レスラー スペシャル・エディション [DVD]レスラー スペシャル・エディション [DVD]
◆プチレビュー◆
自らの生き様を貫き通す中年レスラーの悲哀が感動を呼ぶ。復活したミッキー・ロークが見事だ。 【80点】

 ランディは80年代に栄光の頂点を極めたプロレスラー。だが今では人気も肉体も衰えていた。薬の副作用で心臓発作を起こした彼は、引退を決意。新しい人生のため生まれ変わろうとするが、娘や愛する女から拒絶されてしまう…。

 その表情に刻むのは深い孤独のみ。それでも誇りだけは失っていない。それがかつて“ザ・ラム”の愛称で知られた中年レスラー・ランディの生きた年輪だ。映画は、冒頭に大観衆の喝采を浴びる絶頂期の主人公の姿を映し、そこから一気に、落ちぶれた現在の彼の姿へとスライドする。場末の体育館でのドサまわりの試合。寂しい雰囲気のサイン会。そんな場所に今のランディは生きている。強烈な対比でグッと引き込まれる見事なオープニングだ。

 プロレスに関しては詳しくないが、映画で描かれる細かい段取りには驚いた。危険な反則技や必殺のキメ技は、すべて事前の打ち合わせの上、最低限の安全を確保して行なわれている。試合というよりショーのように緻密だ。また、コワモテのレスラーたちは実に心根が優しく、かつてのスターであるランディに敬意をもって接する様子は、礼儀と秩序を感じさせる。ランディもまた、年長者らしく後輩レスラーを励ましたりしている。観客は、たとえそこがすべて演出された虚構の世界でも、主人公を温かく迎える場所なのだと分かるだろう。

 それに対して現実は、ランディにとって冷たく厳しい。わびしいトレーラー暮らしや、アルバイト先での屈辱。肉体の衰えを受け入れた時、自堕落だった過去への悔いが押し寄せる。ガムテームで破れを覆ったダウンのような人生に見切りを付け引退を決意するが、四角形のリングの外には絶望しかなかった。

 せめてランディに、優しい女の温もりがあったなら。盛りを過ぎたストリッパーのキャシディがその役目を果たす。安定した生活を望んで一度はランディを拒絶するが、最終的に彼を支えるために戻ってくる彼女の切ない表情がたまらない。人生に甘い夢を抱く年齢ではないキャシディは、破滅型の男を慈しむ黄金のハートを持つ女性だ。マリサ・トメイの母性あふれる演技が心にしみる。

 だが、何よりもこの映画は、ミッキー・ロークの入魂の名演なくしては存在しない。背中だけでこれほど人生の悲哀を語れる俳優が、他にいようか。この人は80年代にセクシーな魅力で売った美形俳優だった。その彼がその後、奇行や愚行でスターの座から転落し、映画界ではほとんど忘れられた存在に。いやでもランディの姿とダブる。映画というのは不思議なもので、役者が過去に演じてきた役や本人の私生活が、作品のあちこちに映り込む。同じ物語を紡ぐにしても、活字メディアの小説との決定的な違いはこの混在性だ。ロークとランディはいつしか渾然一体となり、クライマックスへ向かって昇華していく。

 すべてを覚悟してリングに戻ったランディに迷いはない。ここは彼が生きる場所。そしておそらく死に場所だ。自分を誇れる唯一の空間にダイブするランディの姿を、永遠に心に刻もう。その生き様を称えるために。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)悲哀度:★★★★☆

□2008年 アメリカ映画 原題「The Wrestler」
□監督:ダーレン・アロノフスキー
□出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド、他

映画レビュー用BRバナー
←応援ポチ、よろしくお願いします!