クラッシュ [DVD]クラッシュ [DVD]
◆プチレビュー◆
前評判通りの秀作で大いに満足。サンドラ・ブロックにドン・チードル、ブレンダン・フレイザーと聞くとコメディ映画になりそうな気がするが、中身は超シリアスだ。最近売れっ子のテレンス・ハワードにも大注目。

深夜のロサンゼルスのハイウェイで、交通事故が発生。黒人刑事が担当することに。平凡に見えたその事故には様々な人間の運命がからまっていた。雑貨店を経営するペルシャ人、黒人の若いチンピラ、裕福な白人夫婦、人種差別主義者の警官とそれを嫌悪する相棒。それぞれの運命は少しずつつながり“衝突”が繰り返され、思わぬ方向へ。そして一発の銃声が鳴り響く…。

すばらしく良く練られた脚本の群像劇だ。テーマは人種差別と偏見。暗く重い主題だが、映画はただの悲劇にはなっていない。10人を軽く超える主要キャストは、それぞれが知らないうちに運命を共有していた。そのことを私たち観客がいち早く知ることで、物語に強く引き込まれる。

人種のるつぼであるLAでは偏見から生じる事件は後をたたないのだろうか。しかし映画の中の登場人物がそうであるように、善と悪を併せ持つのが人間の本来の姿ならどこかに解決の糸口が見えるはず。それをどう活かすかはその人次第だ。多くの印象的なエピソードが描かれるが、マット・ディロン演じる人種差別主義者の行動と、ペルシャ人男性が放つ銃弾の結末は、映画の希望の光となって心に残る。

監督は「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本家のP.ハギス。これが初監督作とは思えないほどの力だ。多彩な登場人物を一切無駄なくさばいて心に響く作品を生み出す才能に、アメリカ映画の底力を見た。

□2005年 アメリカ映画 原題「CRASH」
□監督:ポール・ハギス
□出演:ドン・チードル、サンドラ・ブロック、マット・ディロン、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/