REDLINE スタンダード・エディション 【DVD】REDLINE スタンダード・エディション 【DVD】
体感型の興奮が味わえるとのキャッチコピーが納得のアニメーションの力作。10万枚を超える作画枚数で作り上げた力技に脱帽する。エアカーが爆走する遠い未来。宇宙最速の座を賭けて5年に一度の祭典“REDLINE”が開催される。ドでかいリーゼントがトレードマークのJPは極限までスピードを追い求める天才レーサーだが、実は、初恋のソノシーをふり向かせるために走っている純情男だ。JP、ソノシー、さらに個性豊かなライバルたちが参戦するカーレースREDLINEは、ルール無用のデッドヒート、もちろん武器搭載は当たり前である。そんな中、JPの親友で天才メカニックのフリスビーの裏切りが発覚する…。

日本を代表するアニメ制作会社マッドハウスが、CGでは獲得できない表現を求めて、人物、背景までも手描きにこだわった究極のアニメーションは、なるほど魅力的だ。カーレースのスピード感と、個性的なキャラクターたち、クールでポップな色彩の洪水。どれをとっても興奮させられる。作品のコンセプトは“刺激的な映像”、根底にあるのは、友情と純情だ。フリスビーの裏切りを知りながらマシーンに乗るJPは、どこまでも天才ドライバーだし、JPが思いを寄せるソノシーをはじめ、女性キャラはどこまでもセクシー。JPのチームメイトのもぐらオヤジがいい味を出せば、登場するマシーンはデフォルメの極致のフォルムだ。それ以外にも、濃すぎるキャラクターがまるで劇中に舞う紙吹雪のごとく乱舞。彼らの後ろにはそれぞれ魅力にあふれた物語があるだろうことが透けて見えるが、それは観客の脳内に留め、物語はあくまでもぶっちぎりのレースに終始する潔さが心地よい。ここには壮大な物語のラストだけがアニメとして具現化されている。極限まで遠近法を引き延ばしたヴィジュアルは常識を超えながら2Dの頂点に立つものだ。音響・音楽がこれまたノリがよく、サウンドがこの映画のもうひとつの主役と言っても過言ではない。声優陣はビッグネームだが、人間と海洋族のハーフ、ソノシー役の蒼井優が特にいい。漫画、劇画、アニメ。そのすべての要素がミックスされながら、どれでもない奇跡のような濃密な空間が、スクリーンに広がっている。こんな手作りの作品は二度とは作れないだろう。物語性を捨ててまで映像を追求したこのアニメーション、まずは必見である。
【65点】
(原題「REDLINE」)
(日本/小池健監督/(声)木村拓哉、蒼井優、浅野忠信、他)
(密度の高さ度:★★★★★)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!


人気ブログランキン<br /><br />グ←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
REDLINE@ぴあ映画生活