ボルベール<帰郷> コレクターズ・エディション
◆プチレビュー◆
殺人や幽霊などがさらりと登場するが、主題は女が生きるということ。笑いと涙、驚きの秘密とは?ペネロペが最も輝くのは、やはりスペイン映画だ。 【85点】

ライムンダは失業中の夫の代わりに働く気丈な女性。ある日、義理の娘パウラに乱暴しようとした夫を、誤って娘が殺してしまう。殺人を隠し娘をかばうライムンダ。そんな時、彼女は、ある理由から拒み続けた亡き母の噂を聞く。それは、遠い昔に焼死した母イレネの幽霊が現れるという奇妙なものだった…。

男性の影が極めて薄い、徹底した女性映画だ。女たち、とりわけ母の力強さが物語をグイグイ引っ張る。この映画には6人の主要女性キャラが登場するが、彼女たちは皆、たくましくてセクシーだ。中心はライムンダとその母イレネ。映画冒頭の、強風の中で墓を掃除する場面が、女たちの人生の過酷さを物語る。舞台は、ドンキホーテゆかりの場所で、迷信深いラ・マンチャ地方だ。ここでは、幽霊が現れるのはよくあることらしい。

アルモドバルの故郷であるラ・マンチャの精神風土は、生者と死者が共存するおおらかなものだ。幽霊が出てもなぜかみんながすんなり受け入れるようなおかし味は、アルモドバル映画の特徴でもある。悲しみの中に笑いが含まれ、上品さと下品さが仲良く同居。劇中で殺人も起こるが、悲壮感や罪深さは全くない。むしろ、冷凍庫に夫の死体を隠す手際の良さと、死体を隠したままレストランを買取りテキパキと営業してしまうライムンダの生活力の高さが目を引いた。ごちゃまぜのまま物事を受け入れて面倒を見てしまうこの感覚が、ラテンの懐の深さに思える。こんな国でなら、幽霊とだって仲直りできそうだ。

母、娘、孫。3世代の中心にいるライムンダは、母であると同時に娘である。だからこそ、ままならない人生も、たくましく生き抜き、喜びを見い出す術(すべ)を知っている。ライムンダの秘密と、もっと衝撃的な母の秘密は、極めて悲劇的なものだが、それすらも大きな生命力で収束してしまうのがアルモドバル流の人生賛歌だ。黒い瞳に気の強さをにじませながら、時折さびしげな表情を見せるペネロペ・クルスが絶品。ラ・マンチャ地方のたくましい女になるため、細身の彼女は“つけ尻”をして熱演している。劇中にライムンダが情感込めて歌う、タンゴの名曲「ボルベール」が、いつまでも心に残った。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)母は強し度:★★★★☆

□2006年 スペイン映画 スペイン語原題「VOLVER」
□監督:ペドロ・アルモドバル
□出演:ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ、ロラ・ドゥエニャス、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/