潜水服は蝶の夢を見る 特別版【初回限定生産】 [DVD]潜水服は蝶の夢を見る 特別版【初回限定生産】 [DVD]
◆プチレビュー◆
20万回のまばたきで自伝をつづった伊達男の物語は感動の実話。圧倒的に美しい映像に酔いしれる。 【90点】

 3人の子の父親で一流モード誌ELLEの編集長ジャン=ドーは、突然の脳梗塞で左のまぶた以外の自由が効かなくなる。彼の意識が鮮明なことを知った言語療法士アンリエットは、まばたきによって意思を伝える方法でジャン=ドーを導いていくが…。

 まるで詩のようなタイトルに心を奪われる。潜水服は体の自由がきかない様子を、蝶は体は動かなくても自由に舞う想像力を意味する。シリアスな状況にも係わらず、不思議なユーモアを漂わせるこの映画の主人公は、ジャン=ドーこと、ジャン=ドミニク・ボビー。原作は、彼自身が20万回のまばたきでつづった驚異の自伝小説だ。映画は、まぶしいほどの希望にあふれている。

 言語療法士が仏語で使用頻度の高い順にアルファベットを読み上げ、単語をつづるという方法は、気が遠くなりそうに根気がいる作業だ。「はい」は1回、「いいえ」は2回のまばたき。極めて原始的ながら確実なこの意思伝達法が、周囲の人々を巻き込んでのワークショップになったことが興味深い。目的は会話と自伝の執筆だが、この体験を共有した人々は、生きる意味を突きつけられる。ジャン=ドーとのコミュニケーションは自分の不確かな運命をみつめることなのだ。その問いかけは妻も愛人も子供たちにも同様に作用する。病気になる前のジャン=ドーは、仕事も遊びも超一流のリッチなチョイワルおやじだ。完璧な成功者で、ちょっと鼻持ちならないヤツに思える。だが彼が、真の“一流”を見せつけたのは、体の自由と言葉を奪われてから。左目しか動かない男が、強靭な精神力と豊かな想像力で、全身全霊で生きてみせる。この姿を見て感動しない人間などいない。

 主人公の生き様は大きな驚きだが、これを映像化するセンスと才能にも同じくらい驚く。本職が画家のジュリアン・シュナーベルの美意識は、スピルバーグ作品で知られる名カメラマンのヤヌス・カミンスキーを得て、ますます冴え渡った。カメラは左目を一人称とし、ジャン=ドーの状況を観客に追体験させる。最初は限られた範囲で不自由に、やがてさなぎが蝶になって羽ばたくように自由に。主人公の状況や心情が映像とリンクするひらめきのある演出は、今まで見たこともないほどユニークで、まさにアーティストのものだ。溢れる色彩、フレームから大胆にはみ出す人物、ぼやけた映像と鮮明な映像の絶妙な配分。過去の思い出や引用映像も、美しいが決してセンチメンタルではない。従来の映画文法の制約を受けず展開する、独特のカメラワークが魅力的だ。同時にこれら映像のコラージュは、アートでありながら物語をきちんと伝えることを忘れない。ここにシュナーベルの映画作家としての才能がある。

 ジャン=ドーの病気は、閉じ込め症候群(ロックト・イン・シンドローム)と呼ばれる難病だ。一度は死にたいと願った彼が、「もう自分を憐れむのはやめた」と決め、魂の旅を始めたとき、彼の存在は永遠となった。ラストはたまらなく切ないが、人間の生命力をこんなにも美しく描いた作品を私は他に知らない。極限状態においてなお、人は輝くことができると教えてくれる、宝物のような映画だ。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)映像美度:★★★★★

□2007年 仏・米合作映画 原題「LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON」
□監督:ジュリアン・シュナーベル
□出演:マチュー・アマルリック、マリー=ジョゼ・クローズ、マックス・フォン・シドー、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/