映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ラ・ラ・ランド」「トリプルX 再起動」「彼らが本気で編むときは、」etc.

王様のためのホログラム

王様のためのホログラム
大手企業を解雇され、車も家も妻さえもなくしたアランは、何とか再就職したIT企業で、業務を言い渡される。それは、アメリカから遠く離れた国サウジアラビアで、国王に最先端の映像装置・3Dホログラムを売りつけるというもの。さっそく砂漠に到着するが、オフィスはただのボロテント、エアコンは壊れ、Wi-Fiはつながらず、ランチを食べる店さえない。抗議しようにも、担当者は不在で、国王がいつ現れるかもわからない。上司からのプレッシャーと慣れない土地でのストレスで、アランはついに体調を壊してしまう。そんなアランを助けたのは、予想もしない人物だった…。

異文化の中で奮闘する中年男の危機と再生を描くドラマ「王様のためのホログラム」。中東で欧米人が孤軍奮闘するといえば「砂漠でサーモン・フィッシング」が思い浮かぶが、本作の原作はデイヴ・エガーズ。むしろ、現実と幻想が溶け合う「かいじゅうたちのいるところ」や、エリートの都会人が農民相手に悪戦苦闘する「プロミストランド」との共通点が透けて見える。主人公アランがやってきたのは砂漠のド真ん中。それまでの常識や既成概念はいっさい通用しないイスラム文化とのカルチャー・ギャップに、身も心もヘトヘトだ。うまくいかない仕事のストレスを、一杯のアルコールで癒そうにも、ここはアルコール禁止のイスラム圏(実は、隠れて飲んだりしている)。ついに背中にできたしこりが悪化してしまい…という展開から、それまでビジネスライクだった物語が、一気に恋愛へと傾くのはご愛敬だろうか。最新鋭のテレビ会議システムである“3Dホログラム”を売るという興味深いビジネスの行方をもっと突き詰めてほしかった気もするが、すったもんだの末に主人公がみつけるのは人生の輝きだ。目が覚めるように青い海がスクリーンに広がって、幸福感を感じてしまう。通常のサクセス・ストーリーとは一味違う物語で主人公に希望を与えるのは、ウォシャウスキー監督との共作「クラウド・アトラス」でもハンクスと組んだトム・ティクヴァ監督だ。あくまでも小品だが、芸達者なハンクスの軽妙な演技を楽しめるほか、異文化や相互理解といった、タイムリーな素材をコメディ・タッチでサラリと描いた佳作である。
【60点】
(原題「A HOLOGRAM FOR THE KING」)
(アメリカ/トム・ティクヴァ監督/トム・ハンクス、アレクサンダー・ブラック、ベン・ウィショー、他)
(再出発度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
王様のためのホログラム|映画情報のぴあ映画生活

試写室だより 2月上旬

試写室だより大寒波・大雪で、被害を受けた方、お見舞い申し上げます。
もう少し寒さが続く、でも、急に気温が上がる…と、お天気が一定しないので、体調管理、気温上昇によるなだれ(北日本、日本海側)などにも注意とのこと。

この忙しいのに、ちょっと風邪気味な私ですが、とりあえずインフルではないようです。ホッ… (;^_^A

最近見た主な映画は以下。

「シング」「お嬢さん」「モアナと伝説の海」「パッセンジャー」「ジャッキー」
「PとJK」「ハルチカ」などなど。

アカデミー賞の発表、近づきましたね〜。今年はトランプ効果(?)で、政治的な発言が多くなりそう。大荒れにならないように祈ります。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

抗い 記録作家 林えいだい



福岡県筑豊を拠点に、朝鮮人強制労働の実態、公害問題、戦争の悲劇など、さまざまな取材活動を行ってきた記録作家・林えいだい氏。林氏は、幼い頃、神主だった父親が朝鮮人炭鉱労働者をかくまったことで、特高警察から拷問を受けて亡くなった経験から、抑圧された民衆の姿を記録の残そうと決意する。映画は、80歳を超えてガンと闘いながらも、膨大な資料を集め、粘り強く関係者に取材、執筆活動を続ける林氏の姿を映し出す…。

記録作家の林えいだい氏の活動を記録したドキュメンタリー「抗い 記録作家 林えいだい」。福岡県の筑豊地方の旧産炭地には、今もアリラン峠と呼ばれる場所があり、そこは、かつて強制労働に従事した朝鮮人たちが炭鉱に向かう時に歩いた道で、その周辺にある多くの石が、名前さえ刻まれない朝鮮人労働者の墓だということを、本作で初めて知った。林えいだい氏の活動の根底には、弱者を命がけで助けた父親の人生が投影されているのだろう。林氏は、太平洋戦争時に特攻隊員だった一人の兵士が、ただ朝鮮人だったというだけで無実の罪をきせられ無念の死を遂げた事件を、自身の取材活動の集大成と位置付けて、こつこつと取材を続ける。その粘り強い姿勢は、遠い過去を忘れようと記憶を封印してきた人々の口を開かせて、やがて真実へとたどりついていくのだ。個人で作った“ありらん文庫”には、膨大な古い資料が保存されているが、それらは名もない人々が歴史の闇に葬り去られるのを懸命に防ぐ盾のように見える。1933年生まれの林えいだい氏は、すでに80歳を過ぎ、重いガンと闘ってる。それでも、思うように動かなくなった指にセロハンテープでペンを巻きつけて執筆するその姿は、虐げられ記録から抹殺された民衆を決して忘れるなと訴えているかのようだった。舞踏家の田中泯が淡々と語る朗読がずっしりと心に響く。
【60点】
(原題「抗い 記録作家 林えいだい」)
(日本/西嶋真司監督/林えいだい、他)
(資料的価値度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
抗い 記録作家 林えいだい|映画情報のぴあ映画生活

相棒 劇場版IV 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断

相棒 劇場版IV オリジナルサウンドトラック
7年前、駐英日本領事館関係者の集団毒殺事件で生き残った少女・瑛里佳が国際犯罪組織に誘拐される。当時、その事件は、駐英大使と日本政府により高度な政治的判断として、闇に葬られていた。それから7年、犯人が再び動き出し、現在の瑛里佳の動画を使って日本政府を脅迫する。特命係の杉下右京と冠城亘は、国際犯罪組織バーズのリーダーのレイブンを追って来日した国連犯罪情報事務局の元理事マーク・リュウと共に、事件を調べ始める。次第に真相に近づく右京だが、東京が大規模テロの標的になっていることが判明する…。

水谷豊が相棒と共に事件解決に挑む人気ドラマシリーズの劇場版第4弾「相棒 劇場版IV 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断」。例によって、長い長い副題がめんどくさいが、それはさておき。今回は謎めいた国際犯罪組織による大規模テロの行方が描かれる。7年前の駐英日本領事館関係者集団毒殺事件と現在の事件がからみあった先に浮かび上がるのは、国によって見捨てられた人間の怒りと悲しみだ。卓越した推理力を持つ右京と相棒の冠城、2代目相棒の神戸、元鑑識の米沢ら、相棒シリーズでおなじみのメンバーたちが登場するのは劇場版らしいファンサービスだろう。捜査に協力し活躍するものもいれば、ドジを踏むものもいるという緩急もちゃんとついている。日本の過去の戦争や、現代、未来を見据えての右京の言動には、本作でもしっかりと社会派のメッセージが込められていた。もっともサスペンスとしての緊張感はあまり感じられず、大群衆の中で簡単に犯人にたどりつくなど、ご都合主義でユルいイメージだが、この安心感(?)が相棒らしさかもしれない。アクションシーンが控えめなので刺激は少ないが、ドラマ重視の相棒ワールドとして、楽しんでほしい。
【60点】
(原題「相棒 劇場版IV」)
(日本/橋本一監督/水谷豊、反町隆史、北村一輝、他)
(ハラハラ度:★★☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
相棒−劇場版IV− 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断|映画情報のぴあ映画生活

たかが世界の終わり


劇作家として成功した34歳のルイは、自らの死が迫ったことを家族に伝えるため、12年ぶりに故郷に帰る。マイペースな母はルイの帰郷を過剰に喜び、妹のシュザンヌもいつもより着飾ってそわそわしながら待っていた。だが兄のアントワーヌはそっけない。兄嫁のカトリーヌは、ルイとは初対面で遠慮がち。食事がはじまり、デザートまでには打ち明けようと考えるルイだったが、ぎこちない家族は、かみ合わない会話を繰り返す。そして、アントワーヌの激しい言葉をきっかけにそれぞれの感情が爆発してしまう…。

ある家族が互いに向き合いながらもディスコミュニケーション(相互不理解)に陥ってもがく姿を描く「たかが世界の終わり」。12年ぶりに家に戻る主人公ルイは、作家として成功してはいるが、死期が迫っている。同性愛の弟ルイを兄アントワーヌは理解できず、母は必要以上にはしゃぎ、妹シュザンヌは長い間不在だったルイをやんわりと責める。家とは本来、安らげる場所。だがルイが戻ったその場所には、彼の居場所はすでになく、ますます孤独を深めてしまう。「もうすぐ死ぬ」。この一言が言えずに苦悩するルイのことを、実は一番理解しているのは、初対面の兄嫁なのかもしれないというのも皮肉な話だ。家族それぞれの胸の内や不満、嫉妬は、直接的なセリフでは表現されない。特に主人公ルイはほとんど言葉を発しない。その代わりに多用されるのは、クローズアップだ。ウリエル、セドゥ、コティヤール、カッセル、そして母親役のナタリー・バイと、仏映画界を代表する実力派が演じるだけあって、繰り返される顔のアップや膨大なセリフの応酬も、しっかりと受け止めて演じていて見応えがある。若くして才能を発揮し国際的にも評価が高いグザヴィエ・ドラン監督は、この家族の葛藤のドラマに、ハリウッド映画によくみられる予定調和や単純なハッピーエンドは許さない。それでもかすかに灯る希望の光が見えるのは、不器用で傷付け合うことしかできない家族でも、互いを愛しているとわかるからである。劇中に使われる音楽が効果的で、特に「Natural Blues」は絶品だ。
【75点】
(原題「IT'S ONLY THE END OF THE WORLD/JUSTE LA FIN DU MONDE」)
(カナダ・仏/グザヴィエ・ドラン監督/ギャスパー・ウリエル、レア・セドゥ、マリオン・コティヤール、他)
(予定調和度:★☆☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
たかが世界の終わり|映画情報のぴあ映画生活

サバイバルファミリー

映画公式ガイド『サバイバルファミリー』の歩き方: 絵コンテ・制作秘話・オフショットで辿る鈴木一家と矢口組のサバイバルな日々
東京のある朝、突如、すべての電気が止まる。さえないお父さん、天然のお母さん、無口な息子につけまつげ命の娘の4人家族の鈴木家は、電車も車もガスも水道も、ATMもスマホまで使えずに途方に暮れる。一週間たっても電気が回復しない状況に、一家は、母の実家がある鹿児島を目指し、東京を脱出することを決意。そこから鈴木家の生き残りをかけた決死のサバイバルライフが始まった…。

電気が消滅した日本を舞台に、サバイバルを繰り広げる家族の姿を描く異色のコメディー「サバイバルファミリー」。「ウォーターボーイズ」などで知られる矢口史靖監督の作品の多くがオリジナル脚本で、テーマの目の付け所が本当に面白い。しかも上から目線や説教臭さは皆無で、エンタテインメントとしてしっかり成り立っているのに、あとからじんわりと社会的メッセージが浮かび上がってくるという巧みな内容だ。矢口作品の主人公(時には主要キャラ)の多くが、日本でとても多い名前として知られる“鈴木”という姓だが、この設定からも、特別な能力を持つ人ではなく、あくまでも市井の人々の視線で描いた物語であることが分かる。本作の主人公もまた鈴木家。突如、電気が失われるという、都会で暮らす現代人にとっての超ド級の非常事態に見舞われ、さぁ、どうする?!というストーリーだが、亭主関白を気取っているが頼りない父親を筆頭に、鈴木家は間違った行動ばかりしている。右往左往する都会人の姿が情けなくもリアルだ。高速道路を自転車で走り、物々交換で食料を手に入れる。のほほんとした母親や不愛想な息子が、時に意外な能力を発揮したりもするが、鈴木家はちょっとズルしたり他人から助けられたりしながら、少しずつ変化・成長していく。映画のキャッチコピーに“すべてがOFFになると、人間がONになる”とあるが、心から納得するはずだ。あって当たり前だと思っていたものを失くしてはじめて、自分で考えて行動し、本当に大切なことを知る。ダメダメな両親と身勝手な子どもたちが最後はどう変化するか。映画を見てぜひ確かめてほしい。災害シミュレーションとして笑わせながら、最後はしっかりと考えさせられる。必見の家族ドラマだ。
【75点】
(原題「サバイバルファミリー」)
(日本/矢口史靖監督/小日向文世、深津絵里、泉澤祐希、他)
(サバイバル能力度:★★☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
サバイバルファミリー|映画情報のぴあ映画生活

マリアンヌ

ALLIED-VERTRAUTE FREMD
1942年、カサブランカ。極秘諜報員のマックスとフランス軍のレジスタンスのマリアンヌは、ドイツ大使を殺害する重大な任務につく。敵の目を欺くために夫婦を装った二人は、危険な任務を通して親密になり、その後、ロンドンで再会。強く惹かれ合った二人は結婚し、子どもも生まれて穏やかな家庭を築く。だが、マリアンヌは愛するマックスにも打ち明けられない大きな秘密を抱えていた…。

戦時下で運命的に出会った男女の過酷な運命を描くラブ・ストーリー「マリアンヌ」。美男美女が演じる情熱的な愛から、後半は一転、愛する妻への疑惑をはらすために苦悩する心理サスペンスへと転じる。ブラッド・ピットといえば、最近では、映画そのものより私生活のスキャンダルが大きすぎた感があるが、本作では、戦争が恋を生み、同じ戦争が愛を奪おうとする物語をダンディーかつセクシーに演じて存在感を示している。デビュー時には外見の良さばかりが注目され、その後はあえて“汚れ役”を選んで出演していた時期もあったブラピだが、50歳を過ぎて、こんな美男美女でなければ成立しない映画に堂々と出演するところをみると、いろいろな意味で一皮むけたのかもしれない。無論、国際的に活躍するオスカー女優のコティヤールの知的な美しさもまた絶品で、特に、40年代のクラシックな衣装に身を包んだ様は、「カサブランカ」のイングリッド・バーグマンを彷彿とさせる。妻マリアンヌに向けられた二重スパイの疑惑は、やがて、自分への愛さえも偽りだったのか?という疑いへと転じてしまう。その結末は、涙を誘うものだ。サスペンス・タッチではあるが、本作は王道のメロドラマ。だがその根底にある反戦のメッセージを見逃してほしくない。
【65点】
(原題「ALLIED」)
(アメリカ/ロバート・ゼメキス監督/ブラッド・ピット、マリオン・コティヤール、リジー・キャプラン、他)
(メロドラマ度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
マリアンヌ|映画情報のぴあ映画生活

男と女



子どもたちの国際学校のために、フィンランド・ヘルシンキにやってきたサンミンと海外勤務中のギホンは、二人でフィンランド北部にあるキャンプ場に向かうが、途中、大雪で通行止めとなり森の中の小屋へと向かう。荒涼とした雪原の中、二人は、感情に身を任せ求めあい、名前も知らないまま別れる。それから8ヶ月後のソウル。あの時のことは雪景色が見せたひと時の夢だったのだと思い、日常に戻ったサンミンの前に、突如ギホンが現れる。再会し、惹かれあう二人だったが…。

雪のフィンランドで出会った男女が互いに家庭を持ちながら激しく惹かれあう姿を描くラブ・ストーリー「男と女」。クロード・ルルーシュ監督の名作仏映画と同名の邦題だが、リメークというわけではなく、おそらくインスパイアされたのだろう。共に家庭を持ちながら不倫に溺れるサンミンとギホンには、障害がある子どもを持つという設定で、より禁断の恋のカラーが濃くなっている。雪景色のフィンランドの風景が幻想的な前半、大都会のソウルが舞台の後半と背景はメリハリが効いているが、季節は共に冬で、二人の男女の孤独感が際立つ。キャリアウーマンだが障害を持つ我が子を懸命に育てる日々に疲れ、孤独でやるせない思いを抱えるサンミンを演じるチョン・ドヨンが相変わらず上手い。国際的にも評価が高い彼女は、脱ぎっぷりと大胆な演技が持ち味だが複雑な表情こそが持ち味だ。ドヨンだからこそ、仕事、家庭に疲れ心にぽっかりとあいた穴を埋めるかのように恋に溺れるという“どうしようもなさ”をセリフではなく表情で伝えることができる。「トガニ 幼き瞳の告発」などのコン・ユも、サンミンを追う(ストーカーに限りなく近いのだが…)ギホンの一途さ、情けなさを、静に熱演していた。ラストは、ある意味、予測できるのだが、それでも役者の上手さでひっぱるラブストーリーに仕上がっている。
【55点】
(原題「A MAN AND A WOMAN」)
(韓国/イ・ユンギ監督/チョン・ドヨン、コン・ユ、パク・ビョンウン、他)
(情熱的度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
男と女|映画情報のぴあ映画生活

東京ウィンドオーケストラ



鹿児島県・屋久島の自治体に招かれ観光気分で島にやってきたアマチュア・オーケストラ。役場の女性職員・樋口が、日本でも有数の名門オーケストラと間違えて招聘したのだった。勘違いする役場の面々に対して真実を言いだせないオーケストラは、こっそり島を逃げ出そうとする。彼らが偽物だと気付いた樋口は、このまま本物だということで押し通そうと決意するが…。

有名オーケストラと勘違いされたアマチュア楽団と役場の女性職員が巻き起こす騒動を描くハートウォーミングなコメディー「東京ウィンドオーケストラ」。才能ある監督の自由な演出や作家主義、さらに俳優発掘をテーマに立ち上げられた企画“松竹ブロードキャスティング”の第3作だ。オーケストラを間違えるというモチーフは「オケ老人」でも使われていたが、本作はウィンドとウインドの一文字違いというベタな展開である。自治体の職員(公務員)が実際に楽団が到着するまで間違いに気付かないなど、現実にはありえないのだが、そこをツッこむと物語が成立しないので、とりあえず目をつぶろう。有名楽団と間違えられ困惑するメンバーについては、ほんのりとその背景を描くにすぎないが、それぞれの生活ぶりやキャラが分かりやすく伝わるのが上手い。日々の単調な仕事や惰性で続いている不倫関係などの日常にうんざり気味の無気力な樋口が、この一大ミスを通して、ある意味、充実した時間を過ごし、ほんの少しだけ変化するのが見所だ。監督の坂下雄一郎は本作が初の商業映画監督作品。ワークショップで選抜された新人俳優たちが多数出演し好演している。わずか75分の尺の小品なのだが、登場人物たちがほんのちょっぴり成長するという、身の丈にあった物語に好感が持てる。いつも不愛想な樋口は明日もきっとあまり変わらないだろう。それでも時々はにっこりとほほ笑むようになるかもしれない。そんなことを想像するだけで楽しくなる憎めない作品だ。
【60点】
(原題「東京ウィンドオーケストラ」)
(日本/坂下雄一郎監督/中西美帆、小市慢太郎、松木大輔、他)
(成長度:★★★☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
東京ウィンドオーケストラ|映画情報のぴあ映画生活

虐殺器官

虐殺器官 アートワークス
アメリカでは9.11以降のテロの脅威に対抗するため、徹底した情報管理がなされていた。その一方で、世界各地で紛争が激化。米軍の特殊部隊大尉クラヴィス・シェパードは、多くの開発途上国で頻発する紛争や虐殺の背後に存在する、謎の男ジョン・ポールを調査し彼の行方を追跡せよとの命令を受ける。元言語学者であるジョン・ポールがチェコに潜伏しているという情報をつかんだクラヴィスは、彼を追うが、そこには驚くべき真実が待ち受けていた…。

伊藤計劃の小説を劇場アニメ化したSFアクション「虐殺器官」。伊藤計劃は2009年に34歳の若さで病死し、彼の作品をアニメ化するプロジェクト“Project Itoh”がスタートするが、2015年に、制作を担当していたスタジオmanglobeが倒産し、一時は制作中止の危機に陥る。だが新たに設立されたジェノスタジオによって引き継がれ、再始動し、ようやく完成、公開に至るという、すったもんだの顛末でファンを心配させた。何はともあれ、本作の完成を喜びたい。物語は、テロによる虐殺の嵐が吹き荒れる世界で、米軍特殊部隊大尉のクラヴィスが“虐殺の王”と呼ばれる謎の男を追跡するというもの。アニメにして堂々のR15指定作品というだけあって、鮮烈なアクションや戦闘シーンに目を奪われる。だが一方で、主人公は繊細かつ内省的で常に自問を繰り返す。この対照的な描写が物語の魅力だ。“虐殺の文法”という驚愕の法則が登場するが、言葉の持つ力に圧倒される。言葉についての物語というあたりが、アクション映画であると同時に繊細な心理ドラマとなった要因といえるだろう。原作を大きく省いたり、改変したりする部分があるので、そこは原作ファンの評価が分かれそうだ。それにしても改めて、伊藤計劃の夭折が惜しまれる。
【60点】
(原題「虐殺器官」)
(日本/村瀬修功監督/(声)中村悠一、三上哲、石川界人、他)
(繊細度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
虐殺器官|映画情報のぴあ映画生活
シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
震災には負けない!
リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

icon icon
おすすめ情報
おすすめ情報

twitterやってます!
おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
いいね!もよろしく♪
Facebookをご利用の皆さん、このブログが気に入ったら、ぜひ「いいね!」ボタンをポチッと押してください。 渡まち子の励みになります!
タグクラウド
  • ライブドアブログ