映画通信シネマッシモ


映画通信シネマッシモは、2018年4月をもって、終了しました。

ブログ終了にあたり、たくさんのあたたかいコメントをお寄せいただき、本当にありがとうございました。
皆さまの映画ライフに少しでもお役に立てたならこれほど嬉しいことはありません。
長い間のご愛顧に心より感謝いたします。

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男 (オリジナル・サウンドトラック)
第2次世界大戦勃発後の1940年、ヨーロッパでナチス・ドイツが猛威をふるうなか、イギリスでは、チェンバレンの後任としてウィンストン・チャーチルが英国首相に就任した。フランスは陥落寸前、英仏軍がダンケルクの海岸に窮地に追い込まれる絶対絶命の中、政界で敵が多いチャーチルは、ヒトラーとどう向き合うかの選択を迫られる。和平か、徹底抗戦か。街で市民の声を聞いたチャーチルは、国会で議員たちに向かって演説を始める…。

第2次世界大戦下のイギリスで、苦渋の選択を迫られるウィンストン・チャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまでの4週間を描く伝記ドラマ「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」。対話か、抗戦か。ヒトラーという分かり易い絶対悪が存在していた時代、ここでの抗戦は正義の選択だ。だがそれは後の世の人間だから言えること。人間としても政治家としても欠点が多く、政敵だらけだったチャーチルは、不安と絶望の中で、国民に犠牲を強いる苦渋の決断をすることになる。歴史の渦中にいたチャーチルの決断に、今の私たちを含む全世界の運命がかかっていたのだ。本作は“DARKEST HOUR(最も暗い時)”に立ち上がることができる人間だけが真のリーダーなのだと教えるドラマなのである。

政治家の伝記映画だが堅苦しさはなく、新人秘書の目を通すことによって、老政治家チャーチルの私生活や家庭人としての側面、風変わりな仕事ぶりなどを描いたのが効果的だ。無心で猫とたわむれたり、トレードマークのVサインの意外な誕生秘話など、微笑ましいエピソードも楽しめる。何より偉大なチャーチルを、チャーミングな変わり者として演じ切ったゲイリー・オールドマンの名演抜きに、この映画は語れない。彼が今まで演じてきた、ロックスターや悪役などのアウトローの妙演は、政界一の嫌われ者と言われたチャーチルと不思議なほど共通点があるのだ。演説のシーンはどれも見事だが、地下鉄の中で庶民に直接声を聞くシークエンスが素晴らしく感動的である。名もなき国民こそが本当に強く願っていたのだ。「断じて降伏はしない!」と。ジョー・ライト監督は、奥深い人間描写でチャーチルとその周辺の人物たちを見事に描いている。そして特殊メイクの辻一弘の突出した才能が、魅力に満ちたチャーチルを作り上げたことも忘れずに付け加えたい。
【80点】
(原題「DARKEST HOUR」)
(イギリス/ジョー・ライト監督/ゲイリー・オールドマン、クリスティン・スコット・トーマス、リリー・ジェームズ、他)
(歴史秘話度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

試写室だより 18.03月下旬

試写室だより今日で3月もおしまい。
うぅ…、3月は風邪と病院の記憶しかありません (T△T)
いつのまにか、桜も満開。お花見にも行けず…(号泣)。
そんなわけで3月は“ボチボチ更新”で運営しましたが、これ、かなり快適(笑)。これからもこのペースで行くかな… (;^_^A

最近見た主な映画は以下。体調不良でほとんど見てませんが…(汗)

「ホース・ソルジャー」「妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII」
「娼年」「ラブドッグ」「ラプラスの魔女」などなど。

キャメロン・ディアスの女優引退のニュース、冗談かと思っていたら本当みたいですね〜。まだ40代。早すぎる〜 w(゚o゚)w


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

BPM ビート・パー・ミニット

BPM(Beats Per Minute)
1990年代初頭のフランス・パリ。エイズ・アクティビストの団体“ACT UP PARIS”は、エイズへの偏見や、政府・製薬会社の不当な対応を正そうと、過激な抗議活動を繰り返していた。新メンバーで内向的な性格のナタンは、HIV陰性ながら、積極的に活動に加わるようになる。ある時、差別的な言葉を投げかけられたことがきっかけで、行動派のメンバーのショーンがナタンにキスし、二人は急激に惹かれあっていく。だが、HIV感染者であるショーンの身体は、確実に病魔に蝕まれていた。一向に治療薬の開発が進まない中、やつれていくショーンを、ナタンはただ見守ることしか出来なかった…。

エイズに対する偏見や不当な扱いに抗議した活動家たちを描くドラマ「BPM ビート・パー・ミニット」。1990年初頭は、HIV/エイズの脅威は広がっていたが、正しい知識を持つものは少なく、政府は見て見ぬふり、製薬会社も治療薬のデータを公表しないなど、感染者にとって、あまりにもシリアスな状況だった。監督のロバン・カンピヨは、実際に当時ACT UPのメンバーだったそうで、本作は自らの体験をもとにしているという。90年代を舞台に、HIVを取り扱った作品といえば、同じフランス映画でシリル・コラールの「野生の夜に」を思い浮かべるファンも多いことだろう。エイズの衝撃は広く世に伝わりながらも、治療に革命が起きるには1996年の新治療の発表まで待たねばならない。

映画の前半はACT UPの活動をドキュメンタリータッチで紹介するもので、人工の血糊をオフィスに投げつけたり、許可なく学校を訪れてコンドームを配ったりと、時に過激すぎる彼らの行動は、全面的に共感できるものではない。それでも、躍動的で華やかなデモやパレード、エネルギッシュなクラブでのダンスシーンは、限りある生を謳歌する輝きに満ちている。後半は、ナタンとショーンのラブストーリーになるが、HIV陽性のショーンの病状が悪化し、命が尽きていく過程があまりにもつらく悲しすぎて思わず涙した。特に、本能的に愛を渇望するショーンの頬を伝う一筋の涙が忘れがたい。90年代はHIV/エイズ治療に先が見えない、苦しい時代だが、それでもこの時代こそ無理解や無関心を打破する扉が開かれた歴史的な瞬間だったのだ。セクシュアリティを題材にし政治的なカラーが強い作品だが、見終われば切ない青春映画のような残像が残っている。
【70点】
(原題「120 BATTERMENTS PER MUNITE」)
(フランス/ロバン・カンピヨ監督/ナウエル・ペレース・ビスカヤート、アルノー・ヴァロワ、アデル・エネル、他)
(切なさ度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

曇天に笑う

「曇天に笑う」オリジナル・サウンドトラック
明治維新後の滋賀県大津。曇(くもう)神社を継ぐ曇家の3兄弟、長男・天火、次男・空丸、三男・宙太郎は、300年に1度出現し人々に災いをもたらすという大蛇・オロチの復活と、大蛇の力で政府転覆を企てる風魔一族を阻止しようと立ち上がる。右大臣・岩倉具視の直属部隊・犲(やまいぬ)もまたオロチを封印するために動いていた。兄の天火が、かつて犲に所属していたこと、両親を風魔一族に殺されてからは天火は国のためではなく弟たちのために生きていることを知った空丸は、兄を超えたいとの思いからある決意をするのだが…。

明治維新後の滋賀県を舞台に人々に災いをもたらす大蛇を封印しようと戦う3兄弟を描くアクション・アドベンチャー「曇天に笑う」。原作はテレビアニメ化や舞台化もされている唐々煙の大人気コミックだ。原作は外伝まである、かなり長尺なものだが、実写映画化された本作は、さっくりと短い94分。原作ファンには物足りないかもしれないが、これはこれで潔いまとめ方だ。主人公の曇天火(くもうてんか)は、ハードな宿命を背負っているが、どんな時も笑顔を絶やさず周囲を明るく照らすような男。この陽性のキャラクターと、曇り空が続く大津で災いが近づく不穏な空気が、好対照となっている。

曇3兄弟、犲、風魔一族といったそれぞれ異なる思惑を持つ3つの集団が、三つ巴となって死闘を繰り広げるクライマックスのアクションは見応えたっぷりだ。ドローンを駆使した上空からの撮影アングルもいい。天火を演じる福士蒼汰は、武道ジークンドーの使い手というだけあって、アクションの動きが美しく迫力たっぷりだ。特徴的な武器・鉄扇との相性も良い。ただ、アクションの出来栄えに対し、ドラマパートは話が大きすぎてCGのクオリティが伴わず消化不良なのが残念だ。主要キャラがほぼ男性のみで女性が登場しないので、当然恋愛要素も皆無。このあたりに不満を持つ映画ファンもいることだろう。「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督らしく、組織(集団)の中でのそれぞれの立ち位置という視点が生かされているのが面白い。笑いあり、アクションあり、陰謀あり、俳優たちの熱演あり。何より3兄弟の強い絆を楽しんでほしいエンターテインメントだ。
【55点】
(原題「曇天に笑う」)
(日本/本広克行監督/福士蒼汰、中山優馬、若山耀人、他)
(恋愛度:☆☆☆☆☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ボス・ベイビー

Boss Baby/ [Blu-ray] [Import]
7歳の少年ティムは両親に愛され、幸せに暮らしていた。だがある日突然、ティムのところに弟だという赤ん坊、ボス・ベイビーがやってくる。ボス・ベイビーは、赤ちゃんなのに、黒いスーツを着て、手にはブリーフケースを下げていた。明らかに怪しいこの赤ちゃんに翻弄されるティムだったが、やがてボス・ベイビーは、赤ちゃんへの愛情の比率が子犬に傾いている世界的状況を危惧し、もうすぐ発表される新種の子犬の情報をつかむべく差し向けられた産業スパイだということを知る。両親の愛情を取り戻したいティムと、さっさと仕事をまっとうして会社に戻りたいボス・ベイビーの利害が一致。2人は協力することになるのだが…。

見た目は赤ちゃん、中身はおっさんというボス・ベイビーの活躍を描くアニメーション「ボス・ベイビー」。映画冒頭に、往年のミュージカル映画「トップ・ハット」でフレッド・アステアが歌う「チーク・トゥ・チーク(頬よせて)」の甘いメロディーが流れ、一気にノスタルジックな世界へと誘い込まれる。だがストーリーはかなり辛辣かつ突飛な設定なのだ。そもそも、赤ちゃんには適正があって、ニコニコ笑う無邪気な赤ちゃんは普通の家庭に送られるが、優れた知能と冷静な判断力を持つ赤ちゃんは、ベイビー株式会社で働くことになる。ボス・ベイビーは、そんなベイビー株式会社の中間管理職なのだ。上司から無理難題を押し付けられ、出来の悪い(でも憎めない)部下の世話に明け暮れる。可愛い見た目とオッサンの中身というこのギャップがかなりイイ感じで笑いを誘う。もちろんティムとの丁々発止のやり取りも楽しい。ベイビー株式会社の内部も、しっかりと作り込まれて見事だ。

ストーリーは、秘密を共有するボス・ベイビーとティムのバディ・ムービーのようなスタイルだが、赤ちゃんへの愛情を脅かす新種の子犬の秘密や、ティムの両親まで巻き込んだ陰謀など、サスペンス要素もたっぷり。気になるのは、ティムの妄想をベースにした大冒険のアクションシーンが、ストーリーに上手くフィットしていない点だ。派手なアクションシーンも、取ってつけたような感じが残るのが惜しい。弟に愛情を横取りされるのでは? 人間は赤ん坊より子犬を愛するのでは? 愛はすべての人にいきわたるほどはないと思い込んでいたティムとボス・ベイビーだが、やがては本物の愛は尽きることなどないという、ストレートで王道な真理へとたどり着く。ギャグはシニカルだし、サラリーマンの悲哀を感じさせる設定は明らかに大人向け。子どもの目から見たら、世界はどう映るのかを知る意味でも、大人に見てもらいたいアニメーションだ。
【60点】
(原題「THE BOSS BABY」)
(アメリカ/トム・マクグラス監督/(声)アレック・ボールドウィン、マイルズ・バクシ、ジミー・キンメル、他)
(ギャップ萌え度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

トゥームレイダー ファースト・ミッション

TOMB RAIDER
バイク便のライダーをしている大学生ララ・クロフトは、裕福な実家を離れ、下町で一人暮らしをしている。ある時、冒険家だった父の遺言から、強大で危険な力が封印された謎の墓と、それを追う闇組織“トリニティ”の存在を知ることに。彼らよりも先にその墓を見つけて封印しないと世界を揺るがす危機になると知って旅に出るが、ララの行く手にはさまざまな敵が待ち受けていた…。

世界的大人気のゲーム実写映画化を新たなキャストでリブートした「トゥームレイダー ファースト・ミッション」は、ヒロインのララ・クラフトの最初の冒険を描くものだ。過去2作品は、アンジェリーナ・ジョリーが演じているが、アンジーが自信満々で無敵のスーパーヒーロー(ヒロイン)だったのに対し、今回のアリシア・ヴィキャンデル演じるララは、どこか脆く繊細なところがある生身のヒロイン。そんな彼女がどう成長していくかを冒険と共に見せてくれるのが本作最大の見所だ。

魔の海にあるという謎の島に隠された秘宝が、卑弥呼の墓という設定には、日本人としては思わずズッコケるのだが、それはひとまず置いておいて、一見きゃしゃに見えるアリシアは、実は5kg近い筋肉をつけてアクションに臨んでいて、その肉体改造に思わず見惚れる。初めての冒険で、時に傷つき、時に悩むララは、人間的で感情移入しやすいキャラクターだ。ただ、長く行方不明だった父との再会や、冒険を共にするダニエル・ウーとの“相棒度”がイマイチ盛り上がらないのは苦笑もの。トリニティについての考察も浅いが、こちらは次回以降に持ち越しといったところか。アリシア・ヴィキャンデルの傷だらけのタフネス、ゲーム感覚の謎解きなどを堪能しながら、まずは、新星ララ・クロフトの誕生を楽しみたい。
【65点】
(原題「TOMB RAIDER」)
(アメリカ/ローアル・ユートハウグ監督/アリシア・ヴィキャンデル、ドミニク・ウェスト、ウォルトン・ゴギンズ、他)
(共感度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス

Maudie / [DVD] [Import]
カナダ東部の田舎町に住むモードは、絵を描くことが大好きな女性。厳格な叔母と暮らす息苦しい生活から抜け出すために、何とか自立しようと考えたモードは、魚の行商をしているエベレットの家で住み込みの家政婦として働き始める。リウマチのため足が不自由なモードと、幼い頃より養護施設で育った粗野なエベレットは、最初はぎくしゃくしたが、やがて心を通わせ、結婚することに。そんなある日、モードが描いた絵に才能を見出す女性が現れ、絵は瞬く間に評判を呼んでいく…。

カナダを代表する女性画家モード・ルイスの生涯を描いた伝記ドラマ「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」。絵を描くことが何よりも好きだったモード・ルイスは、フォーク・アート(土地固有の文化から生まれた素朴なアート)を代表する画家である。だが、アメリカ大統領から注文が入るほどの人気画家になっても、わずか4メートル四方の小さな家に住み、変わらない暮らしを続けた慎ましい人だった。描き続けたのは、人々の素朴な暮らし、愛らしい動物や美しい草花などで、日常に対する温かいまなざしは、そのまま作品のぬくもりとなっている。

映画は、モード・ルイスの伝記だが、彼女の画風や才能を伝えるだけでなく、互いに寄り添いながら生きた不器用な夫婦の物語として描いているところがいい。夫のエヴェレットは、無骨で保守的なところがあって、最初はどうにも好きになれないのだが、長い年月のうちにモードと彼女の絵の優しさがしみ込んだかのように、ゆっくりと温かい人物へと変化する。終盤、ある悲しい秘密を抱えたモードに対してみせる優しさといい、死の床にある妻への感謝の言葉といい、演じるイーサン・ホークの静かな演技が光った。モード・ルイスを演じるのは、サリー・ホーキンス。身体が不自由なこと、孤独なこと、内に秘めた優しさや強さを持つことなど、このヒロインはまるで「シェイプ・オブ・ウォーター」の主人公の分身のように見える。あどけないけど、不思議な色気もある、無垢な女性を演じきったサリー・ホーキンスの名演が心に残る佳作だ。
【65点】
(原題「MAUDIE」)
(カナダ、アイルランド/アシュリング・ウォルシュ監督/サリー・ホーキンス、イーサン・ホーク、カリ・マチェット、他)
(夫婦愛度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ちはやふる 結び

映画『ちはやふる-結び-』オリジナル・サウンドトラック
瑞沢高校競技かるた部員の千早は、個人戦で史上最強のクイーン・詩暢に敗れ、さらに強くなることを誓った。あれから2年。千早は自分の実力不足を痛感していた。千早たちの師匠・原田が史上最強の名人と呼ばれる周防に敗北。新(あらた)が彼に挑戦状をたたきつける。そんな中、新入部員も入った瑞沢かるた部で、千早は高校最後の全国大会を目指していたが、突然、部長の太一が辞めてしまう…。

末次由紀のヒットコミックを実写化し、競技かるたに青春かける高校生たちを描いた「ちはやふる 上の句、下の句」の続編「ちはやふる 結び」。続編という位置付けながら、内容は後日談あるいは最終章といった趣だ。そんな本作は、恋愛要素は思いのほか薄味だが、その分、かるたという日本古来の競技に対して、精神的にも肉体的にも真摯に向き合うドラマが深まっている。無論、競技かるたをスポ根映画のように見せる熱い演出や、随所に上手く挿入されるコメディー要素は健在だ。さらに、かるた初心者の新入部員の目を通して語られるこの“結び”は、かるた競技の魅力を紹介する意味でもよく出来ているし、単体でも楽しめる内容になっている。

前2作は、クイーンの詩暢を演じる松岡茉優の存在感に圧倒された感があったが、この結びでは、やはり若手演技派女優のエース的存在は広瀬すずだと改めて納得した。「怒り」「三度目の殺人」とシリアスな難役をこなし、めきめき実力をつけた彼女だが、キラキラした青春を全力で謳歌する高校生役をこれほど魅力的に演じられるのは、広瀬すずしかいない。千早が見据える未来はきっと輝いている。ラスト、かるたへの熱い思いを後輩たちに引き継ぎ、自分の未来を選んだ千早の姿がまぶしかった。
【70点】
(原題「ちはやふる 結び」)
(日本/小泉徳宏監督/広瀬すず、野村周平、新田真剣佑、他)
(恋愛度:★★☆☆☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

リメンバー・ミー

リメンバー・ミー オリジナル・サウンドトラック
天才的なギターの才能を持つ少年ミゲルは、ミュージシャンになるという夢を抱いていたが、過去のある出来事が原因で、楽器や歌はおろか音楽に接することさえ禁止されていた。ある日、年に一度の“死者の日”に開催される音楽コンテストにこっそり出場すると決めたミゲルは、伝説的ミュージシャンであるデラクルスの霊廟に飾られたギターを手にして出場するが、ギターを弾いた途端に死者の国に迷い込んでしまう。早く元の世界に戻らないと、ミゲルの体が消えて永遠に家族と別れることに。困ったミゲルは、偶然出会ったヘクターという陽気なガイコツの助けを借りることになるが、それは想像を超える冒険と真実へとミゲルを導いていく…。

死者の国を舞台に家族の絆を歌いあげる秀作アニメーション「リメンバー・ミー」。陽気な音楽、カラフルなビジュアル、家族の愛と絆。王道の設定ながら、死を受け止め生を肯定するエモーショナルな物語にあっという間に引きこまれた。“死者の日”とは、年に一度故人の魂を迎えるメキシコの祭りのこと。日本のお盆のようなイメージで親しみがわくが、何しろラテンのノリなのでどこまでもカラフルで陽気だ。主人公ミゲルが迷い込む死者の国は、巨大都市でダイナミックな色彩に彩られている。だがこのにぎやかな世界にも、生きている家族から忘れられると、死者の国からも存在が消えてしまうというシビアなルールが。陽気だが孤独なヘクターは、そんな2度目の死の危機に瀕していて、それがミゲルの家族の謎ともからみあい、大冒険へとつながっていく。

近年、ピクサーは続編やシリーズものを多く製作していたが、今回はオリジナル。それだけでも高評価だが、死者の国を特定の宗教ではなく、この世とあの世という感覚で描いて間口を広くしている点が素晴らしい。ラテン文化へのリスペクトもしっかりと伝わってくる。劇中、ある人物による大きな秘密が暴かれるが、そのくだりが少々雑なのが惜しい。それでもベタと思いつつも、家族や先祖から伝わる愛といった定番の感動スポットに、名曲“リメンバー・ミー”のメロディーが重なって、気が付いたら涙していた。原題「COCO」の意味を知って、またまた涙。マリーゴールドの花のオレンジ色が光り輝いて見えるのは、その魔法のような映像美だけでなく、押し寄せる感動のためだったのだ。生きる素晴らしさを歌いあげた、宝物のような映画である。
【85点】
(原題「COCO」)
(アメリカ/リー・アンクリッチ、エイドリアン・モリーナ監督/(声)石橋陽彩、藤木直人、松雪泰子、他)
(家族愛度:★★★★★)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

試写室だより 18.03月上旬

試写室だより相変わらず、咳がゴホゴホ…の状態ですが、かなり回復して試写にもせっせと通っています。今回の風邪は長引くよ、とかかりつけ医から言われたら、その通りでした(号泣)。花粉症ではないものの、なんだか空気が悪いせいかのどがヒリヒリ。3月は恒例の“ボチボチ更新”で行こうと思います(サボリ宣言!) 。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

最近見た主な映画は以下。

「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」「ヴァレリアン」「レッド・スパロー」
「レディ・プレイヤー1」「いぬやしき」「となりの怪物くん」などなど。

アカデミー賞発表の翌日、ラジオに出演して、主要な賞や印象的なスピーチ、総括的なお話などをさせてもらったんですが、パーソナリティさんがしっかりとアカデミー賞授賞式の内容をご覧になっていて(細かいところまでご存じだったので、すぐに分かりました)、とっても感激しました!何しろ約4時間の長丁場なので、映画を専門にしてる人以外、ダイジェストか、ネットで結果のみ把握というパターンが多く、全部は見ない人がほとんど。ちょっとした小ネタも含めて、楽しいおしゃべりが出来ました〜。感謝、感謝 \(^▽^)/


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ