ゴールデンスランバー [DVD]ゴールデンスランバー [DVD]
伊坂幸太郎の同名小説を、人気絶頂の堺雅人主演で描く、巻き込まれ型サスペンスだ。仙台に住む宅配ドライバーの青柳は、久しぶりに再会した旧友の謎の言葉を聞いた直後から、首相暗殺事件の犯人にされ警察と犯罪組織から追われることになる。身に覚えがない青柳は、大学時代の仲間たちや偶然出会った人々の助けを借りて逃げ続けるが…。

主人公が、ワケもわからずとんでもない陰謀に巻き込まれるのはヒッチコックが得意としたスタイルだが、本作はまさにこの形。偶然による要素が大きいことと、アンモラルな人物が混在することがいかにも伊坂幸太郎テイストだ。首相暗殺事件というと、ハリウッド映画のようなスケールの大きな話に聞こえるが、権力による巨大な陰謀という部分は残念ながら迫力不足。だが権力側の描写がチャチなのは、この話がサスペンスである以上に、かつて同じ時間を共有した仲間たちが大人になってもう一度絆を確かめるために奮闘する物語だからだ。一緒にバイトした花火屋での思い出や、昔の恋人が古い車種の車でのデートを覚えていて助ける場面は、甘酸っぱい青春映画そのもの。平凡な一般市民が陰謀の罠から逃げ切るには、体力と知恵と運、何より自分の無実を信じてくれる人の存在が不可欠だ。「ゴールデンスランバー」とは、ビートルズの名曲のタイトル。当時バラバラだったメンバーの心をつなぎ止めようとしたポール・マッカートニーの思いは、主人公たちの学生時代の思い出と今に重なっていく。たび重なる見知らぬ人の親切は出来すぎだし、青柳の顛末は「それでいいのか?!」と問いたくなる。だが、仲間たちとの信頼を唯一の武器に走る主人公に、いつしか感情移入してしまい、あれよあれよの大逃亡劇も思いがけず楽しめた。「俺は犯人じゃない!」と叫びながら走り続けた主人公の持久力を“たいへんよくできました”と言ってほめてあげたい。
【60点】
(日本/中村義洋監督/堺雅人、竹内結子、香川照之、他)
(出来過ぎ度:★★★★★)

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)