タブロイド [DVD]タブロイド [DVD]
◆プチレビュー◆
マスコミの真実を映画化したものとしてはかなり上質なもの。南米の監督にはハリウッド・デビューしてもそのテイストを変えないでほしい。

子供ばかりを狙う連続殺人犯“モンスター”を追って、マイアミから南米エクアドルにやってきた人気TVレポーターのマノロ。偶然に目撃した事件の被害者で、無実の罪で投獄された男ビニシオは、マノロに、TVで自分の無実を訴えてくれれば、殺人犯の情報を教えると提案を持ちかける…。

エクアドルで半年以上もロングラン・ヒットを記録した本作は、サンダンスやカンヌなどの国際映画祭で熱い注目を集めた。物語はエクアドルとコロンビアで実際に起きた、複数の連続殺人事件から着想を得ている。慢性的な貧困とあまりに簡単に失われる命。そんな過酷な環境の中で、人間の二面性を描写した本作の視点は非常に鋭い。

いつのまにか人の心をつかんでしまう謎の男に翻弄されながらも、マスコミ界での名声に目がくらみスクープ欲に支配される主人公。家族思いで聖書販売員のビニシオは連続殺人犯かもしれないという疑惑がミステリアスだ。

心の中の善と悪。美しい自然と暴力や犯罪。相反する二つのものの存在は、人の心も社会も同じだ。この映画は、そこから生まれる不条理を描いて容赦ない。ザラついた映像が南米の社会問題まで浮き彫りにする。観客に媚びないリアルで苦いラストを見れば、ラテン・アメリカの映画界とそこから生まれる力強い作品にもっと注目すべきだと誰もが感じるはずだ。

□2004年 メキシコ・エクアドル合作映画 原題「CRONICAS」
□監督:セバスチャン・コルデロ
□出演:ジョン・レグイザモ、レオノール・ワトリング、ダミアン・アルカザール、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/