レッド・ドラゴン [DVD]レッド・ドラゴン [DVD]
◆プチレビュー◆
米国の若手実力派E.ノートンも、これだけ優秀な英国人俳優たちに囲まれては、さすがに少し影が薄かった。「羊…」よりも前の出来事を、10歳以上老けたちょっと太めのホプキンスが演じるのは矛盾だが、この役をいったい他に誰が演じられようか。

殺人鬼レクター博士を命懸けで逮捕したFBI捜査官グレアム。心と身体に大きな傷を負い、FBIを引退していたが、新たな連続殺人事件が起こったため、やむなく復帰し再びレクターと対面する。“レッド・ドラゴン”と呼ばれる犯人を追うことになるが、レクターは巧妙な手口でグレアムと彼の家族を危険にさらす…。

ブレッド・ラトナーが監督で大丈夫なのか?!これが今回の最大の懸案事項だった。ジョナサン・デミ、リドリー・スコットと続いて、次が「ラッシュ・アワー」のラトナーとは、誰もが首をかしげただろう。だが、その心配は杞憂に終わってくれた。なかなか良く出来ているではないか。但し、美しき駄作「ハンニバル」に比べてだが。

精神科医レクターはグレアムと刺し違えた後、牢獄に入っているが、新たな事件の解決のために彼の明晰な頭脳が必要とFBIは判断した。よって、時代的には最初に当たるが、みたびサー・アンソニー・ホプキンスの登場となる。オラ、オラ、レクター博士のお通りだい!というわけだ。本作はシリーズ第1作にして完結編とのこと。「羊たちの沈黙」「ハンニバル」の前2作につながる伏線や、見覚えのあるキャストも登場するので、鑑賞前に予習しておくと、より楽しめる。

人間は慣れる動物なのか、シリーズも3作目ともなると怖さは随分薄れるものだ。レクターが出す料理の素材が何なのかということや、彼の並外れた知性を観客は既に知っているし、今回の犯人“レッド・ドラゴン”の正体も早い段階で明かされる。この映画のテーマは謎解きではなく、映画史上、最も魅力的な悪の化身レクターと、聡明な元FBI捜査官グレアム、更に悲しい過去を持つ犯人の三つ巴の物語。それは、同じ思考回路を持つ者たちの、スリリングで愛憎紙一重の駆け引きなのだ。

演技派俳優勢揃いで息が詰まりそうだが、犯人を演じるR.ファインズの鬼気迫る演技が特に凄い。トラウマを背負った複雑な人間心理に加え、盲目の女性との愛という未経験の感情に戸惑う姿が絶妙だ。少年期の背景の描き込みがやや浅いが、この程度にしておかないと、この話の主役がレクターとグレアムから、犯人へと移りかねない。この作品、実は切ない恋愛モノなのかも…と観客に勘違いされては困るのだ。このシリーズはあくまでレクターという超絶な“絶対悪の象徴”が中心なのだから。

カニバリズム(人肉食い)を描いた作品は他にもあったが、それは、生きるためであり、魂を得る精神世界のためだった。ハンニバル・レクターは全く違う。自身の桁違いの美意識に基づいて“好きでやっている”ところが凄いのだ。そんな人知と常識を越えた彼の前では、人間の情愛など何の意味もないが、それでも理解し合える同類を待っている。宿敵であろうと自分と五分に渡り合い、奇妙な親愛の情を共有できる人物。それが、グレアムであり、後に登場するクラリスなのだ。

□2002年 アメリカ映画 原題「RED DRAGON」
□監督:ブレッド・ラトナー
□出演:アンソニー・ホプキンス、エドワード・ノートン、レイフ・ファインズ、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/