映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「フィフティ・シェイズ・ダーカー」「ハクソー・リッジ」「結婚」「ありがとう、トニ・エルドマン」etc.

愛のエチュード

愛のエチュード [DVD]愛のエチュード [DVD]
◆プチレビュー◆
美しいコモ湖の景色が魅力。困難な恋を凛々しくまっとうする姿に拍手だ。

1920年代。北イタリアの高級リゾート地コモ湖畔で、世界チェス大会が開かれる。天才チェスプレイヤーのアレクサンドル・ルージンは亡命貴族の令嬢ナターリアにひと目で恋をする。不器用だが純粋な彼にナターリアもまた強く惹かれるのだった。チェスの天才ゆえに神経を過度にすり減らすルージンは、ナターリアにささえられ決勝まで登りつめるが、勝負が進むにつれ徐々に神経を蝕まれていく。そして、結婚式当日、ついに悲劇が起こってしまうのだった…。

本来チェスにおいては、エチュードというのは専門用語のひとつで、芸術的なエンドゲームのこと。“エチュード”を鑑賞して堪能することはチェスの大きな楽しみのひとつだ。また、ルージンは、相手との勝負に、攻防策、すなわちディフェンスを練り上げる。ルージンの眼には全ての駒の動きが見える。彼の一連の手筋は美しくも見事な“エチュード”で、対戦相手さえも魅了するものだった。

ジョン・タトゥーロとエミリー・ワトソンという、エキセントリックな役をやらせたら右にでるものがいないクセ者俳優がそろっているにもかかわらず、2人とも抑えた演技の中で心の情熱や悲しみを表現していて、素晴らしい。特にJ.タトゥーロの、天才であるがゆえに不器用で、ピュアな心の持ち主のルージン役は、入魂の演技だ。エレガントなファッションや優雅な音楽が、美しいコモ湖畔の風景に映える。撮影には実際にヴィスコンティの別荘が使われていて、そのあたりも見所のひとつ。

チェスにのめりこみ、ナターリアへの想いと過去のトラウマが交錯して精神を病んでいくルージンの運命は、確実に悲劇へと向かう。残されたナターリアは、ほとんどチェスのことはしろうとだが、ルージンの書き残したメモを頼りに、ライバルとの勝負を引き継ぎ、彼に替わって戦う。静かなラストは必見だ。

チェスは頭脳スポーツとしてとらえられ、近い将来にはオリンピックの正式種目として採用される可能性もあるとか。1920年代の競技は時間制限も長く、いったん引き分けとしたり、翌日に日を改めたりと、今とは若干異なるルールながら、高度な神経戦であることは同じ。チェスの駒は対戦相手と色が分けられていたり、ひとつひとつの駒の形が違う上に造形的で美しいので、静かながら非常に映画的な素材なのだ。

□2000年 イギリス・フランス合作映画 原題「The Luzhin Defence」
□監督:マルレーン・ゴリス
□出演:ジョン・タトゥーロ、エミリー・ワトソン、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

オー・ブラザー!

オー・ブラザー! [DVD]オー・ブラザー! [DVD]
◆プチレビュー◆
ナチュラルな色合いの映像がグッド。サントラも人気。コーエン初心者にはお勧めだ。

1930年代のアメリカ南部、エヴェレットとピートとデルマーの3人組は、秘密の場所に眠る宝物を手に入れるために脱獄を敢行。しかし、その道のりはハプニングの連続だった。小銭稼ぎのために果たした「ズブ濡れボーイズ」としての歌手デビューが、知らないうちに全米中の人気者に。さらに旅路で彼らを待ち受けるのは、一筋縄ではいかない個性豊かな面々。沢山の出会いと別れを繰り返しながら、いつしか3人はお金では買えない本当の「宝物」に気が付いていく…。

もともとは世界最古の文学作品、ホメロスの「オデュッセイア」が題材。アメリカ南部ののどかな風景の中で、三人の脱獄囚が遭遇する冒険が、楽しい音楽と供に展開し、心温まるコメディに仕上がっている。全編に流れる古いアメリカンフォークソングやカントリーが、懐かしさを感じさせて、いい感じだ。

ポマードを手放さず、夜はヘアネットを被って寝る洒落者エヴェレット。いつも文句ばかり言っているが、洗礼式に感動するピュアな心の持ち主ピート。ちょっと頭が弱く、魔女がピートをカエルに変えたと涙を流す心優しいデルマー。この3人のキャラクターがはっきりと解り易く描かれていて、とても愉快だ。

独特のクセが特徴のコーエン兄弟。だが、この作品は、コメディということや楽しいサウンドも手伝って、比較的万人向けの作品に仕上がっている。ひとつひとつのエピソードもいい。コーエンのサービス精神がたっぷりつまっていて、この話が古代ギリシアの叙事詩の最高傑作とまで言われる「オデュッセイア」が下敷きだということなど、すっかり忘れてしまうほどだ。摩訶不思議な映像が笑いを誘い、愛すべき登場人物に魅了される。

本当の宝物、それは家族の愛情だった。幸せの青い鳥は近くにいたという、チルチルミチルと双璧をなす、ロード・ムービーの普遍のテーマも、コーエンが描くとこんなにも痛快でエンターティメントだ。

□2000年 アメリカ映画 原題「O brother,Where Art Thou?」
□監督:ジョエル&イーサンのコーエン兄弟
□出演:ジョージ・クルーニー、ジョン・タトゥーロ、ティム・ブレイク・ネルソン、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

ガールファイト

ガールファイト [DVD]ガールファイト [DVD]
◆プチレビュー◆
ミシェル・ロドリゲスの三白眼の目つきが最高!ガール・ムービーとして上出来だ。サンダンス映画祭グランプリ受賞。

退屈で無気力な毎日を送る少女、ダイアナ。全てに嫌気がさす彼女は、訳もなく攻撃的な態度をとってしまう自分をもてあましている。ある日彼女は、弟が通うボクシングジムを偶然訪れ、これこそ自分が打ち込むものだと直感して強引に入門、みるみる実力を発揮し、トーナメントで勝ち進んでいく。しかし、ジムの仲間エイドリアンと恋に落ちたダイアナは、彼とアマチュアボクシングの決勝戦で対戦することを知り思い悩む…。

冒頭やファイトシーンで流れるフラメンコのリズムに惹きつけられる。眼光鋭い不敵なツラ構えのダイアナを演じるミシェル・ロドリゲス。彼女のド迫力の三白眼は、いままでにない“こびないヒロイン”を、目つきだけで十分に現していて、この映画が彼女を魅せる映画だとひと目で気づく。

無気力な女の子が、ボクシングを通じて様々なことを学び、成長するストーリーは、女の子がボクシングという点を除けば、ありがちな青春映画。しかし、自らも実際にボクシングをやっていたというクサマ監督は、前代未聞のボクシングでの恋人対決という素材を、新鮮な恋物語にまとめた。

最初はただ怒りややるせなさをぶつけるだけだったダイアナのボクシングは、コーチの指導を受けるうちに自己鍛錬の大切さやトレーニングの質を学び、心も身体も明らかにたくましく変化していく。ロドリゲスも熱演で、演技はまだまだ荒削りだが、獣のような激しさの中に少女らしいナイーブな横顔をのぞかせる。計らずも恋人と戦わねばならなくなり、思い悩む二人。ダイアナとエイドリアンの試合は、いわば濃厚なラブシーンだ。

ラストは希望でもなく絶望でもない、非常に現実的な一面をみせる。ヒロインには恋もボクシングも、大人になっていく確かな原動力。10代の二人に将来の約束など必要ないし、お互いを認め合う姿が何よりも清々しい。残念なのは、家族、特に父親との確執が中途半端に終わっていることか。

この映画の特徴は、「試合に勝つ」ことに焦点がおかれていないこと。思春期というのは誰もが経験する独特な季節で、とまどいと行き場のないエネルギーをボクシングによって昇華させていくヒロインは、チャンピオンになりたいわけでもなく、闘魂そのものや誰かを倒すことがカタルシスなわけでもない。彼女は他の誰のためでもなく、自分自身のために戦っていて、それは社会に力強く踏み出すためのトレーニングなのだ。何かに夢中になったり、自分なりに成し遂げることで、人はこんなにも変わることができる。そうすることで、きっと日々の悩みなど砕け散っていくに違いない。

□2000年 アメリカ映画 原題「Girlfight」 
□監督:カリン・クサマ
□出演:ミシェル・ロドリゲス、サンティアゴ・ダグラス、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

トゥームレイダー

トゥームレイダー (初回限定版) [DVD]トゥームレイダー (初回限定版) [DVD]
◆プチレビュー◆
モノトーンの服に身をつつむ強気モードのララ。映画的な中身は全くない。

ララ・クロフトは財宝探検家。ある日、失踪した父クロフト卿の不思議な時計を発見。その時計は時を支配する秘宝の手がかりだった。だが、邪悪な秘密結社のイルミナーティも世界を征服するために秘宝探索に乗り出していた。かくして、ララと宿敵のバトルが世界中を駆け巡る。果たして、ララは世界を救えるのか?

スーパーヒロインが大活躍の冒険物語。A.ジョリーは文句なくピッタリで、天賦の才と強烈なボディ、脅威の運動神経という三拍子そろったヒロインを演じて、それぞれ心の中に思い描く主人公がいるゲームファンをも、納得させた。彼女のフェロモンを十分すぎるほど楽しめるのが本作。

そもそもこの映画の原作は、記録的なヒットをとばす超メジャーな大人気ゲーム。世界で最も有名なゲームヒロインがララ・クロフトその人。ゲーマーには既に大まかな設定が把握できているというわけだ。おかげで物語の核になる人間関係の描写はほとんど手抜き状態。当然、話に深みなどあるはずもなく、ララが戦うのは、世界を救うという目的よりも、むしろ戦うことそのものが好きという印象。このあたりが実にゲームっぽい。

ゲーマーの楽しみは、どんなに不完全でも、自分でストーリーを作っていくこと。たとえそれが、実はクリエーターの作った話の流れを追うことだとしても。また、ゲームオーバーでもリトライできるという楽しみもある。いわば習得する喜びだ。一方、映画を見る観客は、完成されたストーリーを、十分に味わうことを期待する。それも、きちんと構築されたストーリーとキャスティング、映像と音楽、そしてセリフの深みまで総合した完成品でなくてはならない。もちろん、ゲーマーと映画鑑賞者の年齢層の違いもあるが、むしろ、メディアの質と求めるものの違いに気づくべき。要は、ゲームを映画化するという企画そのものに、無理があるのだ。これがゲームの実写化の壁でもあるし、逆に将来への期待とも言えるだろうか。

□2001年 アメリカ映画 原題「Tomb Raider」
□監督:サイモン・ウェスト
□出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・ボイド、イアン・グレン、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

シャドウ・オブ・ヴァンパイア

シャドウ・オブ・ヴァンパイア [DVD]シャドウ・オブ・ヴァンパイア [DVD]
◆プチレビュー◆
狂気が漂うW.デフォー。製作がニコラス・ケイジというのも話題。物語のアイデアが良かった。

1921年、監督ムルナウは映画「吸血鬼ノスフェラトゥ」に着手する。主演の吸血鬼役のマックス・シュレックは実は本物のヴァンパイアで、出演後の報酬として、主演女優の生き血を監督から約束されていた。しかし、映画にこだわるムルナウと、シュレックのわがままで撮影現場は混乱、スタッフも次々と犠牲になっていく…。果たして映画は完成するのか?

ヴァンパイア、つまり吸血鬼が出てくるからホラー映画と勘違いしそうだが、実はこの映画、ブラックな笑いがつまった業界もの。俳優が本物の吸血鬼だったというアイデアのおもしろさがポイントだ。監督が究極の凝り性なら、俳優は超わがまま、しかもヴァンパイア。監督のムルナウは傑作の吸血鬼映画を撮ろうと固く決意する。リアリティを追及するあまり、本物の吸血鬼を見つけてきて主役に据えるとは。一方、演技派の吸血鬼は、人間離れは仕方ないとしても、撮影中もわがまま放題だが思いがけず熱演する。

監督にとってワガママな俳優ほど扱いにくいものはない。しかし、彼ほどすばらしい役者はいないとなると作品のために我慢するのが映画人。このあたりの葛藤が可笑しい。凝り性監督と吸血鬼俳優の緊迫した攻防が続く中、次々にスタッフが血祭りに上げられる。監督の映画への執念がどういう形で実を結ぶかは見てのお楽しみだ。

無声映画は、今見るとなぜか新鮮。映像的にもなかなかおもしろいものがある。劇中で度々出てくる「アイリス」とは、主にサイレント時代に使われたもので、レンズの前に装着されたもうひとつの絞りのこと。これを開いたり閉じたりすることで、画面の転換を図る。この映画のもととなったドイツ映画「吸血鬼ノスフェラトゥ」は、1922年のサイレント映画で、今なお吸血鬼映画の傑作とされている。

恐怖と笑いを誘う異色のエンターティメント作品。デフォーの熱演をたっぷりと楽しもう。劇中劇からそのままクライマックスに突入。デフォーVSマルコビッチ、入魂のラストシーンが見ものだ。

□2000年 アメリカ映画 原題「Shadow of the Vampire」
□監督:E.エリアス・マーハイジ
□主演:ジョン・マルコビッチ、ウィレム・デフォー、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

ブリジット・ジョーンズの日記

ブリジット・ジョーンズの日記 [DVD]ブリジット・ジョーンズの日記 [DVD]
◆プチレビュー◆
太ったままで幸せをつかむところがヨイ。ブリジットの愛読書がセルフヘルプ本というのもリアル。

ロンドンの出版社に勤める32歳の独身女性ブリジット。お堅い弁護士マークを紹介されるが、気が合わず険悪に。憧れの上司ダニエルと急接近するも、ダニエルは浮気性。よし!今年こそは、酒もタバコも止め、ダイエットに励み、恋人もみつけるぞ!との新年の誓いにも、すぐに迷いが…。みっともない所ばかり見られたはずのマークの好意的な言葉を聞いても、ダニエルのことも忘れられないし、さぁ、どうするブリジット…?!

イギリスの新聞「インディペンデント」に、ロンドンに住む30代独身女性ブリジット・ジョーンズの架空の日記がコラムとして連載、たちまち大反響。全世界で読まれた大ベストセラーとなった。赤裸々すぎる内容は、女性に対してまだ淡い夢を抱いている10代前半の少年たちが見たら、きっと幻滅するだろう。

なにしろこのブリジット、酒とタバコはガブ飲みするし、痩せると決心しても、その意思は薄氷のようにもろい。家の中を覗いてみると、脱ぎっぱなしの服はだらしなく散らかってるし、洗面台にはメーク用品が散乱、吸殻がこぼれ落ちそうな灰皿に、捨てればいいのに、妙なガラクタが散らばってる室内。二日酔いで寝起きのブリジットは、ズルっと脱いだショーツを足で器用に洗濯カゴへ。素敵な大人の女性とは程遠い人物で、ちっともヒロインらしくない。どこかに思い当たるフシがある?

しかし、ブリジットにはいじけたところが微塵もない。一種の天然ボケともいえる。ダイエットに失敗し、上司にフラれ、パジャマ姿で「オール・バイ・マイセルフ」を熱唱する合間に、時には落ち込むことはあっても、基本的にいつも前向き、ポジティブシンキングだ。深く考えないせいか、行動も早い。爆裂ぶりもすごいけど、立ち止まって引き返すくらいなら、暴走して転ぶ方を選ぶのだ。おおらかなところが見ていてうれしいし、つい応援したくなる。それに、新年に「今年こそは去年と違った自分になるんだ!」との決心は、誰もが経験あるのでは?つまり彼女は憎めないヤツなのだ。この人と一緒ならきっと心があったかくなる。その証拠に、ブリジットはとびきりイイ友達をもっている。落ち込んだ彼女を励まし、マズイ手料理だって食べてくれる愛すべき友人たちを。

30代、中年にさしかかる独身女性が自分を慰め希望を持つための映画、なんてうがった見方はダメ。ちっぽけなことで泣いたり笑ったりする私たちだ。人間は、幾つになっても他愛ない生き物なのだから。ラストのクレジットが流れる部分も楽しい。「ありのままの君が好き。」これ以上の褒め言葉がこの世にあろうか。見終わったあと、記憶に残るのは、ブリジットのはじける笑顔。ヒロインの天真爛漫さを楽しもう。

□2001年 アメリカ映画 原題「BRIDGET JONES's Diary」
□監督:シャロン・マグワイア
□出演:レニー・ゼルヴィガー、ヒュー・グラント、コリン・ファース、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

魔王

魔王 [DVD]魔王 [DVD]
◆プチレビュー◆
名匠シュレンドルフの映画なのに公開スタイルが冷遇されたのが残念。地味だが深い作品だ。原題のogreとは、絵本の中の悪魔として親しまれているキャラクターで、人食い鬼の意味。ベネチア国際映画祭ユニセフ賞受賞。

フランス人孤児のアベルはいじめられっ子で、しかられ役の内向的な少年。大人になってもうまく人とつきあえず、子供と一緒にいる方が心地よい。そんなアベルは、少女の残酷な嘘のせいで、無実の罪で前線に送られる。ドイツ軍の捕虜となったアベルは、その素朴さがドイツ軍の高官に気に入られ、ゲーリング元帥の狩猟館の下働きに、更に幼年学校に移ってからは、未来のドイツ軍兵士となる少年の発掘係に任命される。彼はいつしか子供をさらう“鬼(ogre)”と呼ばれ、恐れられる存在に…。

ナチスドイツ、陰鬱なプロイセンの森、子供をさらう鬼、となんだか暗そうな要素が揃っているが、これは人間の善と悪の二面性を見事に描いた、寓話的で重厚なお伽噺。かつ骨太の文芸作でもある。ナチスドイツの高官ゲーリング元帥を滑稽な存在として描いているところが、フランスで青春時代を過ごしたシュレンドルフらしい。

アベルとは聖書に出てくる人物で、楽園を追放されたアダムとイブの間にできた子供の一人。兄弟カインによって命を絶たれる悲しい運命。残酷さと純真さを併せ持つアベルを演じるマルコビッチは、やはりスゴイ。彼なくしてこの映画は存在しないと監督に言わしめるのが納得。焦点が合っていないのに、そのくせ鋭いあの目つき。表情だけで物語る。子供の心を持つ大人というだけなら、ロビン・ウィリアムズでもOKだが、善と悪の二面性という複雑な役をやらせたら、現在マルコビッチの右に出る俳優はいない。幼い少女の嘘で、ある日突然無実の罪で逮捕されるシーンは、一見すると不条理な展開のように思えるが、アベルが将来犯すであろう罪をもしや彼女は知っているのか。少女はアベルを刑務所へ、そして戦争へと追いやるが、何が無垢で何が残酷なのかは映画ははっきりとは区別しない。ものごとの善悪を区別しないのと同じように。

捕虜のアベルが収容所をこっそりと抜け出してはくつろぐ小屋での、盲目の大鹿との交流のシーンは、幻想的で、特に心に残る。炎と音楽で荘厳に演出するナチスの訓練から、一転して燃え落ちる城。「運命は残酷だが、それでも、いつも僕の味方だ。」アベルの確信はラストでの彼の行動を暗示する。騎馬戦で始まる冒頭のシーンが、主人公の背負うさだめを物語る。運命に守られながら、アベルは凍った沼を進んでいく。

ナチス支配下の激動の時代を背景に、子供の心を持ったまま大人になってしまった男の宿命の旅を描く叙情詩「魔王」。アベルの進む先には光があると信じたい。

□1996年 フランス・ドイツ・イギリス合作映画 原題「The ogre」
□監督:フォルカー・シュレンドルフ
□出演:ジョン・マルコビッチ、アーミン・ミューラー・スタール、マリアンネ・ゼーグブレヒト、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

コレリ大尉のマンドリン

コレリ大尉のマンドリン [DVD]コレリ大尉のマンドリン [DVD]
◆プチレビュー◆
陽気な男性と聡明な女性の恋はマンドリンの調べが味方。ちょっと楽天的すぎるか?

第2次世界大戦のさなかの1941年、ギリシャ。イタリア軍とドイツ軍の両方の占領下にある美しいケファロニア島に、音楽をこよなく愛するイタリア軍大尉アントニオ・コレリがやってくる。ギリシャ語の通訳もこなし、紳士的で陽気なコレリ。やがて、情熱的な島の娘ペラギアと恋に落ちる。しかし、戦況は急変、イタリア軍の撤退でドイツ軍との同盟も不確かなものに。時代の荒波の中で、本来は敵味方であるはずの2人の愛は、決断を迫られ、戦争の嵐は、国境を越えた愛と友情を引き裂き、彼らの人生を狂わせていく…。

音楽をこよなく愛し、マンドリンを背中にしょって島にやってくるコレリ大尉の陽気でのどかな占領軍は、島の人々に憎しみなどみじんも感じていない。ノーテンキな占領軍に、島民も毒気を抜かれ、敵味方であることをしばし忘れてしまうほど。無秩序なイタリア軍兵士をうっすらと軽蔑するドイツ軍将校との間にも友情が芽生え、あたかもひとときのバカンスのようだ。さらに、ペラギアを愛する想いが、コレリの音楽家としての才能をも開花させていく。

この映画で描くのは、ギリシャの孤島という閉鎖的な舞台で、ドイツ軍が、昨日までの同盟国のイタリア軍を惨殺したという、あまり知られていない史実。占領軍のイタリア人と敵のギリシャ人の間に、ほのかな友情が芽生える一方で、同盟国同士が目先の利害を巡って、殺しあう。この残酷で愚かしい場面には、人と人とが争う戦争には、実に様々な側面があるのだと考えさせられた。

人物描写も丁寧で何気なく描かれていて好感が持てる。島の医師であるペラギアの父は、娘が本当に愛するのは島の青年マンドラスではなく、敵であるイタリア人アントニオ・コレリであることを知り、密かに二人の恋を応援する。この父親医師が鋭いのは、まだ、コレリが現れる前から、娘とマンドラスの仲がうまくいかない事を見抜いているところだ。このことを感じているのはマンドラスの母親も同じ。ペラギアに好意は抱いているが、彼女がいずれ別の男に惹かれることを知っている。この母親役を演じるのがギリシャを代表する大女優イレーネ・パパス。久しぶりに見たが、存在感のある演技は健在だ。

戦争という人災にも、戦後、ケファロニア島を襲った大地震という天災にも、希望を失わず、強く前向きに生きる島の人々。どんな悲劇に見舞われようとも、明日も変わらず、海は美しく太陽はまばゆい。イタリアやギリシャのような長く尊い文化を持つ国民は、歴史のうねりの中で抗うことと身を任せることの両方の大切さを、先祖代々身につけている。だからこそ、ラストの幸せも静かにやってくるのだろうか。

□2001年 アメリカ映画 原題「CAPTAIN CORELLI'S MANDOLIN」
□監督:ジョン・マッデン
□出演:ニコラス・ケイジ、ペネロペ・クルス、クリスチャン・ベール、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

ブロウ

ブロウ [DVD]ブロウ [DVD]
◆プチレビュー◆
70年代のカルチャーが満載。デップとペネロペとは、意外な組み合わせだ。

1970年代に麻薬売買でアメリカ裏社会に君臨した実在の男ジョージ・ユング。貧乏を嫌い、友人とカリフォルニアに移り住む。恋人バーバラの紹介で麻薬の小売業を始めた彼は、すぐに商売の才覚を発揮し、みるみる麻薬市場を牛耳るようになる。何度も逮捕されながらも、裏社会で上り詰めていくジョージ。しかし、その彼も、最初に愛した女性を癌で失い、仲間の裏切りや、両親との亀裂に悩む。運命的に結ばれた妻マーサや子供のため、必死で守ろうとした家庭も崩壊、ついには失墜していく…。

麻薬というダークな題材を通してはいるが、これはれっきとしたホームドラマだ。それもとびきり悲しい家庭劇。実在する伝説の麻薬王を描くというから、社会性や緊張感、メッセージ性やサスペンス風の物語を期待して観るとハズレる。この作品で描かれるジョージ・ユングは、70〜80年代の麻薬のほとんどが、彼を通して流れたと伝えられるのが嘘のような、ごく普通の人物。とりあえず、自分が扱う商品であるコカインのテイスティングはするものの、麻薬に溺れてボロボロになるわけではない。彼にとって麻薬は単なる商売品なのだ。

ほんの小遣い稼ぎのつもりでやり始めた麻薬売買が、70年代というドラッグ文化全盛の時代とぶつかり、大当たりしたおかげで大金を手にするジョージ。特に、映画の前半はノリのいいテンポで彼の栄光が描かれる。頂点まで上り詰めて、金や名誉や、愛までも手に入れた彼自身の本当の願いは、幼年時代の自分とは縁遠かった、温かい家庭を築くこと。彼に冷たい母親とは異なり、父親との愛情の絆は深く、それだけにやるせない。あんな家庭だけはイヤだと、なんとかがんばるジョージだが、うまくいかず、妻マーサとの溝は深まるばかり。愛する娘とも引き裂かれる。麻薬という間違った商売道具を選んだことが、誤りだと解っていても、もはやどうすることもできない男の苦悩とあきらめがじんわりと伝わってくる。

物語半ばでゴージャスに現れるジョージの愛妻マーサ。他人の婚約者だった彼女を奪って結婚したジョージとの、ややSMチックな夫婦生活が、おまけのようにチラッと登場するが、マーサとジョージの、人間としての絆の描き方が少し弱いのが残念。むしろ、女性キャラとしては、癌で失ってしまった、最初に愛した女性バーバラの影が残る。

40代にして懲役60年というから、ほとんど終身刑に近い刑を宣告されるジョージ。刑務所の中でむなしい日々を送る彼が、幻を見るラストシーンが素晴らしい。ハッピーエンドかと思って見ていたふやけた頭に、ガツンと一発くらうので要注意。おまけに最後には、実在のジョージの顔が登場して、悲壮感は倍増。ラストのテロップが、麻薬王ジョージ・ユングその人の人生を如実に物語る。

□2001年 アメリカ映画 原題「BLOW」
□監督:テッド・デミ
□出演:ジョニー・デップ、ペネロペ・クルス、レイ・リオッタ、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

チアーズ!

チアーズ! [DVD]チアーズ! [DVD]
◆プチレビュー◆
健康的なお色気満載!単純に楽しいのがいい。

名門チアリーディング部トロスに所属する快活な少女トーランス。新キャプテンに使命され、大喜びの彼女だったが、着任早々、練習中の振り付けが前部長による他校の盗作だったことが判明。名誉挽回のため、トーランスは新しい振付で全国大会出場を目指す。

とにかく理屈ぬきに楽しい。ノーテンキといっても過言じゃないほど、元気なのだ。本物のチアリーダーたちが演じる、バク転や宙返りなど、高度な妙技が散りばめられ、健康的なお色気も満載。ストーリーはあえて説明するまでもなく、いたって単純で、高校生チアリーダーの奮闘を、笑いや熱気と共に描いていく。困難に立ちむかう主人公たちはどこまでも前向きで、少々のことではへこたれない。まさに青春映画の王道、魅力全開だ。

ミニスカートでチャラチャラと応援しているイメージのチアリーディングだが、体操の床運動のように高度な技術と、ダンスの素養やショーの要素を必要とする、れっきとした団体スポーツ競技。いつもニコニコのエアロビックスが実はハードな有酸素運動であるのと同様に、華麗で流れるようなシンクロが、実は筋肉と肺活量が勝負の競技であるように、チアリーディングという競技は、ハードで緻密なスポーツであることがよく解る。

ヒロインのキルステン・ダンストは、アンニュイなイメージが強かったが、元気でひたむきな高校生を演じさせると、本当にさわやかでかわいい。こんなに明るい役が似合うとは。ミスキャストのようで実はナイスキャスティング。このコは案外コメディもいけるかも。新しい魅力発見だ。

“トロス”の新主将に選ばれたトーランスは、連続優勝を狙おうと大ハリキリ。ところが、転校生ミッシーの報告で、チーム自慢の振り付けが、大会に出場したことのない黒人チーム“クローヴァーズ”のオリジナルを前主将が盗作したものだと判明。このままの振り付けでいくか、どうするか、チーム内で意見が分かれる。しかし、どこまでも明るく前向きな主人公に、盗作など許せるはずもなく、大会棄権ももってのほか。本番にはもちろん新しい振り付けで臨むのだ。たとえたった2週間しかなくっても!これが怖いもの知らずの10代の強みか?!

落ち込んで、立ち直り、旧BFから新BFに惚れ直し、チームメイトの裏切りに怒りながらも「あなたたちが必要なのよ。だって私たちチームでしょ」。コロコロと気持ちが変わる10代の女の子の特徴を良くつかんでいる。

高校のチアリーディング部の新キャプテンの奮闘を、元気いっぱいに描くキュートな青春映画。スカッと爽快、ハイテンションの青春ムービーは、観るだけで絶対に元気が出ること請け合いだ。ラストのタイトルロールのところも見所がいっぱいで楽しい。

□2000年 アメリカ映画 原題「BRING IT ON」
□監督:ペイトン・リード
□出演:キルステン・ダンスト、ジェシー・ブラッドフォード、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
震災には負けない!
リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

icon icon
おすすめ情報
おすすめ情報

twitterやってます!
おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
いいね!もよろしく♪
Facebookをご利用の皆さん、このブログが気に入ったら、ぜひ「いいね!」ボタンをポチッと押してください。 渡まち子の励みになります!
タグクラウド
  • ライブドアブログ