ヘイフラワーとキルトシュー [DVD]ヘイフラワーとキルトシュー [DVD]
◆プチレビュー◆
かわいい作品だが、世界中の映画祭で山ほど賞をとっているからすごい。パン生地セラピーの場面が最高。

パパはじゃがいもの研究、ママは家事が全くダメ、5歳の妹キルトシューは超ワガママ。こんな一家の中で7歳になるヘイフラワーはただひとりのしっかりものだ。変人のご近所さんとのつきあいも含めて、彼女の負担は大きい。ヘイフラワーは近づいた自分の小学校入学にそなえてなんとか家族をまとめようとするが…。

常識とは無縁の家族をまとめる唯一の“常識人”ヘイフラワーが、我慢の限界を超えた時、彼女のストライキがはじまる。いい子の彼女の反抗スタイルは、全く口をきかず、自分勝手な行動に出ることだ。ヨーロッパらしいのは、親と子どもがある程度、距離を置いて生活していること。子どもに全てを捧げる日本の親とは違って、自分中心の大人たちが笑える。

北欧は児童文学の宝庫だけあって、子どもを描かせると実に上手い。原作の童話は全10巻からなる超人気シリーズで、ノポラ姉妹によるもの。原作者、監督、主人公と全て女性の感性が息づく作品となっている。耳慣れない不思議な響きのフィンランド語が音楽のようだ。

風変わりな大人たちのキャラも楽しいが、衣装や家具など、小道具が最高にポップで可愛い。さらに、おおらかで美しい自然に癒される。日本人にはなじみが薄いフィンランドだが、ムーミンの国といえばピンときた。カウリスマキだけじゃない。なかなか魅力的な国ではないか。

□2002年 フィンランド映画 原題「Hayflower and Quiltshoe」
□監督:カイサ・ラスティモ
□出演:カトリーナ・タヴィ、ティルダ・キアンレト、アンティ・ヴィルマヴィルタ、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/