ネバーランド [DVD]ネバーランド [DVD]
◆プチレビュー◆
ケイト・ウィンスレットは上手い女優だが、病に倒れるにはたくましすぎないか?!どうにも死にそうには見えない。映画は、昨今流行の「泣かせてみせようゾ!」のメロドラマとは格が違う奥ゆかしさだ。見習おう、韓国映画!

1903年のロンドン。スランプ気味の劇作家ジェームス・バリは、ある日、公園で美しい未亡人とその4人の息子たちに出会う。風変わりで子供のように夢見る心を持つバリは少年たちとすぐに仲良くなるが、三男のピーターだけは心を閉ざしていた…。

「ピーター・パン」は誰もが知っている有名なおとぎ話だが、この物語が誕生するきっかけは、かなりビターなもの。映画を見ると「ピーター・パン」の物語は現実逃避などでは決してなく、悲しみは自らの力で乗り越えねばならないというメッセージが切実に伝わってくる。

劇中にはファンタジックな場面がいくつか登場するが、夢物語や浮ついたハッピー気分とは無縁の演出だ。このさじかげんが絶妙。バリとシルヴィアの恋愛をプラトニックにしたことも、映画の質を上げた要因だろう。現実は厳しく、芝居ひとつで変わるものは何もないが、想像力がもたらす心の豊かさは誰も否定できないはずだ。

実在の劇作家ジェームス・M・バリを演じるジョニー・デップが素晴らしく上手い。この人はブッ飛んだ役をやらせてもイケるが、ノーブルで古典的な役も巧みな役者なのだ。少年の面影を残しながらも、どこか冷めた表情が功を奏しているのだろう。

ピーターが心の悲しみを吐露する場面、病床のシルヴィアに芝居を見せる場面。お勧め箇所は沢山あるが、緑をふんだんに用いて色彩構成された映像にも注目だ。現実から空想の世界へと遊ぶ大人のバリと、空想を捨てて必要以上に大人びるピーター。2人の心が触れ合ったとき、ネバーランドの世界が生まれた。この映画、秀作である。

□2004年 アメリカ・イギリス合作映画  原題「Finding Neverlnd」
□監督:マーク・フォスター
□出演:ジョニー・デップ、ケイト・ウィンスレット、ダスティン・ホフマン、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/