばれた少女モアナの成長と冒険を描くアニメーション「モアナと伝説の海」。数々のヒロインを生み出してきたディズニー・アニメーションが放つ新作の主人公は、海を愛し、海からも愛される少女モアナだ。モアナの冒険は、今までの作品と同様に壮大だが、歴代のディズニー・プリンセスと違って、彼女は恋に落ちない。途中で出会う、半神半人の英雄マウイとは、いわば相棒のような関係なのだ。そこがサバサバしていて、小気味よい。とはいえ、モアナは16歳の女の子なので、将来への不安や、自分が何者なのかとの悩みも持ち合わせている。そんな彼女をサポートするのが、海だ。風景や自然が登場人物のような物語は数多いが、ここでの海は、文字通り、ひとつ(一人)のキャラクター。言葉は一言も発しないのに、その感情や意志が見事なまでに伝わってくる。モアナを愛し、励まし、からかったりなだめたりする海は、頼もしくも優しい存在だ。何よりもその映像が見事という他ない。透明感、流麗な動き、輝きと形状変化。色、明度、彩度は状況によって繊細に変化している。実写としか思えないほどのクオリティで目を奪われた。モアナを誰よりも愛してくれたタラおばあちゃんの「自分の心の声に従いなさい」との言葉は、ディズニーらしいストレートなメッセージだ。モアナの勇気を後押しするのがテーマソング「どこまでも(How  Far I'll Go)」の伸びやかなメロディー。誰もが持つ可能性の肯定という前向きなテーマ、非白人の主人公、自然への敬意と、現代に響くタイムリーな作品に仕上がった。
【70点】
(原題「MOANA」)
(アメリカ/ロン・クレメンツ、ジョン・マスカー監督/(声)アウリィ・カルバーリョ、ドゥエイン・ジョンソン、テムエラ・モリソン、他)
(恋愛度:☆☆☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
モアナと伝説の海|映画情報のぴあ映画生活
シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
震災には負けない!
リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

icon icon
おすすめ情報
おすすめ情報

twitterやってます!
おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
いいね!もよろしく♪
Facebookをご利用の皆さん、このブログが気に入ったら、ぜひ「いいね!」ボタンをポチッと押してください。 渡まち子の励みになります!
タグクラウド
  • ライブドアブログ