おばあちゃんの家 [DVD]おばあちゃんの家 [DVD]
◆プチレビュー◆
2002年アジア・フォーカス福岡映画祭にて上映された作品。ラスト、糸を通した沢山の縫い針を残していく場面に思わずもらい泣きした。だが、叱るということも大切だと思う!

母親の就職先が見つかるまでの間、田舎の祖母の家に預けられた都会っ子のサンウ。不便な田舎暮らしと、口もきけず読み書きもできないおばあちゃんのことをバカにする少年はわがまま放題だ。そんな孫をひたすら見守り、愛情を注ぎ続けるおばあちゃん。だが、ある事件をきっかけに、少年は祖母の優しさに気付きはじめる…。

今の教育では基本的に体罰は禁止されているかと思うが、「一回、ハリたおしてやろうか、このガキは!」と本気で思うほど、甘ったれで自分勝手な少年サンウがこの物語の主人公だ。大都会のソウル育ちで豊富なモノに囲まれて育っている。どうやら、母子家庭で親にかまってもらっていないという背景が見え隠れするが、だからといって同情する気にはなれない。正直言って、見ていてウンザリした。

おばあちゃんは口がきけず文盲という設定なので、いっさいセリフはない。聞けば、この役のキム・ウルブンは映画というものを見たことすらなかったとか。村の暮らしぶりや心根は、物語の設定そのもののような人物なのだろう。決して叱らず、自分ができる精一杯のことをサンウにしてあげるおばあちゃん。手のつけられない孫の少年を無償の愛情で包む姿は、ちょっと表現は大げさだが、後光がさして見えた。

サンウ少年は、祖母の作った料理には手もつけず持参した缶詰を食べ、ゲーム機で遊び、祖母の靴を隠したり、髪飾りを盗んだりする。村の子供に嘘をついてからかい、暇つぶしのつもりだ。無理を承知で「ケンタッキー・チキンが食べたい。」と言って祖母を困らせると、チキンだけは判ったおばあちゃんはかぼちゃとひきかえにニワトリを手に入れて丸ごとゆでる。もちろんサンウはゴネるが、鳥を手に入れるため、雨の中を出かけたおばあちゃんが体調を崩したのをきっかけに少しずつ変わり始める。自分のわがままを反省するというより、周囲の優しさに気付いたのだ。映画の中には様々なエピソードが盛り込まれ、それが観客の共鳴を生み、次第に目頭を熱くする。

少年の日のひと夏の思い出という映画の定番のスタイルをとっていて、同年代の友人との友情や、淡い恋心なども織り込み、主人公が田舎暮しになじみ始めた頃に別れが訪れる、これまたセオリー通りの展開。おばあちゃんの愛情は決して見返りを求めないもの。少年はちょっぴりいい子になるが、劇的に変わるわけではない。元の生活に戻れば、やがて山の暮らしは遠い思い出となって薄れてしまうだろうが、祖母の愛情は、心の中のふるさととして温かく記憶されていく。

性善説を基本とする儒教社会の韓国とはいえ、おばあちゃんの愛の形は、現実世界では功罪相半ばだ。山の中の、いわば異空間だからこそ成り立つ世界だろう。非常に東洋的ともいえる愛情表現を丁寧に描写しながら、感動と郷愁を誘う本作。場所は山の中ではなくとも、子供の頃、理由もなく周囲の人を困らせた経験は、誰にでもあるはずだ。いつも寂しげな悲しい顔をしているおばあちゃんがしばしば見せる、胸に手をあてて回すようにする動作がある。感謝、許し、安心…。いつだって自分はここにいるよと言っているかのようなこのしぐさが、映画の全てを語っていた。判っちゃいるけど泣かされる。この典型的なパターンに、またしてもやられてしまった。

□2002年 韓国映画  原題「The Way Home」
□監督:イ・ジョンヒャン
□出演:キム・ウルブン、ユ・スンホ、ミン・ギョンフン、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/