ジャーヘッド [DVD]ジャーヘッド [DVD]
◆プチレビュー◆
湾岸戦争という“地味”な戦争を素材に、近代戦の盲点を突くストーリーがすばらしい。ノリにノる俳優ジェイク・ギレンホールがいい味を出している。

海兵隊員に憧れる若者スオフォードは、厳しい訓練に耐えた末に、狙撃兵として湾岸戦争に従軍する。希望に燃えて砂漠地帯にやってはきたが、そこには銃を向けるべき敵がいない。当面の任務は、油田を守るという名目の“待つ”任務だった…。

湾岸戦争を背景にした元兵士の回顧録を映画化したこの映画は、極めてユニークな戦争映画だ。狙撃兵となった主人公は、遂に最後まで誰も殺さない。こんな戦争映画、今までに見たことがない。どこか滑稽な戦争の結末も、かつてない演出だ。

湾岸戦争を扱った映画には「スリー・キングス」があるが、本作と共通する演出はMTV的感覚にあふれたグルーヴ感。人命を奪う感覚は極めて薄い。一方、世界中の人々は遠い安全な場所にいながら、テレビで常に流される戦闘を見続ける“観客”だ。生と死を実感できなくなってゆくことに、本当の恐ろしさがある。

イラクのクウェート侵攻は、アメリカにとってハイテク戦争の始まりの合図だった。石油産出地帯に強引に乗り込む米国軍という構図は国家間のかけひき。だが、底辺には名もない兵士たちの真実がある。退屈と孤独が狂気を生み、底知れない虚無へとつながる。人間性を破壊された主人公は、戦争が終わっても決して戦地から逃れられない。誰も殺していない。だが自分自身を殺してしまっていたのだ。

□2005年 アメリカ映画 原題「Jarhead」
□監督:サム・メンデス
□出演:ジェイク・ギレンホール、ピーター・サースガード、ジェイミー・フォックス、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/