ハナミズキ スタンダード・エディション [DVD]ハナミズキ スタンダード・エディション [DVD]
10年の歳月の中、すれ違い続ける恋人たちの物語だが、あまりに展開が早いせいか、あっさりと薄味の恋愛映画になっている。北海道に住む紗枝は、東京の大学を目指して受験勉強中。ある時、水産高校に通う康平と偶然出会い、恋に落ちる。やがて東京と北海道の遠距離恋愛が始まった。海外での仕事を目標に、都会生活でどんどん美しくなる紗枝と、たとえ苦労があっても漁師として頑張りたい康平は、互いを思いながらも次第にすれ違いはじめる…。

一青窈の名曲「ハナミズキ」をモチーフにした純愛映画だが、北海道、東京、ニューヨーク、カナダと、さながら世界一周のごとき展開で、ものすごいスピードで物語が進んでいく。ストーリーそのものは、出会ってはすれ違うという古臭いもので、終盤には偶然を多用する展開になり、目新しさは何もない。新しいのは、主役二人が演じる役柄で、高校生役が似合いすぎる新垣結衣がキャリウーマンを、繊細なイメージの生田斗真がワイルドな漁師を演じていること。これをフレッシュとみるか、ミスキャストとみるかで評価が変わりそうだ。遠距離恋愛の難しさ、すぐそばにいる人に温もりを求める寂しさ、それでも断ち切れない思い。そんな心情が切ないエピソードでつづられるが、もともと「ハナミズキ」という曲は、平和への祈りを込めて作られた曲。もう少し、グローバルな視点を盛り込んでほしかった。紗枝を支える先輩の北見の顛末や紗枝の父のエピソードなどは、言葉足らずに終わった感がある。すれ違いの恋を描く映画では、基本的に、戦争や事故など、大事件が起こるもの。なのにこの映画にはそれがなく、ひたすらベタな展開だ。ただ、基本的に悪人が登場しない物語と、どんなときも相手を思いやる恋人たちの優しさのおかげで、10年後の二人の再会を喜ぶことができる。
【40点】
(原題「ハナミズキ」)
(日本/土井裕泰監督/新垣結衣、生田斗真、蓮佛美沙子、他)
(純愛度:★★★★☆)

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)