ボウリング・フォー・コロンバイン マイケル・ムーア アポなしBOX [DVD]ボウリング・フォー・コロンバイン マイケル・ムーア アポなしBOX [DVD]
◆プチレビュー◆
ドキュメンターは地味だが、大好きなジャンル。中でも本作はアプローチの面白さと今の不穏な社会情勢に合致して無視できない1本。

1999年4月20日、米国コロラド州のコロンバイン高校で、生徒2人が銃を乱射、13人を殺害した後、自身も自殺するという衝撃的な事件が発生した。全米は震撼し、映画やTV、ゲームの暴力的表現が原因だ、家庭の崩壊、高い失業率、建国以来の暴力の歴史のせいだとヒステリックに騒ぎ立てた。だが本当にそうなのか?そもそも、なぜ米国だけが銃犯罪が多発するのか?この疑問を独自のスタンスで追求する男がいた。

その人物の名はマイケル・ムーア。現在、アメリカで最も影響力を持つジャーナリストで、著書も爆発的な売れ行きだ。巨体を包むのはヨレヨレのTシャツにジーンズ、野球帽。この憎めない風貌でアポなし突撃取材を敢行し、企業や個人にインタビューを繰り返す。その様子はまるでゲリラ戦法だが、ムーアの武器は笑いとカメラだ。とぼけたルックスの彼の口調はソフトだが、その内容は非常に知的で鋭い。

多くのインタビューと共に、徐々に病んだ米銃社会の矛盾した姿が浮き彫りになる。先にあげた各メディアが挙げた事件の原因と思われる要因の実態は、ことごとく覆される。ゲームは日本の方が進んでいるし、家庭崩壊は英国の方がひどい。民族の残酷な歴史はドイツが、銃の保有率と失業率はカナダの方が上だ。なのに米国の銃犯罪による死亡率はダントツで世界一。世界で1番はいいが、この数字はいかがなものか。

テーマは極めてシリアスなのに、大いに笑えるのがまず驚く。社会派ドキュメンタリーでありながら娯楽映画としても一級品なのだ。もっともそのユーモアにはたっぷり毒が含まれているから要注意。インタビュー以外にもニュース映像やアニメなどを盛り込んだ構成は、スピーディで飽きさせない。武力行使をまくしたてるブッシュ大統領もここでは一人のタレント扱い。名曲「この素晴らしき世界」の使い方も見事だ。

自らも全米ライフル協会の会員であるムーアは、銃規制にも銃擁護にも一定の理解を示す中立の立場で取材を行うが、ライフル協会の会長にして大物俳優のC.ヘストンの豪邸でのインタビューは見ものだ。先ごろ、自らのアルツハイマー病を公表した彼は名作「ベン・ハー」のポスターを背に座り、ムーアの質問に追い詰められていく。言葉につまり、終いには一方的に席を立つ彼に、戦車を駆り、紅海を二つに割った威厳はどこにもなかった。

最も印象深いのは、犯人が愛聴していたハード・ロック歌手のM.マンソンだ。彼はグロテスクな風貌とパフォーマンスで知られるが、この事件をアメリカ人が互いに抱く恐怖に基づくと分析する。そしてその恐怖が消費と結びつき、大企業の利益を生む社会構造を見抜いているのだ。少年を銃に向かわせた責任の一端を背負わされた形の彼が、これほど冷静で的確に事件を俯瞰しているとは。さらに、もし犯人に会うとすれば?という問いには、彼らに話をするのではなく彼らの言う事に耳を傾けると言う。死や暴力を歌うマンソンのインタビューは、この記録映画の白眉と言えよう。

銃による被害者を引き連れて、大手スーパーでの弾薬の販売を止めさせてしまったムーア。どんなインテリにも成し得なかった快挙で、この作品のパワーの一例だ。不屈のジャーナリスト魂が炸裂する本作は、明快な結論は提示しない。世界最強国を蝕む不寛容と暴力を改めて考える時が来ている。タイトルは犯人が事件の朝、ボウリングを楽しんでいたことに由来する。4月20日。その日はヒトラーの誕生日だ。カンヌ国際映画祭55周年記念特別賞という新しい賞を設置させてしまったほどのリアル・エンターテイメントの力を、その目で確かめてほしい。

□2002年 カナダ映画 原題「Bowling for Columbine」
□監督・脚本・主演:マイケル・ムーア
□出演:チャールトン・ヘストン、マリリン・マンソン、ジョージ・W・ブッシュ、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/