おいしい生活 [DVD]おいしい生活 [DVD]
◆プチレビュー◆
異様にモテる神経質なインテリ役が多かったアレン。今回はサエないドジ亭主。似合うゾ!

自称天才泥棒の夫レイと毒舌家の妻フレンチーは、仲間と銀行強盗を企てる。しかし、カムフラージュに始めたクッキー屋が大当たり。思いもよらず大金持ちに。念願のリッチな生活が始まるが…。

解りやすいキャラの登場人物と笑いのセンスは、古典落語を味わっているような気分。W.アレンは古き良きアメリカ映画のドタバタ・コメディを意識したギャグの連発で、身振りや手振りはジャック・レモンばりの可笑しさ。天才的に口が悪い上流志向の妻フレンチー役の“アメリカで一番笑わせる女”と異名をとるT.ウルマンとの、ボケとツッコミのかけあいは上方漫才を思わせる。

ケガの巧妙の大成功で、夫婦とその仲間達は、あれよあれよと大金持ちになる。しかし、念願のリッチでハイソな生活が始まってからは、むしろシニカルな展開だ。衣食住足りて、生活に余裕が出てきたら、次なる目標は教養。お金で買いにくいもののひとつに知性や品格があるが、皮肉屋アレンはそこを逆手にとって笑わせる。大金持ちを夢見ていたはずの夫婦二人の価値観が、どんどんズレていく。

ハリウッド嫌いのアレンの映画が、スピルバーグのドリームワークス配給?!こんな疑問も、映画の出来さえ良ければ些細なことだ。ワインの銘柄は知らなくても、肉団子入りのスパゲッティをうれしそうに食べてくれる愛しい夫と、口は悪いが、とびきり美しい夕焼けを一緒に見たい唯一の女性の妻。まだ若い頃、ドジな亭主が教えてくれた金庫破りの方法は、大切な愛の証。そんな二人は世界に一対しかないカップ&ソーサーで、代替品はない。ケンカばかりしていてもやっぱり仲がいい夫婦の絆を感じて、思わずハッピー。大笑いして、ちょっと心配して、でも最後にはちゃんと丸く収まってくれる。アレンらしい上手いオチもついて、めでたし、めでたし、なのだ。

□2000年 アメリカ映画 原題「Small Time Crooks」
□監督:ウッディ・アレン
□出演:ウッディ・アレン、トレーシー・ウルマン、ヒュー・グラント、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/