奥さまは魔女 [DVD]奥さまは魔女 [DVD]
◆プチレビュー◆
元祖サマンサはエリザベス・モンゴメリー。当時の映像との合成でもいいから、ニコールと共演してほしかった。フェレルは米国では大人気コメディアンで、コメディではニコールより格上。

イザベルはTVドラマ「奥さまは魔女」のサマンサ役に大抜擢。ダーリン役のジャックは自分が引き立つために、この役を新人にやらせようとの企みだったが、実はイザベルは普通の恋にあこがれて人間界にやってきた本物の魔女だったのだ…。

フランスでバネッサ・パラディを主演に数年前にリメイクされたのが、往年の人気TVドラマ「奥さまは魔女」。何とも中途半場な駄作に終わった仏版とは違って、今回は、TVドラマとしてリメイクする様子を映画にするという変化球だ。なかなか上手い設定である。

映画の魅力の大半を占めるのは、久しぶりにかわいい役を演じるニコール・キッドマン。鼻をピクピクするお馴染みの仕草と、ポップな色彩の衣装が楽しい。魔女と普通の人間の恋物語だが、ハッピーエンドはもとから読める。ただし、主役二人の恋愛成就以外は、相当にいいかげんな終わり方だ。とりあえずニコールの魅力にひたろう。

旬の女優の肩肘張らない演技を安心して楽しめるが、脇役も実は豪華。特に魔法界のプレイボーイで、イザベルの父を演じるマイケル・ケインが最高だ。スーパーの食料品のパッケージにことごとく姿を変えて現れ、あれこれと会話する場面は一番のお気に入りだ。監督は「ユー・ガット・メール」の女性監督ノーラ・エフロン。いい意味で、頭を使わずに気楽に楽しめる娯楽作と言えるだろう。

□2005年 アメリカ映画 原題「Bewitched」
□監督:ノーラ・エフロン
□出演:ニコール・キッドマン、ウィル・フェレル、マイケル・ケイン、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

奥さまは魔女@ぴあ映画生活