映画通信シネマッシモ


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

殺人者の記憶法

殺人者の記憶法 (新しい韓国の文学)
元連続殺人鬼の男ビョンスはアルツハイマーを患いながらも、娘と二人で穏やかに暮らしていた。ある日、偶然出会った男テジュの異様な雰囲気を感じ取り、彼もまた自分と同じ殺人鬼であることを直感する。ビョンスは警察にそれを通報するが、テジュは実は警察官で、誰もビョンスの言うことを信じようとしない。ビョンスは自らテジュの凶行を阻止しようとするが、ビョンスはアルツハイマーによる記憶の喪失に苦しめられる。そんな中、新たな連続殺人事件が発生するが…。

アルツハイマーを患う元連続殺人鬼が新たな殺人鬼と死闘を繰り広げる様を描く異色サスペンス「殺人者の記憶法」。物語は、殺人鬼VS殺人鬼のバトルの構図だが、主人公ビョンスは年老いてアルツハイマー、一方、敵のテジュは若い警察官。あまりに分が悪い戦いだ。何よりもビョンスは自らの記憶の混濁と戦わねばならない。メモを取り、録音し、昨日の自分の行動をたどる様は「メメント」さながらだが、記憶を整理していく過程で、なぜビョンスが殺人を繰り返してきたかという謎や、ビョンスの罪悪感、アイデンティティーに一人娘への愛情など、単純な善悪では割り切れない思いや心理が絡み合う。複雑なのに、それを見事に整理した脚本が巧みだ。

韓国映画のサスペンスは人気のジャンルだが、特に地方の田舎町の閉塞的な空気や土着性、古い慣習などの独特のムードを活かした作品に優れたものが多く、本作もまたそんな系譜につながる1本だ。人殺しを習慣とする二人の殺人者の対決は、周囲を情け容赦なく巻き込みながら、予想外の展開へとなだれこむ。なりきり型の演技派俳優ソル・ギョングが10kg以上減量して作り上げた老いとやつれっぷりがすさまじく、演技に凄みを増している。体重を14kg増やしてテジュを演じたキム・ナムギルの、爬虫類のような薄気味悪さも好対照だ。見終わってみれば、猟奇殺人のサスペンスでありながら、秀逸な人間ドラマを見たことに気付かされる。竹林の場面など、思わずハッとさせられる美しい映像も見所だ。
【80点】
(原題「MEMOIR OF A MURDERER」)
(韓国/ウォン・シニョン監督/ソル・ギョング、キム・ナムギル、ソリョン、他)
(役作り度:★★★★★)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

祈りの幕が下りる時

映画「祈りの幕が下りる時」オリジナル・サウンドトラック
東京葛飾区のアパートで女性が殺害される事件が発生し、現場のアパートの住人・越川睦夫が行方不明になる。松宮ら警視庁捜査一課の刑事たちが事件を調べるが捜査は難航。やがて捜査線上に、被害者の女性と学生時代に同級生だった舞台演出家の浅居博美の存在が浮上するが、彼女には完璧なアリバイがあった。そんな中、松宮は近くで発見された身元不明の焼死体との関連性を疑う。さらに日本橋を囲む12の橋の名が記された遺留品に注目した松宮は、そのことを先輩刑事で従兄弟の加賀恭一郎に知らせると加賀は激しく動揺する。それは、かつて孤独死した加賀の母とつながるものだった…。

類まれな推理力で難事件を解決する刑事・加賀恭一郎を主人公にした「新参者」シリーズの完結編「祈りの幕が下りる時」。謎めいた殺人事件の容疑者である美しい女性演出家の過去を調べると、加賀の亡き母の失踪という最大の謎へつながり、あまりにも悲しく切ないドラマが浮かび上がる。東野圭吾の人気ミステリーシリーズである「新参者」の主人公・加賀は、事件をただ解決するだけでなく、事件によって心が傷ついた人たちに寄り添い傷を癒そうとする。そのことがこのシリーズを重厚なドラマにしているが、今回の事件は加賀自身の過去に深くかかわっていて、彼は自分自身の葛藤、不和だった父や失踪した母ら、家族の真相と向き合うことになるのだ。

ミステリーなので詳細は明かせないが、加賀の心の旅路ともいえる物語は完結編にふさわしい内容だ。クールで冷静な今までの加賀ではなく、人間味、とりわけ家族のわだかまりと再生へとつながっていく展開は「マザコンだからな」と自虐する加賀でなくても、心を揺さぶられるはず。映画がはじまってから加賀が登場するまでずいぶん待たされること、松嶋菜々子扮する演出家の事件と加賀の母の失踪事件のつながりがサクサクと紐解かれていくことなど、不満はあるが、二組の親子には共に究極の親子愛が。やはり、このシリーズの完結編は、悲しみや哀切を背負った犯罪を解決してきた加賀自身を癒すものでなければならない。さて名物のたい焼きだが、果たして加賀は食べることができるのか?! ファンなら気になるその“難事件の答え”は映画を見て確かめてほしい。
【60点】
(原題「祈りの幕が下りる時」)
(日本/福澤克雄監督/阿部寛、松嶋菜々子、溝端淳平、他)
(親子愛度:★★★★★)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ザ・リング/リバース

ザ・リング リバース
“見た者は必ず7日後に死ぬ”と言われる呪いのビデオを恋人ホルトの身代わりになって見てしまったジュリアは、呪いを断ち切るため、ホルトと協力しながら、呪いのルーツを調べ始める。やがて彼らはわずかな手がかりを頼りに一人の少女にたどりつくが、それを機にさらなる恐怖に引きずり込まれていく…。

ジャパニーズ・ホラーの金字塔「リング」シリーズのハリウッド版「ザ・リング/リバース」は、ハリウッドリメイク版としては第3弾となる。呪いのビデオはパソコンに取り込まれファイルデータになっているなど、現代的な味付けはなされているが、基本的には日本版と同じだ。サマラの生い立ちは貞子に近くなっているし、7日間のタイムリミットまでに呪いを解こうと奮闘するという設定もオリジナルに忠実なものである。

鈴木光司原作の小説「リング」の刊行は1991年、日本映画「リング」が公開されたのは1998年だから、映画ファンはかれこれ20年近くこの呪いのビデオに付き合っていることになる。日本では「貞子3D」や「貞子VS伽椰子」など、もはやイベント化してきた感があるが、そんな中、本作は原点回帰を目指したというだけあって、キワモノ感は薄く、むしろ日本版に敬意を表す作りだ。ただその分、見慣れたものを見ているイメージがあり恐怖感が乏しくなったのは残念。とはいえ“誰かに見せることによって呪いから逃れる”というプロットは、国内外を問わずリメイク、リブートされ続ける本シリーズの本質と重なる。まさに“呪いは終わらない”のだ。
【50点】
(原題「RINGS」)
(アメリカ/F・ハビエル・グティエレス監督/マチルダ・ルッツ、アレックス・ロー、エイミー・ティーガーデン、他)
(恐さ度:★★☆☆☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ロング,ロングバケーション

Das Leuchten der Erinnerung
元文学教師でアルツハイマーの夫ジョンと末期がんの妻エラは半世紀を一緒に過ごしたおしどり夫婦。ある日二人は、心配性の子どもたちに黙って、ボストンの自宅からキャンピングカーに乗って南へ向かって旅に出る。70歳を超えた今、人生最後の旅の目的地は、ジョンが大好きな作家ヘミングウェイの家があるフロリダのキーウェストだ。旅の途中では、記憶があいまいなジョンがエラを置き去りにしたり、ナイフを持った若者に脅されたり、ウィスキー片手にスライド写真を見て家族の楽しい思い出をふり返ったり…とさまざまな出来事が。ハプニングとトラブルの連続の末についにキーウェストに到着した二人だったが…。

長年連れ添った老夫婦の人生最後の旅を描くロードムービー「ロング,ロングバケーション」。原作はアメリカ人作家マイケル・ザドゥリアンの小説「旅の終わりに」だ。本作は、イタリアの名匠パオロ・ヴィルズィ監督が初めてアメリカを舞台に作った英語作品となる。笑いあり、涙ありの旅は単なる観光旅行ではない。共に歩んだ人生を振り返り、最後の瞬間から目を背けずにゴールを目指す旅路である。高齢化社会、介護などのシリアスな問題も描かれるが、ヘレン・ミレンとドナルド・サザーランドの二人の名優にかかると、ユーモアと美しさをにじませて、思わず二人の演技に見入ってしまう。特に、ジョンの記憶の衰えにいらだち、そんな自分のいらだちを後悔するなど、繊細な心理描写を見せるエラ役のヘレン・ミレンの演技はパーフェクトと言うしかない。

認知症のジョンはエラが今も初恋の相手と会っていると思い込み、エラは数十年前のジョンの浮気を知って怒り心頭!だったり。なんだかんだ言っても夫婦には確かな愛の歴史があり、強く結ばれているのだ。ついにたどり着いた約束の地での“選択”は、賛否両論だろうが、決して悲しくも愚かでもないと思えれば、その時観客はこの映画の幸福な“共犯者”になるだろう。イタリア映画界を代表する名カメラマン、ルカ・ビガッツィによる映像が、ロードムービー特有の心地よい光と風を運んでくれた。
【65点】
(原題「THE LEISURE SEEKER」)
(イタリア/パオロ・ヴィルズィ監督/ヘレン・ミレン、ドナルド・サザーランド、ジャネル・モロニー、他)
(終活度:★★★★★)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

デトロイト

Detroit
1967年の夏。アメリカ・ミシガン州デトロイトで大規模な暴動が発生する。その2日目の夜、ミシガン州兵隊の集結地付近で銃声の通報があり、デトロイト警察やミシガン陸軍州兵、地元警備隊らは、アルジェ・モーテルの別館に乗り込んだ。しかし差別主義者の白人警官クラウスら何人かの警官が捜査手順を無視し、モーテルの宿泊客たちを脅しながら不当で暴力的な強制尋問を始める…。

米史上最大級の暴動と言われるデトロイト暴動を一晩の出来事に絞って描く戦慄の実録サスペンス「デトロイト」。数日間続いた暴動の概要は教科書などで知られているが、本作が描くのは歴史の闇に埋もれた暴挙“アルジェ・モーテル事件”だ。暴力的な白人警官たちが、ホテルに居合わせた黒人男性6人と白人女性2人の若者たちを、おぞましい方法で尋問する様はまるで悪夢のようだが、観客もまた、この惨劇の渦に放り込まれ、彼らと同じ恐怖を体験することになる。宿泊客の1人でR&Bボーカル・グループ「ザ・ドラマティックス」のリードシンガーのラリー、白人警官クラウス、民間警備員ディスミュークスの3人の視点で事件が語られるが、とりわけ、差別主義者の警官クラウスの言動とその後の裁判の行く末には、激しい怒りがこみあげる。

実話に基づく本作の時代背景は60年代。だがこれが過去の話ではなく、まるで現代の出来事のように思えるのは、手持ちカメラによる臨場感たっぷりの映像もさることながら、差別や偏見がいまだに蔓延している事実があるからだ。さらに言えば、キャスリン・ビグロー監督が今まで描いてきたような米軍爆弾処理班兵士やCIA分析官といった特殊な職業の人物の活躍ではなく、普通の市民と身近にいる警官の間に起こる理不尽な暴力を見せつけるからである。極限状態の中で感情や暴力が激化する様や、判断力を見失う心理、誰かを痛めつけることで優位に立とうとする愚行。これらは誰の身にも起こりうる恐怖なのだ。アルジェ・モーテルは取り壊されて今はもう存在しない。だがデトロイト暴動の火種は本当に消滅したのか。骨太な社会派映画で現代社会に警告を発してきたビグロー監督の真摯な問いかけが聞こえるようだ。
【70点】
(原題「DETROIT」)
(アメリカ/キャスリン・ビグロー監督/ジョン・ボイエガ、ウィル・ポールター、ジャック・レイナー、他)
(臨場感度:★★★★★)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

日本人の受賞に期待!

コラム第90回アカデミー賞のノミネート、発表されました。

日本関係ということでいうと、まずメイクアップ&ヘアスタイリング賞にノミネートされた辻一弘さん。作品はゲイリー・オールドマンが英国の政治家チャーチルを熱演する「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」です。ゲイリー・オールドマンとはわからないような高度な特殊メイクは、辻さんのハイレベルな仕事だったんですね〜。

辻一弘さんは、過去にも2度ノミネート経験がある実力派。最近では、映画界から離れて、アート業界で仕事をされていたようですが、ゲイリー・オールドマン直々のオファーで今回特殊メイクを担当したとか。悲願のオスカー受賞なるか?! 応援しましょう。

それからもう一人日本人のノミネートがあって、こちらは短編アニメ賞の候補。桑畑かほるさんが共同監督を務めた「ネガティブ・スペース(原題)」が選出されました。こちらも期待!です。

最も注目される作品賞のノミネートは、以下の9作品。

「シェイプ・オブ・ウォーター」「スリー・ビルボード」
「レディ・バード」「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」
「ダンケルク」「ゲット・アウト」
「ファントム・スレッド」「君の名前で僕を呼んで」
「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」

最多ノミネート作品は「シェイプ・オブ・ウォーター」の13部門。「ダンケルク」の8部門が次に続きます。

ちょっと予想外だったのは、ポール・トーマス・アンダーソン監督、「ファントム・スレッド」が6部門ノミネートと大健闘したこと。主演のダニエル・デイ=ルイスが今作をもって俳優業引退を表明したことでも話題です。

昨年から映画業界を賑わせているセクハラスキャンダルの影響で、ノミネートの顔ぶれに変化がみられたのも興味深いところ。受賞結果にも影響がでるのかどうか、注目です。

第90回アカデミー賞授賞式は日本時間3月5日。楽しみに待ちましょう!


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

レディ・ガイ

Assignment/ [Blu-ray] [Import]
凄腕の殺し屋フランク・キッチンは、マフィアとの銃撃戦の最中に意識を失ってしまう。見知らぬ安ホテルのベッドで目覚めると、フランクは男から女へ性転換手術を施されていた。ベッドの脇に置かれたテープレコーダーを再生すると、自分は手術をした医者で、手術はフランクへの復讐なのだという見知らぬ女の声が。怒りに震えながらも、フランクは大切な“モノ”を奪った女医を見つけ出し制裁を加えるため、銃と色気を武器に女殺し屋となって復讐に立ち上がる…。

組織に裏切られ狂気の女医から性転換で女にされてしまった殺し屋の復讐を描く異色のアクション「レディ・ガイ」。性別が入れ替わるという設定の映画は過去にも、日本映画「転校生」や、大ヒットしたアニメ「君の名は。」がある。米映画にも「スウィッチ/素敵な彼女?」という佳作があるなど、ひそかに人気のジャンルなのだが、その入れ替わりには、不思議な力が働いているというものがほとんど。だが本作は、性転換手術というから、現実的なのだ。体は女でも心は男のまま。“モノ”は取られたが、俺を女にしたヤツらのタマ(命)は取る!…というワケで壮絶な復讐劇がスタートする。キワモノでギャグすれすれのストーリーだが、リベンジの理由が妙に説得力があるのも事実だ。

見所は何と言っても、男っぽさが魅力の二人の女優だろう。男前女優ことミシェル・ロドリゲスが、術前・術後の両方を一人で演じるが、男女共にフルヌードまで披露し、気合が入った女優魂を見せてくれる。一方、もう一人の女傑女優シガニー・ウィーバーは、狂気の天才外科医に扮して貫禄たっぷりだ。メガホンを取るのは男の世界を描き続けてきたウォルター・ヒル監督。初の女性主人公が性転換された殺し屋とは、恐れ入ったが、こういうヒネッた形でもハードボイルドなテイストは貫いている。復讐のプロセスが無駄に複雑だったり、アクションが控えめだったりと、不満はある。また一部ではトランジェンダー蔑視との批判の声もあったとか。だが、効果的に挿入される劇画のグラフィックノベル風の演出を見れば、これが荒唐無稽な愛すべきB級映画だと分かる。目くじらを立てるのはヤボというもの。狂ったマッド・ドクターのラストシーンに、ゾクッとした。
【65点】
(原題「THE ASSIGNMENT」)
(仏・カナダ・米/ウォルター・ヒル監督/ミシェル・ロドリゲス、シガニー・ウィーバー、トニー・シャルーブ、他)
(珍作度:★★★★★)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ガーディアンズ



冷戦下のソ連。違法な遺伝子操作で生み出された特殊能力を持つ兵士による、超人部隊が作られようとしていた。しかし、名声を求める科学者のクラトフが裏切り研究所を爆破、超人たちも忽然と姿を消してしまう。50年後、自分も超人となったクラトフがロシアの崩壊を画策。その時、世を捨てて生きてきた4人の超人たちが再び集められる。クラトフを倒し、自らのアイデンティティーを取り戻そうと“ガーディアンズ”という名のチームを結成し戦うことを決意する4人だったが…。

ロシア発のSFアクション大作「ガーディアンズ」は、全編これ、マーベルのスーパーヒーローものと見紛う作りだ(パクリとも言う)。特殊能力を持つスーパーソルジャーを作り軍事利用するという計画は、ドイツ、ソ連、アメリカなど大国には実在したとか。そんな怪しげな裏歴史を思うとロシア版「X-MEN」、あるいはロシア版「アベンジャーズ」のような本作も、何やらちょっぴり現実味を帯びる(ような気がする)。メンバーは、獣人化した天才科学者アルスス、念動力で鉱物を操る怪力の賢者レア、超音速を誇る剣の達人ハン、擬態化能力を持つ美女戦士クセニアの4人だ。

カザフスタン出身のハンがアジア系の顔立ちだったり、シベリア出身のアルススが変身する獣が熊だったりと、随所にロシアらしさが盛り込まれている。超人チームの一人は必ず、動物、植物、炎などの非・人間系なのはお約束だが、獣に変身しても、金属の爪を持つウルヴァリンになるわけではなく、単なる普通の熊(ただの熊でも十分に強いのは分かっているが…)なので「それでいいのか?!」と心の中で大いに突っ込んだ。「自分の中の熊の部分が…」と真剣に悩む姿も何やら笑える。ド派手だが何となくあか抜けないVFXも、飛躍するストーリーも、ギャグすれすれの超人能力も、すべて珍味。だがそれでも、いや、だからこそ予想外に楽しめたのも事実だ。意味深なラストを見ると、もしかして続編があるのか?!いろいろと期待と不安が入り混じるロシア発のSFアクションだ。亜流で片付けるには、ちょっと惜しい。
【60点】
(原題「ZASHCHITNIKI/THE GUARDIANS」)
(ロシア/サリク・アンドレアシアン監督/アントン・パンプーシュニー、サンジャル・マディ、セバスティアン・シサク、他)
(珍作度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ルイの9番目の人生

ルイの九番目の命 (ソフトバンク文庫)
ルイは生まれてから毎年、命にかかわるような危険な事故に遭い続けている。9歳の誕生日、彼は崖から海に転落し、奇跡的に命をとりとめたものの、こん睡状態に陥ってしまう。ルイを目覚めさせようと、担当医のパスカルはあらゆる手を尽くすが、ルイの病状は変わらなかった。一方で、ルイの父親ピーターが行方不明になり、母親ナタリーには警告文が届く。パスカル自身も悪夢にうなされ不可解な出来事が続くようになる。すべての事情を知るルイが眠り続ける中、パスカルはかつてルイのセラピーを担当した精神科医ペレーズを訪ねるが、次第に衝撃的な事実が明らかになる…。

9年間で9度死にかけた少年の秘密を描くサスペンス「ルイの9番目の人生」。原作はリズ・ジェンセンによるベストセラーで、人間の心に宿る闇を描く小説だ。全身骨折、感電、食中毒などなど、毎年遭う事故は死に直結する危険なものばかり。そんな数奇な運命の少年ルイの精神世界と、こん睡状態のルイを見守る大人たちの現実世界が交錯しながら物語は進んでいく。悪意を持つ何者かの仕業か。でもいったい誰が? もしやこの世のものではない力が働いているのか。 それはいったい何? ルイを特別な子として溺愛する母親が引用するのは「猫には9つの命がある」という言葉。すでに8つの命を使ってしまったルイは、最後の命をつなぎとめるために、夢の中で奮闘中というわけだ。

担当医と美貌の母親との恋が意外な方向へと向かう中、事故多発少年ルイの秘密にも思いもよらない展開が。荒唐無稽な物語が、真相を露わにするとき、立ち上ってくるのは、人間は根源的に愛されたいと願う生きものなのだという事実だ。悲しみと諦観に満ちた美少年ルイが選んだその道は、納得できないかもしれないし、ご都合主義とも思えるラストに首をかしげる人もいるだろう。それでも、海や水族館、ルイの夢の中の深海など、繰り返し描かれる水のモチーフとゆっくりと海に沈んでいくような感覚は、決して不快ではない。メガホンをとったのは、フランス出身でホラー映画の旗手、アレクサンドル・アジャ監督。本作は流血描写の代わりに、シュールでファンタジックな要素が組み込まれているが、見終わると、ゾクッとする怖さも。それは、子どもの心の中の傷みに気付かない身勝手な大人への警告なのかもしれない。
【65点】
(原題「THE NINTH LIFE OF LOUIS DRAX」)
(カナダ・英/アレクサンドル・アジャ監督/ジェイミー・ドーナン、サラ・ガドン、アーロン・ポール、他)
(ダーク・ファンタジー度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

嘘を愛する女

嘘を愛する女
キャリアウーマンの川原由加利は、研修医の恋人・小出桔平と付き合っている。同棲5年目のある日、約束の場所に現れなかった桔平が、くも膜下出血で倒れ、こん睡状態になったと聞き病院に駆けつけるが、警察から、桔平の運転免許証、医師免許証は偽造で、名前も職業も偽っていたことを知らされる。ショックを受けた由加利は、私立探偵・海原を雇い、桔平のことを調べてもらうが、やがて桔平が執筆中だった小説が見つかり、そこから瀬戸内のどこかに桔平の故郷があると判明。由加利は海原と共に桔平の秘密を追っていくが…。

新しい才能の発掘を目指してスタートした第1回「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM」でグランプリに輝いた企画を映画化したミステリアスなラブストーリー「嘘を愛する女」。愛する人は、いったい何者なのか?という謎を追う本作は、すべてが嘘だった恋人の素性を探るプロセスで、ヒロインが変化していく物語だ。ゴスロリ美少女や、執筆途中の小説、瀬戸内の島の灯台などがヒントになる。世話好きで優しい桔平を演じるのが、人気急上昇中の高橋一生。この人の、どこか影のあるたたずまいや、笑顔の中に悲しみを秘めたような表情が、役柄にとてもあっている。

物語はミステリー仕立てなので、詳細は明かせないが、前半がサスペンスフルで緊張感があるのに、後半(特に終盤)は、トーンダウンしてしまうのが残念。桔平の抱える秘密はなるほど悲劇ではあるが、問題は、由加利と桔平の同棲の始まりの不自然さや、大人同士が5年も一緒に暮らしていて何も気づかないとは…という疑問など、設定にリアリティを欠き、共感できないことだろう。実在の事件にインスピレーションを得たといっても、どうにも感情移入できなかったのは事実。タイトルの“嘘を愛する”危険な運命というニュアンスも少し違う気がする。謎めいた疑惑で始まるが、着地点は少々拍子抜けしてしまった。長澤まさみ演じる由加利と、吉田鋼太郎扮する探偵のバディ・ムービーとして楽しむと、意外な味わいがあるかもしれない。
【50点】
(原題「嘘を愛する女」)
(日本/中江和仁監督/長澤まさみ、高橋一生、吉田鋼太郎、他)
(ラブストーリー度:★★★☆☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ