ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション [DVD]ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション [DVD]
◆プチレビュー◆
アン・リーのフィルモグラフィーの一貫性のなさが、何よりも興味津津。ヒース・レジャーのモゴモゴした口調がマーロン・ブランドのようで、ちょっと苦笑いした。

60年代のワイオミング州ブロークバック・マウンテン。季節労働者として働くカウボーイのイニスとジャックは、羊の放牧という過酷な労働の中で、いつしか精神的にも肉体的にも結ばれる。妻と子を得ても互いを忘れられない二人は、年に数回の秘密の逢瀬を20年以上続けるが、それは決して許されることのない愛だった…。

同性愛のカウボーイの不倫話。一歩間違えるときわものになってしまうこの題材を、台湾出身のアン・リーが手がけたことにまず驚く。見事な秀作に仕上がっていて再び驚嘆。さらに、大本命と言われながら今年のオスカー作品賞を逃すという事態も加わり、とことん観客を驚かせてくれる作品になった。出来ばえは見事のひと言。そもそもゲイのカウボーイの話がなぜこんなに胸を打つのだろうか。

妻たちの立場になれば、主人公を全面的に肯定できない人もいるだろう。だが、保守的な時代と男らしさが尊ばれるカウボーイの世界で、異端の愛情を貫きとおすことがどれほど困難か。どんな障害に行く手を阻まれても、自分を貫く二人の生き方は、ある意味でアメリカ人の理想とするところだ。美しい大自然を詩情豊かに描写したカメラが素晴らしく、こちらもアメリカの魂のような風景。同性愛という少数派の生き様が見る人全ての心に響くのは、この映画が、理想の中で生まれる暴力と悲劇の実態を品格を持って描いているからだ。

ブロークバック・マウンテンとは、理想郷の象徴。そこには二度と戻れないことを二人は知っている。唐突にやってくる永遠の別れから、イニスとジャックのシャツが重なり二度と離れないと誓うラストまで、静かな感動は一気に頂点へ。寄り添うように流れるギターのメロディが物語を忘れられないものにしている。

□2005年 アメリカ映画 原題「BROKEBACK MOUNTAIN」
□監督:アン・リー
□出演:ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール、ミシェル・ウィリアムズ、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/