父と暮せば 通常版 [DVD]父と暮せば 通常版 [DVD]
◆プチレビュー◆
戦争レクイエム3部作は全て素晴らしい出来なので、機会があれば是非見てほしい。宮沢りえは方言のセリフをやらせると本当に上手い。

広島の原爆投下から3年後。一人暮らしの美津江の前に父・竹造の幽霊が現われる。愛する人々を一瞬で失い、一人生き残ったことに負い目を感じる娘を心配してのことだ。美津江は原爆の資料を集める木下青年に好意を抱いているのだが…。

日本映画界のベテラン黒木和雄監督の“戦争レクイエム三部作”の完結編に当たる本作は広島が舞台。前2作は、長崎の原爆投下の前日を描く「TOMORROW/明日」、監督の出身地の宮崎県を舞台にした「美しい夏キリシマ」だ。直接的に戦闘を描くのではなく、市井の人々の心情と痛みを丁寧にすくいとることによって、戦争への憤りを浮き彫りにする手法は3作ともに共通している。

父と娘の、まるで漫才のような掛け合いがユーモラスな前半と、深く鋭く戦争の傷跡をえぐっていく後半のメリハリが鮮烈だ。ほとんど二人芝居で、まるで演技合戦のような濃密な空気が漂う。恋愛に後ろ向きな娘の美津江を演じる宮沢りえの繊細な演技は特に素晴らしく、自分は幸せになってはいけないと思い込む気持ちと幸福になりたいと願う相反する心情が、見事に表現されている。その中には、被爆女性の結婚へのとまどいと不安もあり、見るものの胸を締め付けるだろう。

井上ひさしの秀作戯曲を出来るだけ忠実に映画化したというだけあって、非常に演劇的香りの高い映画だ。やや説明調で大仰なセリフや、限定された空間での長いやりとりなど、多分に演劇の要素があるが、だからこそ、原爆の一瞬の閃光や緑の林など、時折挿入される映画的演出が効果を挙げている。特に、家の上部が原爆ドームへと続くラストシーンは、さすがはわざわざ映画化するだけのことはあると唸るほど美しい出来栄えだ。

父親の幽霊をすんなり受け入れる状況から、この父の存在が娘の心から生まれ出た幻であることは映画の冒頭で理解できるだろう。幸せになってはいけないと、将来のある若い女性に思わせるほど、苛烈であった原爆投下の地。死ぬのが当たり前で生き残ることの方が不自然な状況という異常性を理解した上でなお、死んだものの分まで生きてほしいと願わずにはいられない。見終われば、父も娘も家さえも全てが幻影のような浮遊感漂う幽霊譚なのだが、この作品の反戦メッセージは何よりも強く深い。

8月6日は広島の、8月9日は長崎の原爆記念日。年月は経ってしまったけれど、広島や長崎の原爆について、無関心でいられる人などいないはずだ。

□2004年 日本映画
□監督:黒木和雄
□出演:宮沢りえ、原田芳雄、浅野忠信、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/