エリザベスタウン [DVD]エリザベスタウン [DVD]
◆プチレビュー◆
キルスティン・ダンストは目つきが悪く可愛くない女優だが、おせっかいで変わり者のこの役では、とても魅力的。ただ、業務そっちのけで特定の客の世話をやくスチュワーデスというのは、いかがなものか?!

靴デザイナーのドリューは開発プロジェクトに失敗。想像もできない額の負債の責任をとらされ会社を解雇されてしまう。恋人にも去られ、さらに追い討ちをかけるような父の死の知らせ。自殺も覚悟の失意の彼は、小さな田舎町である故郷エリザベスタウンに向かう。そこで彼が出会ったものは…。

キャメロン・クロウ監督の映画は、いつだって音楽センスが抜群だ。それは彼自身が音楽評論家出身であることとも関係するが、何よりも映像に対する美意識が鋭いのだと思う。みずみずしい感覚は彼の最大の持ち味で、本作でも十分に生かされている。

大仰な役が多かったオーランド・ブルームを、挫折して落ち込んだ現代青年として再構築。本作で、この俳優の資質の素晴らしさが見えるはずだ。天然ボケのコメディセンスさえ感じるのは、独特の雰囲気を持つキルスティン・ダンストとの掛け合いの演技で生まれた魅力だと思う。

都会で生活に疲れ、田舎街の故郷で再生する物語は珍しくないし、展開も少々甘いのだが、その語り口が新しい。この映画は一種のロード・ムービーだが、旅が始まるのはラスト30分からという異例のスタイル。だがその旅はすこぶる内容が濃く、素晴らしくも忘れられないものなのだ。

□2005年 アメリカ映画 原題「ELIZABETH TOWN」
□監督:キャメロン・クロウ
□出演:オーランド・ブルーム、キルスティン・ダンスト、スーザン・サランドン、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/