インセプション [DVD]インセプション [DVD]
◆プチレビュー◆
物語は複雑だがスタイリッシュなアクションで一気に魅せるSF娯楽作。夢と現実を結ぶのは願いだった。 【70点】

 コブは、人が最も無防備になる夢の中で、他人のアイデアを盗む犯罪分野のスペシャリスト。国際指名手配中でアメリカに戻れない彼に、大実業家・サイトーが半ば強引に仕事を依頼する。それは他人の潜在意識に入り込み、ある考えを植えつける“インセプション”という最高難易度の犯罪だった…。

 身体を動かさずに物語を見る映画は、夢を見る行為によく似ている。スクリーンの仮想空間の中、私たちは作り手から与えられた物語で、笑い、泣き、悩み、感動する。違いは現実と非現実の境界を知覚しているかどうかだ。そんな極めて映画的な題材“夢”に挑んだクリストファー・ノーランは、作家性と商業性を兼ね備えた稀有な監督である。デビュー作「フォロウィング」では、他人の家に無断で入り込んだが、本作では夢に侵入。しかも都合のいい夢を用意してそこに誘導し、潜在意識を操る。近未来では、夢とは、共有でき、潜入でき、創作できるものだ。ビジネスと犯罪の恰好のフィールドというわけである。

 主人公コブが、命懸けの仕事を引き受けるのは、成功と引き換えに愛する家族のもとへ帰るため。依頼主のサイトーが彼に課した仕事は、ライバル企業のオーナーの跡取り・ロバートに、自分で自分の会社を潰す考えを植えつけるというインセプションだ。成功すれば究極の完全犯罪である。物語は、日本、フランス、モロッコなど6ヶ国を舞台に壮大なスケールで展開する。コブは一流のチームを結成し、周到な計画を立て、現実そっくりの夢の中へロバートを誘いこむが、夢を守る訓練を受けたロバートの抵抗にあった上、最愛の妻モルがたびたび彼の前に立ち塞がった。通常、夢の中で死ぬと目覚めるが、強烈な薬で誘導された夢では、死ぬと潜在意識の虚無に落ちて廃人になる。コブたちは危険な夢の中で敵と激闘になり、事態は思わぬ方向へと発展してしまう。

 入り組んだ物語にはアクションとセンチメンタリズムが同居するが、主戦場となる夢の世界が多重構造というのが面白い。もともと偽造の夢の中、そこでの夢の中で見る夢となると、もはや壮大なだまし絵の世界に近い。瞬時に頭で理解しようとしても、混乱してしまうが、それぞれの世界でド派手なアクションが用意されているので、不思議とストレスは感じない。何しろビジュアルが驚異的なのだ。街が折れ曲がり、無重力で格闘すれば、空間が歪む。階層になった夢のルールで、数分が数年になれば時間が歪む。迷宮の中、コブ自身のトラウマと、意識の深層にある願いがあまりにも切ない。

 夢という無形で無限の素材を使い、犯罪、アクション、ラブストーリーまで組み合わせた前代未聞のこの映画、“邯鄲の夢”にも似た物語はなるほど複雑だが、思わず唸る面白さだ。コブの急所である妻との関係性が、物語を衝撃的なラストへと導いていく。チームの一人で夢の設計師の名前はアリアドネ。ギリシャ神話で、迷宮からの脱出に糸玉を使うことを教える女性の名だ。難問を解決する鍵“アリアドネの糸”は、本作では、現実に戻るために自分だけが感覚を知る小さな独楽(こま)。独楽は回り続けるのか、それとも止まるのか。見る人に解釈を委ねるラストが、いつまでも余韻となって残る。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)スタイリッシュ度:★★★★☆

□2010年 アメリカ映画 原題「Inception」
□監督:クリストファー・ノーラン
□出演:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、マリオン・コティヤール、他

映画レビュー用BRバナー


←応援ポチ、よろしくお願いします!