映画通信シネマッシモ


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

マンハント

映画「マンハント」オリジナル・サウンドトラック
国際弁護士のドゥ・チウは、何者かにハメられ、身に覚えのない女性殺害事件の容疑者として追われる身となる。事件を追う敏腕刑事・矢村は、逃亡したチウを追うが、彼に近づくほど事件に違和感を覚え、徐々に見解を変えていく。ついにチウを捕まえた矢村は、警察への引き渡しを拒否。事件の裏にある陰謀を暴くため、チウと共に真相を追うことになるが…。

殺人の濡れ衣を着せられた国際弁護士と彼を追う刑事が事件の真相を追うサスペンス・アクション「マンハント」。原作は西村寿行の小説で、高倉健主演の映画「君よ憤怒の河を渉れ」のリメイクとなる。中国での「君よ…」の人気は絶大だが、香港ノワールの巨匠ジョン・ウー監督は、とりわけ、高倉健と「君よ…」の熱烈なファンだそうだ。とはいえ映画「君よ…」は正直に言うと、荒唐無稽を通り越してて突飛なエピソードが多すぎる。それをすっきりと整理し、怒涛のアクションとして活写した手腕はさすがだ。大阪を中心に全編が日本ロケ、チャン・ハンユーと福山雅治のダブル主演、キャスト・スタッフは、中国、日本、韓国と国際色豊かだ。ちなみに、女殺し屋の一人は、ウー監督の愛娘のアンジェルス・ウーが演じている。

ウー監督が得意とするモチーフの、男と男の熱い友情、スタイリッシュなアクションは健在で、トレードマークである二丁拳銃や白い鳩、スローモーションも、しっかり登場し、ファンを喜ばせてくれる。ウー作品初登場の女殺し屋が操る二丁拳銃と、手錠でつながれた男二人の二丁拳銃はちょっと凝っていて、それが現実に可能かどうかはさておき、なかなかの見ものだ。川を疾走するジェットスキーでのチェイスもド迫力である。かっこいい男に美しい女、冤罪、陰謀、追跡劇と、あれこれ考えるヒマを与えず、あっという間に駆け抜けるエンタテインメントだ。
【60点】
(原題「MAN HUNT」)
(香港・中国/ジョン・ウー監督/チャン・ハンユー、福山雅治、福山雅治、他)
(スピード感度:★★★★★)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

星めぐりの町



愛知県豊田市。妻を亡くし、自動車整備工として働く一人娘の志保と暮らしている初老の男・島田勇作は、手作りにこだわった豆腐屋を営み、毎朝時間をかけて豆腐を作っては町の主婦や料理屋に届ける毎日を送っていた。ある日、亡き妻の遠縁に当たる少年で、東日本大震災で家族全員を失くした政美(マサミ)を預かることになる。一瞬で家族を失い、親戚をたらいまわしにされ、心に深い傷を負った政美は、心を固く閉ざしていたが、勇作はそんな政美を黙って見守り続ける。頑なだった政美の心が少しずつほぐれてきた頃、町が大きな揺れに襲われ、一人で留守番をしていた政美は震災の恐怖が蘇り、家を飛び出して姿を消してしまう…。

豆腐屋を営む寡黙な老人と東日本大震災で孤児になった少年との心の交流を描く人間ドラマ「星めぐりの町」。名優にして名脇役の小林稔侍の、76歳にして初の主演作だが、「蝉しぐれ」の黒土三男監督が12年ぶりに監督するという長すぎるブランクにちょっと驚いた。昔気質の職人の老人と、心に傷を負った少年の交流のドラマは、派手さこそないが、登場人物やストーリーの誠実さに引きこまれる。愛知県豊田市を舞台にしたご当地映画でもあるが、日本の産業の根幹である、ものづくりの大切さを盛り込んでいる点もいい。

人生の大先輩である初老の男と、傷ついた少年の組み合わせは、実は名作が多い。「ヴィンセントが教えてくれたこと」ではチョイ悪のビル・マーレイが勇気と処世術を教える。「グラン・トリノ」のクリント・イーストウッドは、時には銃を構えて大切なものを守るために戦う気概を叩き込む。そんな欧米式とは対極なのが、小林稔侍の勇作だ。じっくりと少年と向き合う姿は、手間ひまをかける豆腐作りに似ている。さらに時には少年を孤独に追いやり、自分自身で乗り越えるしかないと、少年を信じてじっと待つ。昭和の時代のような価値観やベタな物語に新鮮味はないが、ベテラン俳優・小林稔侍の演技の年輪と滋味が、味わい深い余韻を残してくれた。
【60点】
(原題「星めぐりの町」)
(日本/黒土三男監督/小林稔侍、壇蜜、荒井陽太、他)
(再生度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ドッペルゲンガーものあれこれ

コラム映画で時々登場するドッペルゲンガー。ドイツ語で、分身、複体、ダブルを意味する言葉で、日本語では自己像幻視と訳されています。自分自身の姿、あるいは自分とそっくりの姿をした分身を見る幻覚の現象で、第2の自我との解釈もあるそう。

ドッペルゲンガーを題材にした映画には、

オムニバス映画「世にも怪奇な物語」(1967)の第2話「影を殺した男」
黒沢清監督の「ドッペルゲンガー」(2002)
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の「複製された男」(2013)

などがあります。

「世の中には自分とそっくりな人間が3人いる」、「自分の生き写しを見たら、その後に死ぬ」。ドッペルゲンガー現象には、いくつかの謎めいた恐ろしい言い伝えがあるためか、ホラーやサスペンス、ミステリーとして描かれることが多いモチーフです。そっくりな“人間”ではないのですが、オスカー・ワイルドの小説で何度か映画化された「ドリアン・グレイの肖像」も、ドッペルゲンガーものの一種と考えていいでしょう。

そんなちょっとコワいドッペルゲンガーですが、現在公開中の映画「風の色」は、この題材を不思議なラブストーリーとして描いた異色の恋愛映画です。日本・韓国合作の本作は、出演俳優は日本人、メガホンを取るのは韓国のクァク・ジェヨン監督。「猟奇的な彼女」や「僕の彼女はサイボーグ」などで日本でも人気のこの監督は、ドッペルゲンガーにマジック(手品)を組み合わせて、風変わりな物語を作り上げました。正直、ご都合主義や突飛な展開もあるのですが、2組の男女が紡ぐファンタジックなストーリーを、こんな語り口で描けるのは、ジェヨン監督ならでは。流氷の北海道の雪景色や、桜が舞い散る東京の風景など、映像センスの良さも見所です。

もし、別次元にこの世界と同じ世界が存在し、そこに自分とまったく同じ人間が生きていたら? 時空を超えて再び出会う恋人たちの物語で、ロマンチックな気分にひたるのもいいかもしれません  (*^.^*)


風の色 (講談社文庫)
鬼塚 忠
講談社
2017-11-15


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

アバウト・レイ 16歳の決断



16歳のレイはトランスジェンダー。身も心も男の子として生きることを宣言する。レイのカミングアウトにとまどうシングルマザーのマギーは、医師から説明されたホルモン治療は、両親の同意が必要と聞いて、さらに動揺してしまう。レズビアンの祖母ドリーはレイを応援するが、根底ではレイをいまひとつ理解できない。髪を切り身体を鍛え少しずつ男の子に近づき、生き生きしてくるレイの姿を見たマギーは、意を決して、レイの父で何年も会ってない別れた夫に、治療の同意書のサインをもらうために会いに行くが、そこでまさかの秘密が明らかになる…。

16歳のトランスジェンダーのレイとそんなレイを見守る家族の人間模様を描く「アバウト・レイ 16歳の決断」。破天荒なレズビアンの祖母、恋多きシングルマザーでバツイチの母、トランスジェンダーの娘レイ。3世代の女性の家族を描くが、物語は彼女たちを特別視せず、人生の不安や悩みを抱えた家族として、あたたかく描いている。確かに娘が突然“息子”になるのは、母にとってはショックだ。同性愛者の祖母は「なぜレズビアンじゃダメなの?」と女を捨てる意味がいまいち理解できてない。そんな人生の先輩たちの葛藤は、たった16歳であまりにも大きな決断を下した愛するレイの将来を心配してのことなのだ。一方レイは、トランスジェンダーであることで時には傷つけられても、その決断にはまったく迷いがない。

自分自身に正直に生きる。シンプルかつデリケートなテーマだが「リトル・ミス・サンシャイン」の製作チームならではの自然体が生きていて、映画の印象は軽やかだ。分かり合えないなりに、言いたいことを正直にぶつけ合う家族の姿も好感度が高い。16歳のレイのまっすぐな思いは、家族として尊重することで、それぞれに新たな人生を示してくれた。金髪のロングヘアがトレードマークのエル・ファニングがショートカットでボーイッシュな姿を披露。彼女の演じるレイが何とも魅力的である。人の数だけある“自分らしさ”を教えてくれる佳作だ。
【65点】
(原題「3 Generations」)
(アメリカ/ゲイビー・デラル監督/ナオミ・ワッツ、エル・ファニング、スーザン・サランドン、他)
(家族愛度:★★★★★)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

苦い銭



中国・東海岸に近い浙江省湖州。縫製工場が建ち並ぶこの町は、住民の8割を出稼ぎ労働者が占めている。人々は過酷な労働条件の下、お金を稼ぐためにがむしゃらに働いていた。雲南省出身の15歳の少女シャオミンもまた、縫製工場で働くため、長距離列車に乗ってやってきた。金が稼げず妻に暴力をふるう夫や酒に逃げる男もいれば、仕事になじめず1週間で故郷に帰るものもいる。カメラは朝から晩まで懸命に働く人々の日常を通して、急激な経済成長を遂げて変貌する現代中国の今を切り取っていく…。

中国の出稼ぎ労働者たちの人生を捉えたドキュメンタリー「苦い銭」。「鉄西区」「三姉妹 雲南の子」「収容病棟」などで世界的に高く評価される中国の名匠ワン・ビン監督の作品だ。いつも通り、唯一無二の被写体にじっくりと寄り添い、個人を丁寧に追うことで社会や国家を浮かび上がらせる手腕は健在である。だが本作で特筆すべきは、ヴェネチア映画祭オリゾンティ部門で脚本賞を獲ったこと。ドキュメンタリーであるにも関わらず脚本賞、である。加えて、人間の権利の重要性を問う秀作に与えられるヒューマンライツ賞も同時受賞しているのだ。只事ではない。

実際、映画を見てみると、現代中国の縮図を見るかのようなドラマチックな“群像劇”に仕上がっている。構成も巧みだ。登場する人々の共通の願いは“とにかく金を稼ぎたい”ということ。「1人騙せば1500元の儲けだ」「社長の気前のよさは2元ね」「200元やるからまずは落ち着け」。ちなみに1元は約17円。どうすればこんなリアルで滑稽なセリフが撮れるのか。ワン・ビン監督とカメラが彼らの暮らしにあまりに自然に溶け込んでいるからなのだが、基本は作り手が相手を尊重しているからだと思う。過酷な毎日の中にも小さな喜びを見出し、激しい夫婦喧嘩のあとにふと寂しそうな表情を見せるたくましくも心優しい労働者たち。大量の服や日本の百円ショップの商品の向こう側に、すべて彼らの姿があるのだ。「苦い銭を稼ぎに行くんだ」とつぶやく出稼ぎ労働者の青年の横顔が、いつまでも心に残る。
【75点】
(原題「KU QIAN/BITTER MONEY」)
(仏・香港/ワン・ビン監督/小敏、元珍、小孫、他)
(リアル度:★★★★★)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

THE PROMISE 君への誓い


1914年のトルコ南部。オスマン帝国の村出身のアルメニア人青年ミカエルは、医学を学ぶために首都コンスタンチノープル(現イスタンブール)の大学に入学する。彼はフランスから帰郷したアルメニア人の美しい女性アナと心を通わせるが、アナはアメリカ人ジャーナリストのクリスという恋人がいた。やがて第1次世界大戦が勃発しトルコが参戦すると、アルメニア人への不当な弾圧が始まり、ミカエルも問答無用で徴兵され強制労働を強いられる。ミカエルは、なんとか脱走を図り故郷へ戻るが…。

20世紀初頭にオスマン帝国が行ったアルメニア人大虐殺・追放事件を、運命に翻弄される3人の男女の姿を通して描く社会派ドラマ「THE PROMISE 君への誓い」。ナチス・ドイツによるホロコーストの約20年も前に起こったこのジェノサイドでは、150万の尊い命が奪われた。事件については、アルメニア系カナダ人のアトム・エゴヤン監督の「アララトの聖母」やトルコ系ドイツ人のファティ・アキン監督の「消えた声が、その名を呼ぶ」などで描かれている。また本作の劇中にチラリと登場する、修道士で作曲家コミタスの生涯を描いた映像詩の映画「コミタス」(ドン・アスカリアン監督)もある。だが、一般的にはあまり知られていないこの事件の全容を、正面から詳細に分かりやすく、有名スターを多く起用して描いたという点では本作が初だろう。ミカエルとアナ、クリスの三角関係のメロドラマは、決して物語を通俗化していない。時代と運命に翻弄されながら生き抜こうと奮闘する姿からは、悲しみだけではなく、人間が持つ生命力を感じさせる。

国家の都合で、ひとつの民族を、理不尽に抹殺しようとした歴史は、無慈悲な暴力そのもので、言葉を失ってしまう。知られざる歴史の悲劇に光を当てることは映画の使命のひとつだ。地味で暗い内容ながら、各国のスター俳優が集っているのも、そんなメッセージに賛同してのことだろう。「ホテル・ルワンダ」のテリー・ジョージ監督は、実在の人物をからめて虐殺事件の真実を描きながら、同時に民族や国境を超えた友情や愛情が存在したことを描くのも忘れていない。今もトルコ政府が事件を公式には認めていないことから、現地での撮影許可が下りず、映画は、3つの国約22ヶ所をめぐってロケを行うなどの逆境を乗り越えて作られたそうだ。想像を絶する体験から時に復讐の思いに駆られるミカエルに、アナが言う「生き残ることこそが復讐なのよ」との言葉があまりにも重かった。
【65点】
(原題「THE PROMISE」)
(スペイン・米/テリー・ジョージ監督/オスカー・アイザック、シャルロット・ル・ボン、クリスチャン・ベイル、他)
(歴史秘話度:★★★★★)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

羊の木

映画「羊の木」オリジナル・サウンドトラック
さびれた港町・魚深市。市役所職員の月末一(つきすえ はじめ)は、移住してきた6名の男女を受け入れるよう上司から命じられる。この6人は実は全員が元殺人犯で、移住は、受刑者を仮出所させ、過疎化が進む自治体で受け入れる国家の極秘プロジェクトだった。6人は、互いに接触しない、住民には素性は知られないようにする、最低10年は居住するなど、いくつかのルールの中で、町に馴染もうと努力していた。そんなある日、港で身元不明の死体が発見される。月末は不安にかられ、町と住民の日常が少しずつ狂い始める中、魚深市の奇祭“のろろ祭”の日が近づいていた…。

元殺人犯を受け入れた町を舞台に、異物が入り込んできたことで日常が歪んでいく様を描くヒューマン・サスペンス「羊の木」。原作は、山上たつひこといがらしみきおによる同名漫画だ。実写映画化された本作は、映画オリジナルの結末も含めて、原作からかなり離れているが、上手くまとまっている。元殺人犯の受刑者は、皆、挙動不審で、いつ爆発してもおかしくない人々ばかり。そんな緊張感の中心にいるのが、善良で凡庸な“普通の青年”月末というところが面白い。中心に平和を、周囲に波風を据える構図は、吉田大八監督の代表作の一つ「桐島、部活やめるってよ」にも通じる奇妙なテイストを感じさせる演出だ。

極端に臆病だったり、几帳面だったり、はたまた傲慢、迫力、過剰な色気、天真爛漫と、6人それぞれの個性はやがて衝突し連鎖していく。異物を排除する不寛容と、異質なものとの共生という寛容。その接点でせめぎあうこの物語には、奇祭の神・のろろが導く、思いがけない結末が待っている。それにしても、受刑者を受け入れることで刑務所の経費(税金)を削減しながら、同時に過疎化問題も解決してしまおうという突飛なアイデアは、架空なのに妙にリアルで生々しい。ユーモラスかつスリリングな演出、俳優たちの妙演のアンサンブル、そこに浮かび上がる人間の本性。なかなか奥深い群像劇だ。主人公・月末はいわば狂言回しなのだが、普通の青年役なのに群像劇に埋もれない錦戸亮の存在感が光っていた。
【70点】
(原題「羊の木」)
(日本/吉田大八監督/錦戸亮、木村文乃、松田龍平、他)
(オリジナリティー度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

不能犯

映画「不能犯」 オリジナル・サウンドトラック 音楽:富貴晴美
大都会を舞台に次々と不可解な変死事件が発生する。検死をしても何一つ証拠が出てこないそれらの事件には、決まって黒衣に身を包んだ宇相吹正(うそぶき ただし)という謎の男の姿があった。ある電話ボックスに殺人の依頼を残すと、宇相吹は、事故や自殺にみせかけて確実にターゲットを殺害する。警察は宇相吹の身柄を確保し任意で取り調べを始めるが、犯行は立件できず“不能犯”とされる。相手を見つめ話しかけるだけで相手を死に追いやる宇相吹だったが、刑事の多田友子だけは彼のマインドコントロールが効かないことが判明する…。

相手を死に追いやりながら立証不可能な犯行を繰り返す男の暗躍を描く異色サスペンス「不能犯」。原作・宮月新、作画・神崎裕也の大人気コミックが原作だ。タイトルの不能犯とは、目的は犯罪だが、常識的に考えて実現不可能な行為なので、罪に問われない。謎の男・宇相吹が行うマインドコントロールは、思い込みや先入観を利用するもので、専門用語でプラシーボ効果(別名、偽薬効果)と呼ばれるものだ。宇相吹とはいったい何者なのか?という疑問より、物語では彼に殺人を依頼する人々の殺意の純度と動機が問われる。愛、憎しみ、欲望、嫉妬が原因での殺人はブラックで皮肉な結果を伴い、宇相吹の「愚かだね、人間は」という決めゼリフへとつながる仕組みだ。

そんな宇相吹だが、唯一、彼がコントロールできない女刑事・多田に出会ったときは、なぜか嬉しそうな顔をするのが面白い。彼女は口は悪いが正義感で人情味があり、何より人間が持つ“善”を信じているのだ。「あなたなら僕を殺せるかもしれませんね」という静かなつぶやきは、人の心の闇を見すぎた宇相吹の、絶望と狂気の産物だ。主人公を演じる松坂桃李は、最近、単なるイケメン俳優ではないことをその挑戦的な役選びで証明しているが、本作はハマリ役。ダークヒーローを気持ちよさそうに怪演していて、興味深い。
【60点】
(原題「不能犯」)
(日本/白石晃士監督/松坂桃李、沢尻エリカ、新田真剣佑、他)
(ブラック度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

スリー・ビルボード

スリー・ビルボード
ミズーリ州の田舎町。数ヶ月前に何者かに娘を殺された女性ミルドレッドは、犯人がつかまらず警察の捜査が一向に進展しないことに腹を立て、3枚の巨大な看板に広告を出す。そこには警察署長ウィロビーへの非難の言葉が書かれていた。署長を敬愛するディクソン巡査のいやがらせや、町の人々からの抗議、一人息子からの反発を受けても、ミルドレッドはまったく引かないばかりか、ますます過激な行動で小さな町に波紋を広げていく。ミルドレッドが孤立無援に陥る中、事態は予想もしなかった方向へと動き出すのだが…。

田舎町に出現した3つの看板を巡り人々の思惑が交錯する物語「スリー・ビルボード」。娘を無残なレイプ殺人事件で失った母親が犯人逮捕を望んで過激な行動を起こすことが事件の発端だが、この物語は単純なサスペンスではない。看板を出した母親ミルドレッドは口も態度も悪く、時には法にも触れるような過激な行動を繰り返す。警察署長ウィロビーは知的で温和な人物で、事件こそ解決していないが真摯に捜査を続け町の人々から慕われている。ウィロビーを父のように慕うディクソン巡査は、暴力的な差別主義者な上、マザコンのダメ男なので、この愚か者が敵役なのかと思ったら、そうはならない。何より、犯人捜しがこの物語の主目的にはなっていないのだ。善悪では割り切れない型破りなキャラクターと、先が読めず、見るものの予想をどんどん裏切る展開に、思わず釘付けになる。

ではこの映画のテーマとは? それは“許すこと”である。人はなぜ憎み合い、いがみあうのか。そんな深淵な問いを、物語は、ブラック・ユーモアや滑稽さを交えて少しずつ解きほぐしていく。娘を守れなかった後悔と自分への怒りや孤独を全方位にぶつけるミルドレッドを演じるのは、名女優フランシス・マクドーマンド。大きな変化と成長を見せるキーパーソンのディクソンを演じるサム・ロックウェルや慈愛に満ちたウィロビー役のウディ・ハレルソンもベスト・パフォーマンスを披露している。監督・脚本は俊英のマーティン・マクドナー。一筋縄ではいかない群像劇を、怒りや憎しみから思いがけない方法で救い出すクレバーな演出は、目の肥えた映画ファンを虜にするだろう。クライム・サスペンスかと思わせておいて、見事なヒューマン・ドラマへと昇華する本作は、憎しみの連鎖を断ち切るひとつの答えを提示してくれる。柔らかな光が差すラストシーンに、極上の逸品を味わった時だけに感じる満足感を覚えた。
【90点】
(原題「Three Billboards Outside Ebbing, Missouri」)
(アメリカ/マーティン・マクドナー監督/フランシス・マクドーマンド、ウディ・ハレルソン、サム・ロックウェル、他)
(先読み不能度:★★★★★)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

試写室だより 18.01月下旬

試写室だより早いもので1月も今日でおしまい。
今年も残すところ、あと11ヶ月です〜 (;^_^A
地球温暖化への激しい懐疑心で、どうにかなりそうな寒さの中、試写室までの道のりが寒すぎてつらい…(涙)。インターネットに、氷結した滝で滝登りを楽しむツワモノの写真が出ていて、驚愕!キミはバーフバリなのか?!(あ、バーフバリが登った滝は凍ってなかったけど…笑)

最近見た主な映画は以下。

「悪女」「ビッグ・シック」「グレイテスト・ショーマン」「ビガイルド」
「ぼくの名前はズッキーニ」「坂道のアポロン」「レオン」などなど。

1月はお正月休みの関係で試写が少なかったので、見逃して、ずっと気になっていた映画「彷徨える河」をDVDでやっと見ることができました。

コロンビア初のアカデミー賞外国語映画賞ノミネートのこの作品は(映画そのものは、コロンビア・ベネズエラ・アルゼンチン合作作品です)、アマゾンの奥地を舞台に失われつつある文明と精神性を先住民の視点から描くもの。監督は世界の映画祭で注目されている俊英シーロ・ゲーラで、彼の長編第3作となります。

全編モノクロ(ラストに一瞬カラーになります)で、先住民族の呪術師である主人公を演じる俳優をはじめ、ほとんどの出演者は知らない役者ばかりでしたが、非常に新鮮な映画体験でした。ジャングルの奥地に足を踏み入れてそこに飲み込まれていくように進むストーリーは、例えばヘルツォークの「アギーレ」「フィッツカラルド」やコッポラの「地獄の黙示録」などがあるんですが、それらはすべて欧米視点。つまり自然界に土足で足を踏み入れる者の側から見たもので、そういう意味ではこの「彷徨える河」は、まったくスタンスが異なります。

決して分かりやすい作品ではないし、派手さもない。それでもどうしようもなく惹かれてしまう何かがある。そんな映画を見たいと思ったら、この映画のことを思い出してほしいと思います (^o^)

彷徨える河 [Blu-ray]
ヤン・ベイヴート
ポニーキャニオン
2017-08-02

←2015年カンヌ国際映画祭監督週間で最高賞受賞作!



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ