映画通信シネマッシモ


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

シェイプ・オブ・ウォーター

シェイプ・オブ・ウォーター(オリジナル・サウンドトラック)
1962年、ソビエトとの冷戦時代のアメリカ。清掃員として政府の極秘研究所で働く口の不自由なイライザは、密かに運び込まれた不思議な生き物の姿を見て心を奪われる。孤独なイライザは、周囲の目を盗んで、アマゾンで神のように崇められていたという“彼”に会いに行き、手話や音楽、ダンスなどで彼とコミュニケーションをとる。やがて二人の心は通いあうが、威圧的な軍人ストリックランドは彼を虐待し実験の犠牲にしようとしていた。それを知ったイライザは、同僚のゼルダや隣人の画家ジャイルズらを巻き込み、彼を研究所から救出しようと試みる…。

不思議な生き物と孤独な女性との種族を超えたラブロマンス「シェイプ・オブ・ウォーター」。童話の人魚姫から、「シザー・ハンズ」「美女と野獣」に至るまで、私たちは種を超えたラブストーリーに常に魅了されてきた。本作もまたしかり。しかもこの作品はファンタジーや恋愛劇といったジャンルにはとうてい収まらない広がりと深みがある。「大アマゾンの半魚人」にオマージュを捧げたモンスター映画、冷戦下の政治サスペンス、さらにはマイノリティ讃歌のドラマなど、多面性を備え、時にミュージカルやバイオレンス、ユーモアをも織り込みながら、最終的には愛の寓話へと昇華していく。異形のものへの愛は「パンズ・ラビリンス」の頃と変わらない。本作はまさしくデロ・トロ映画というジャンルなのだ。

クリーチャーは言うまでもなく、口がきけないイライザ、黒人の同僚ゼルダ、同性愛者のジャイルズなど、登場人物のほとんどは社会からはみだしたアウトサイダーばかり。彼らが緻密かつ大胆な作戦で“正義”を行う後半は一級のサスペンスで、愛の逃避行の行く先は、予想をはるかに超えた幻想譚だった。せりふがない難役を熱演するサリー・ホーキンスと、残忍な軍人の狂気を体現したマイケル・シャノンの名演は見るものの心をつかんで離さないだろう。ロマンチックな音楽や、水をイメージした流麗な映像も秀逸で心に残る。種や美醜を超えて響いてくる妖艶なラブ・ファンタジーは、アメリカが最も不安におびえていた冷戦時代が背景なのに、驚くほど現代社会を射抜いている。天才ギレルモ・デル・トロの特別な芸術作品だ。
【95点】
(原題「THE SHAPE OF WATER」)
(アメリカ/ギレルモ・デル・トロ監督/サリー・ホーキンス、オクタヴィア・スペンサー、リチャード・ジェンキンス、他)
(ファンタジー度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

試写室だより 18.02月下旬

試写室だよりオリンピックが終わって連日のTV観戦も終了。ホッと一息…と思ったら、激しく風邪ひいて、現在ダウン中です  (T△T) 幸いインフルエンザじゃなかったけど、病院に行ったら、風邪ひきさんがてんこもり。院内感染の危険の方が高いんじゃね?!と思う今日この頃です。とりあえず、薬飲んで爆睡して早く治さなくちゃ 。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

最近見た主な映画は以下。

「ダンガル きっと、つよくなる」「ボス・ベイビー」「ウィンストン・チャーチル」
「君の名前で僕を呼んで」「ワンダーストラック」などなど。

さて、いよいよアカデミー賞受賞式が目前。今年、望むことはただ一つ。
“正しく”発表して!
誤発表はもうコリゴリです(心臓に悪い…) (--;)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ナチュラルウーマン



チリ、サンティアゴ。ウェイトレスをしながらナイトクラブで歌っているトランスジェンダーのマリーナは、年の離れた恋人オルランドと暮らしていた。だがマリーナの誕生日を二人で祝った夜、オルランドが急死してしまい、大きなトラブルに巻き込まれる。最愛の人を亡くした悲しみの中にあるというのに、オルランドの死に関して、病院や刑事から疑われ、オルランドの元妻や息子たちから、蔑みの言葉をぶつけられる。思い出のつまった部屋から追い出されそうになり、葬儀に参列することさえ禁じられてしまったマリーナは、何とかして最期の別れを告げたいと願うのだが…。

差別や偏見にさらされながらも誇り高く生きるトランスジェンダーの主人公を描く「ナチュラルウーマン」。ゲイであるがゆえに恋人の葬儀に参列できないという設定は「シングルマン」と同じだが、あれは60年代の話。本作は現代なのだから、同性愛やトランスジェンダーに関して随分理解が深まったとはいえ、世間の偏見や差別はまだまだ残っているのだ。マリーナはただ愛する人の死をきちんと悼みたいだけなのに、詮索され、侮辱され、果ては暴力まで受ける。それでも彼女は決して卑屈にならず困難な状況に立ち向かおうとするのだ。そんなマリーナの状況を、象徴的な映像で表しているのが、激しい向かい風の中を歩き続ける姿である。「お前は何者だ?!」と問われて「人間よ」と即答するマリーナの誇り高い顔は、神々しいまでに美しい。

映画はラテンアメリカ特有の不思議な感覚、いわゆるマジックリアリズム的な世界観に満ちていて、マリーナの心情を映し出すメタファーとして鏡が、彼女が常に愛と共にある証として、なんとオルランドの亡霊が、ごく自然なたたずまいでしばしば登場する。また、印象的な音楽が多数登場するが、映画の最後にマリーナが歌うヘンデルのオペラ「セルセ」の中のアリア「オンブラ・マイ・フ」がとりわけ秀逸だ。暑い日に木が作ってくれる木陰への愛を歌うこのアリアを聞くと、マリーナが休息できる場所の存在を願わずにはいられない。実際にトランスジェンダーの歌手であるダニエラ・ベガが素晴らしく、どんな逆境にも負けない美しいヒロインとして抜群の存在感を示していた。
【80点】
(原題「A FANTASTIC WOMAN/UNA MUJER FANTASTICA」)
(チリ・独・西・米/セバスティアン・レリオ監督/ダニエラ・ベガ、フランシスコ・レジェス、ルイス・ニェッコ、他)
(不屈度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

レオン



大手食品会社「朝比奈フーズ」勤務の派遣社員、玲音(れおん)は、よく見ると美人でナイスバディなのに、ネガティヴな性格と言動で男性から相手にされず、地味なOLとして毎日を送っていた。そんな彼女は、社内のイケメンとつきあうことになって喜んだのもつかの間、あっさり捨てられた上に仕事もクビになってしまう。一方、「朝比奈フーズ」のワンマン社長・朝比奈玲男(れお)は女好きで、女子社員へのセクハラまがいは日常茶飯事。そんな二人がある日事故に遭い、一命はとりとめたものの、心と身体が入れ替わってしまう…。

地味なOLとワンマン社長の心と身体が入れ替わることで巻き起こる騒動を描く爆笑コメディー「レオン」。原作はスマホマガジン「Hot-Dog-Press」で連載された人気漫画だ。有名映画と同名タイトルなのが少々気になるが、これは主人公の名前がれおんとれおということ。「転校生」や「君の名は。」を例に出すまでもなく、男女の心と身体が入れ替わる設定は、コミカルな描写もさることながら、男女の互いの心情を理解する心理描写に面白さがある。本作は、それに会社乗っ取りを企む陰謀や、玲音と玲男の思いがけない関係などがからんでくる仕掛けだ(注:あくまでライト感覚)。

そんなゴタゴタはこの際脇に置いて、本作で楽しんでもらいたのが、女好きのワンマン社長になった知英と気弱なOLになった竹中直人の爆笑演技合戦。竹中直人が上手いのは当然としても、韓国の人気ユニットKARAの元メンバーで、現在は日本で女優として活躍する知英が、中身は女好きのオッサンでありながら、女性社員を助けたり、社の危機に立ち向かったりと、サバサバした男っぽさで大奮闘していて微笑ましい。このテの話は、どうやって元通りの身体になるかが気になるところだが、本作では元に戻るだけでなく、もう一つ笑えるオチが。俳優たちの意外な魅力を楽しめるコメディーだ。
【60点】
(原題「レオン」)
(日本/塚本連平監督/知英、竹中直人、吉沢亮、他)
(爆笑度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

空海 KU-KAI 美しき王妃の謎

沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ一 (角川文庫)
7世紀、唐の時代の中国。若き日の空海は、密教のすべてを会得しようと日本から中国に遣唐使として渡ってきた。ひょんなことから詩人の白楽天と知り合った空海は、彼と交流を深めていく。その頃、権力者が連続して命を落とす不可解な事件が唐の都で起きていた。怪事件の真相に迫ろうとする空海と白楽天は、やがて50年前に同じく唐に渡った日本人、阿倍仲麻呂の存在を知る。仲麻呂が使えた玄宗皇帝の時代、そこには国中を狂わせた絶世の美女・楊貴妃の存在があった。やがて空海と白楽天は、歴史の闇の葬られた哀しい真実へとたどり着く…。

若き日の空海が唐の都で起こった怪事件の謎を追う歴史スペクタクル「空海 KU-KAI 美しき王妃の謎」。原作は夢枕獏の小説「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」だ。日中合作のこの超大作でメガホンを取るのは中国の巨匠チェン・カイコ―。遣唐船を原寸大で再現し、6年の歳月をかけて唐の長安をまるごと作り上げるなど、こだわりの映像が満載である。総製作費150億円というからトンデモないスケールの“アジア映画”作品で、シルクド・ソレイユにも似た極楽の宴の絢爛豪華なビジュアルは、思わず息をのむ美しさだ。

物語は史実とフィクションを巧みに組み合わせた内容でワクワクする。妖猫の呪いには、絶世の美女・楊貴妃の闇に埋もれた悲劇があるというのも、悲しいロマンがある。もっともスペクタクルで壮麗な映像に凝りすぎて、映画そのものは大味で中途半端になってしまった。中国版「陰陽師」と呼ぶには妖(あやかし)が足りず。中国版「シャーロック」と言うにはアクションが足りない。ただ空海を演じる染谷将太が意外なほど好演で、天才肌の僧侶であると同時に、ちょっとお茶目な若者でもある空海を演じて存在感を示していた。大詩人・李白を超えようとする白楽天もまた夢を追う青年。このファンタジー大作は、若者の成長物語でもあるのだ。
【65点】
(原題「空海 KU-KAI 美しき王妃の謎」)
(日本・中国/チェン・カイコー監督/染谷将太、ホアン・シュアン、阿部寛、他)
(スケール度:★★★★★)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ

Beguiled/ [Blu-ray] [Import]
南北戦争中のアメリカ南部・バージニア州。世間から隔絶された女子寄宿学園には、園長のマーサ、教師のエドウィナ、生徒のアリシアら、美しい7人の女性たちが生活していた。ある日、生徒の一人が負傷した北軍の兵士マクバニーを助け、学園内にかくまうことに。男子禁制の学園に突如紛れ込んだ美しい男性に、女性たちはときめき、虜になる。学園の秩序が乱れていく中、ある事件が起こるが…。

南北戦争時代、男子禁制の女子学園に北軍負傷兵が紛れ込んだことから起こる女たちの愛憎劇「The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ」。クリント・イーストウッド主演作「白い肌の異常な夜」の原作となったトーマス・カリナンの小説を、女性視点で描いたのは、ガーリー・ムービーの旗手ソフィア・コッポラ監督だ。耽美的映像や繊細な心理描写、女性視点という現代性が評価され、第70回カンヌ映画祭で監督賞を受賞している。世間知らずの女たちの中に放り込まれた男性という異物は、すさまじい異化効果を発揮。女たちの嫉妬や欲望、けん制は、やがてある恐ろしい出来事を経て、狂った審判を招くことになる。まるで、美しくも残酷なおとぎ話のようだ。

ニコール・キッドマン、キルステン・ダンスト、エル・ファニングといったコッポラ監督好みの美しい女優たちが多数出演し実に豪華だが、彼女たちが演じればその深い闇さえも優雅に思える。自然光を多用した昼間の映像や、ランプやロウソクの光の夜間の描写は、絵画のようで、閉ざされた学園の鬱屈した空気の中によどむ狂気を照らし出してる。「白い肌…」がサイコ・ホラーだとしたら、本作は心理スリラーの趣だ。好みは分かれるかもしれないが、女性たちのダークサイドを覗きたいなら、断然こちらがおすすめである。
【70点】
(原題「THE BEGUILED」)
(アメリカ/ソフィア・コッポラ監督/ニコール・キッドマン、キルステン・ダンスト、エル・ファニング、他)
(耽美度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ
クメイルは、シカゴに住むパキスタン移民二世のアメリカ人。パキスタンやイスラムの自虐ネタで笑いをとる駆け出しのコメディアンだ。そんな彼は、客席からヤジをとばしてきた白人女性エミリーと交際するようになる。だが、同郷でイスラム教徒の女性との結婚しか認めない家族に逆らえず、破局してしまう。落ち込むクメイルに、数日後、エミリーが原因不明の病で昏睡状態になったとの知らせが。病院にかけつけたクメイルだが、エミリーの両親から、娘を傷つけた男といって冷たくあしらわれてしまう。しかし、ある出来事がきっかけで、クメイルとエミリーの両親は互いに心を開きはじめる…。

パキスタン移民二世のアメリカ人コメディアン、クメイル・ナンジアニの実話を映画化したハートフルコメディー「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」。脚本をクメイルとパートナーのエミリー本人が共同で執筆し、クメイル自身が主人公を演じるこの小品は、異文化ロマコメとしてスタートするが、中盤以降、クメイルとエミリーの二人の前には、カルチャーギャップだけでなく、コメディアンへの夢、家族との絆やアイデンティティ、エミリーの難病など、大問題が立ちふさがる。これほどの難局をどう乗り切る?! 心配ご無用。コメディアン、脚本家、俳優として成功し、ついには自分の波乱万丈の恋を映画化した男クメイル・ナンジアニは、愛と勇気とちょっぴり辛口のユーモアを武器に、この異文化交際の荒波を乗り切ることになる。

人種差別や偏見、家族との価値観の相違など、一筋縄ではいかない問題が山積みなのに、映画は決してシリアスに傾かず、軽妙なユーモアを忘れない。クメイル・ナンジアニ本人は言うまでもなく、エミリーを演じるゾーイ・カザン(名匠エリア・カザン監督の孫です!)、エミリーの母ベスに扮するホリー・ハンターら、役者陣は皆、好演だ。人生は思ったよりハードだけど、愛とユーモアがあれば大丈夫。そんな古風でポジティブなメッセージがいっぱいつまったこの低予算コメディーが、不寛容の風が吹きまくる現代アメリカで大ヒットしたという事実に拍手を送りたい。
【70点】
(原題「THE BIG SICK」)
(アメリカ/マイケル・ショウォルター監督/クメイル・ナンジアニ、ゾーイ・カザン、ホリー・ハンター、他)
(クロスカルチャー度:★★★★★)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

スケートは映画向きか?

コラム週末のオリンピックは日本中が大興奮したんじゃないでしょうか?
男子フィギュアで羽生結弦選手が見事に金メダル(しかも連覇)、宇野昌磨選手が銀メダルを獲得。さらにスピードスケート女子500メートルでは、小平奈緒選手が、見事すぎる金メダル。さらにさらに昨日(2/21)!女子団体パシュートで悲願の金メダル獲得〜!日本ってすごいと改めて思ったりするオリンピック観戦でした。

そこでふと思うのは、スケートって映画向きかしら??

5月に公開の映画「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」は、実在のフィギュアスケーター、トーニャ・ハーディングのスキャンダラスな半生を描くもの。スケートもさることながら、夫がライバル選手への暴力事件を起こすなど、信じがたいスキャンダルと母親との確執など、ドラマ部分が大きく評価されている作品です。

過去の作品はというと、コメディ映画「俺たちフィギュアスケーター」がなかなか面白い。ちょっとお下品なB級コメディー“俺たち”シリーズの1本ですが、フィギュアスケート界から追放された2人のスケーターが史上初の男子ペア(注:架空の競技)を結成し、再び栄光を取り戻すスポ根ものです。男子ペアならではのぶっ飛ぶ技に爆笑必至。

「アイス・キャッスル」は、フィギュアスケート界のアイドル的存在だったリン=ホリー・ジョンソンをヒロインに迎えた映画。ラブ・ストーリーを絡めたユルいスポ根スケート映画といったところでしょうか。

う〜ん、やっぱりフィギュアスケートそのものは実際の演技が一番!(←当たり前)

ちなみに、1920年代から30年代に活躍した選手ソニア・ヘニーは、母国ノルウェーからアメリカに渡り、アイスショーなどを経て映画界入り。「銀盤の女王」「銀盤のスタア」「銀盤のセレナーデ」などの“銀盤”シリーズで映画出演しています。この選手は、ナチスとのつながりや愛国心を忘れた行動などで非難を受けて、あまりいい印象を持たれてませんが、何しろ波乱万丈の人生を送っているようなので、映画にすると案外面白い素材かもしれません (^^)b 


俺たちフィギュアスケーター スペシャル・エディション [DVD]
ウィル・フェレル
角川エンタテインメント
2009-06-19


アイス・キャッスル [DVD]
リン・ホリー・ジョンスン
東宝
2004-11-26


銀嶺のスタア [DVD]
タイロン・パワー
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2008-02-22


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ロープ 戦場の生命線

Perfect Day / [Blu-ray] [Import]
1995年、停戦後間もないバルカン半島。ある村で井戸に死体が投げ込まれ、生活用水が汚染される事態が発生する。国籍も年齢もバラバラの男女5人からなる国際援助活動“国境なき水と衛生管理団”は、水を浄化するためにまずは死体を引き上げようとするが、古いロープは運悪く切れてしまう。団のリーダーのマンブルゥと仲間たちは、やむを得ず、武装集団や地雷原などの危険地帯をロープを求めてさ迷うことに。そんな中、幼い少年二コラが自分が住む村にロープがあると言い、彼らと行動を共にするが、そこには衝撃の事実が待っていた…。

90年代の紛争地帯で人々を救うために活動している国際援助活動家たちの奮闘を描くドラマ「ロープ 戦場の生命線」。原作は“国境なき医師団”に所属する医師でスペイン人作家パウラ・ファリスの小説「雨を降らせて」だ。ボスニア紛争の内戦の実態を描く映画は秀作「ノー・マンズ・ランズ」など、いくつかあるが、本作は兵士や戦闘の映画ではない。地味だが大切な活動をコツコツと続ける名もなき人々の物語だ。とはいえ、彼らの活動の実態は、複雑な国際情勢の中、あまりにも困難で、やってもやっても報われない徒労感が漂っている。その悲壮感とバカバカしさを、ドライなユーモアで受け流し、自分たちが出来ること(この場合、ロープを探して村に戻ること)に専念するのだ。本当にやれやれの連続で気の毒になる。そもそも死体による井戸の汚染は、水の密売ビジネスで儲けようとする犯罪組織の仕業なのだから、たまったモンじゃない。

オスカー俳優のベニチオ・デル・トロをはじめ、国際的演技派キャストの競演が絶妙だ。元カノとのゴタゴタや、地雷原をのんびり歩く老婆、少年たちのボールの奪い合いなど、小さなエピソードもきちんとストーリー展開に活かされている。ニコラ少年がみつけたロープの先にはなんと凶暴な犬が!だが、その後に見た衝撃的な光景に戦争の本物の悲劇がある。そして苦労して手に入れたロープの皮肉な運命にも。終盤、名曲「花はどこへ行った」が流れ、次の任務を阻む無常の雨が降るが、その雨は同時に恵みの、いや奇跡の雨でもあるのだ。今できる精一杯のことをやり続ける忍耐と勇気。不条理の中でもくじけない活動家たちの行動をたたえたい。見終われば、じんわりと感動がしみてきた。
【75点】
(原題「A Perfect Day」)
(スペイン/フェルナンド・レオン・デ・アラノア監督/ベニチオ・デル・トロ、ティム・ロビンス、オルガ・キュリレンコ、他)
(徒労度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

RAW 少女のめざめ

Raw [DVD] [Import]
厳格なベジタリアン一家に育ったジュスティーヌは、両親がかつて通い、現在、姉も在籍する獣医学校に入学し、大学寮に入る。新入生の手荒な通過儀礼は、頭から動物の血を注がれ、生肉を食べること。うさぎの生肉を食べることを強要されたジュスティーヌは、学校に馴染むため、生まれて初めて肉を口にしてしまう。その日を境に、彼女の隠れていた本性が露わになり、次第に変貌を遂げていく…。

肉食の禁断の悦びに目覚めた少女の秘密を描く異色ホラー「RAW 少女のめざめ」。ジャンル分けするならホラーなのだが、実は、思春期の少女の成長物語でもある。といっても青春カニバリズム(人肉喰い)とでも呼びたい極めて特殊な内容だ。監督は、これが長編デビュー作となる仏人女性監督ジュリア・デュクルノー。カニバリズムという血生臭い内容を、こんな風に抒情的に描いてしまうとは、恐れ入った。

肉食の快楽に目覚めてからのジュスティーヌは、人間の理性と魔物の獣性の間でもだえ苦しむ。その様が少女から大人への階段を上るプロセスに見えてしまうのは、ヒロインを演じるガランス・マリリエールの透明感のある色気のせいだろうか。正反対なのにある種の絆で結ばれている姉との関係性や、ルームメイトでゲイの青年との間に芽生えるほのかな恋などがアクセントになっていて、流血描写の間に細やかな心情を描くことも忘れない。野蛮と繊細、理性と本能が荒々しく同居する摩訶不思議な作品だ。終盤の悲劇的な事件を経て、明かされる衝撃の事実まで、目が離せない。カニバリズムと言う特殊性から誰にでもお勧めはできないが、鮮烈な色彩や音楽も含めて、一見の価値がある映画だ。
【65点】
(原題「Grave」)
(仏・ベルギー/ジュリア・デュクルノー監督/ガランス・マリリエール、エラ・ルンプフ、ラバ・ナイト・ウフェラ、他)
(リリカル度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ