映画通信シネマッシモ


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

霧につつまれたハリネズミ

ユーリ・ノルシュテイン作品集
ユーリ・ノルシュテイン作品集Vol.2 「霧につつまれたハリネズミ」
アニメーションのプロのクリエイターからも絶大な支持を受ける傑作。

ハリネズミが友だちのコグマの家にお茶を飲みに行く途中で、深い霧で迷ってしまう。そこで出遭う幻想的な白い馬。こわごわと霧の中に足を踏み入れるハリネズミ。白い霧や流れる小川、かたつむり、全てがいとしく美しい。ハリネズミの不安や恐れ、やさしさや生還した安堵などが、言葉はなくてもしっかりと伝わってくる。コグマと一緒にお茶を飲むハリネズミは、白い馬を心配しながらも友人とのひと時を味わっている。少しだけやさしく変わったハリネズミがいた…。

マルチプレーンや照明技術など、クオリティも高い。何度見ても飽きることはない素晴らしい映像詩だ。

(1975年/ロシア/ユーリ・ノルシュテイン監督/原題「Yozhik v tumane」)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

ビリー・ワイルダー

Billy Wilder. Eine Nahaufnahme
あまりにもいろいろなジャンルのすばらしい映画を作るので、器用貧乏的な誤解を受けがちだが、とんでもない誤解だ。作品は深く上質なものばかり。今やもっとも玄人受けする監督の一人といえる。コメディから人間ドラマ、戦争ものまでこなし、それぞれに傑作を持つ。出身はオーストリア。ナチスの弾圧を逃れてアメリカへ渡って映画監督へ。

代表作:失われた週末、サンセット大通り、情婦、お熱いのがお好き、アパートの鍵貸します、昼下がりの情事etc.

ビリー・ワイルダー自作自伝
ワイルダーならどうする?―ビリー・ワイルダーとキャメロン・クロウの対話






人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

セルジオ・レオーネ

Sergio Leone: The Great Italian Dream of Legendary America
マカロニ・ウェスタンはこの人から始まった。残酷描写も交えた、けれん味たっぷりの独特の作風で、今なおファンが多い。クローズアップの多用が特徴で、男の生き様を描かせると天下一品との評価も。ゆったりとした長編の中には喪失感とノスタルジーが漂う。
非常に寡作なイタリアの巨匠監督で、音楽は常にエンニオ・モリコーネを起用し、その効果は絶大。

セルジオ・レオーネ―西部劇神話を撃ったイタリアの悪童

代表作:荒野の用心棒、夕陽のガンマン、続・夕陽のガンマン、ウェスタン、夕陽のギャングたち、ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカetc.




人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

ジム・ジャームッシュ

ジム・ジャームッシュ インタビューズ―映画監督ジム・ジャームッシュの歴史
スタイリッシュな作品を多く作り出す、現代アメリカを代表する監督。どこかずれたリズムを持つオフビートな映画を得意とする。ハスキー・ボイスのトム・ウェイツの音楽を好んで使用する。

代表作:ストレンジャー・ザン・パラダイス、ダウン・バイ・ロー、ミステリー・トレイン・ナイト・オン・プラネット、デッド・マン、ゴースト・ドッグ、イヤー・オブ・ホースetc.

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

ヴェルナー・ヘルツォーク

Herzog on Herzog
ドイツ映画の異端児的存在。カルト的人気で一部に熱狂的ファンを持つ。超人や不具者など異常な人間を好んで描き、メキシコ、アフリカ、南米など世界を旅しながら映画を撮る。
お気に入りの俳優はクラウス・キンスキー。

代表作:アギーレ・神の怒り、カスパー・ハウザーの謎、ノスフェラトゥ、フィッツカラルドetc.

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

ユーリ・ノルシュテイン

ユーリー・ノルシュテイン
ロシアの天才アニメーション作家。これこそアートと呼ぶにふさわしい。
詩情溢れる絵柄と深遠なストーリー。そのくせ親しみやすさもある。気の遠くなるような手作業のため、作品は少ないが、世界中のアニメーターが尊敬してやまないクリエイターだ。

代表作:話の話、霧につつまれたハリネズミ、あおさぎと鶴、冬の日

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

ヴィクトル・エリセ

スペインの詩人的映画監督。繊細なタッチが魅力。
非常に寡作なことで有名で約10年に一度しか作品をとらない。
多くの熱烈なファンを持つ。

代表作:ミツバチのささやき、エル・スール、マルメロの陽光 、10ミニッツ・オールダー(内1本)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

「あ」ではじまる映画

「い」ではじまる映画

「う」ではじまる映画

おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ