マトリックス レボリューションズ [DVD]マトリックス レボリューションズ [DVD]
◆プチレビュー◆
結構楽しんだクセに、なんだかんだと文句を言うのは心苦しい。でもこれもひとえにマトリックスに対する期待が大きいからなのだ。やっぱり驚きとエンタメ度は第1作が一番だ。

機械vs人間の壮絶な戦闘もいよいよ最終段階へ。人類の救世主として覚醒したネオは、激しい戦いの果ての昏睡状態の後、目を覚ます。自分自身とマトリックスの謎を追求するネオ。一方、人工知能から人類最後の都市ザイオンの場所を特定されてしまい、互いの存亡をかけた戦いが始まる…。

思い切りよく広げた大風呂敷をいったいどうやって畳むのか。もはや興味はこの一点につきると言っても過言ではない。ネオの運命は。トリニティーとの愛は。人工知能と人類の闘いの勝者はいったいどちらなのか。その全てに明確な答えを出し、スッキリさせてもらえるかと思ったら、そうは問屋がおろさない。シリーズ最終章ともなれば、なんとかして辻褄を合わせねばならないからツラいのは判るが、禅問答のような会話の連続で、決定的にアクション不足なのである。主要キャラであるネオ、トリニティー、モーフィアスの3人は、殆ど職務怠慢で、寝そべっていたり、怪しげな駅に閉じ込められていたり、せいぜい宇宙船ホバークラフトを操縦するくらい。身体をはったアクションの割合は前2作に比べて飛躍的に落ちてしまった。

アクションの山場のひとつは、流線型の動きも見事なイカ型ロボット、センティネルズと人類最後の地下都市ザイオンの軍の激闘。すさまじい物量作戦で、迫力のバトルを繰り広げる。ネオが救世主であることが確定しない以上、勝敗の行方は謎で、思わず手に汗を握るのだが、落ち着いて考えてみれば、このテの戦闘シーンは普通のSF映画のバトルと同じ展開なのだ。カンフー重視のマトリックス的興奮とは別モノなので、何も固唾を飲んで見守るほどのことではない。

魅力的にデフォルメされた数多くの新キャラが多く登場したリローデットと違い、本作では新顔は僅かだ。元々リローデットとレボリューションズはひとつの作品で、無理に2つに分けたという事情を考慮すると、これはいたしかたないことだろう。レボリューションズの数少ない新キャラのひとつであるデウス・エクス・マキナは、いわば機械の大ボス。この究極のマシンとの取引により、セッティングされるのが、ネオと宿敵エージェント・スミスとの対決だ。このあたりの脚本は巧みである。

暴走プログラムであるスミスの正体が判るのは本作の大きな収穫で、豪雨の中での二人の対決はビジュアル的にも文句がない出来栄えだと思う。ブレッド・タイム、いわゆるマシンガン撮影を駆使した全方位型のアクションは、大胆で繊細な水の描写とともに、観客の期待に十分に答えていた。マトリックスは何でもありの仮想空間なのだから、どんな非常識な動きも美しければノー・プロブレムである。結局このシリーズの最大の魅力は、凝りに凝った映像で魅せる超絶技のアクションなのだ。それが見たくて観客はこの映画を見るのであって、細かくて回りくどい理屈はウザいだけだ。

人間をエネルギー源とする人工知能が、それを悟られないために築いた仮想空間がマトリックス。リアルとバーチャルの2つの世界が同時に存在し、その位置関係やシチュエイションが画期的なのだが、レボリューションズでは2つの世界をつなぐ中間地帯の存在である駅が登場する。モバイル・アベニュー(携帯通り)と名付けられているのが、現実と妙にリンクしているようで興味深い。綿密に計算してプログラムしたつもりでも、不意に湧き出る人間の不確定要素は、犠牲や共存というバージョンアップを繰り返しながら存在しているのである。

一種の大団円ともいえるラストに向かって加速する物語の隙間に、しばしば出てくる言葉が“愛”と“選択”。人はある局面に立ったとき何らかの選択を迫られるが、その判断を正しいと確信するためには愛が不可欠なのだ。そうでもなければこのシリーズに落とし前は付かない。多分にキリスト教的なネオの運命は十分に予測可能なものだろう。“愛は世界を救う”などというスベりそうなオチじゃないだけ救われるが、最後に打ち上げられた花火は案外地味で平凡だったというワケだ。あぁ、祭りのあとの寂しさよ。

□2003年 アメリカ映画  原題「The Matrix Revolutions」
□監督:ウォシャウスキー兄弟
□出演:キアヌ・リーブス、キャリー・アン・モス、ローレンス・フィッシュバーン、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/