相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- <通常版> [DVD]相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- <通常版> [DVD]
大人気TVシリーズの劇場版第2弾。スケールは前作に比べ一見小さく見えるが、内容はより大人向けのドラマになった。警察内部の衝撃的な事実は、TVでは描きにくい題材で、劇場版にする意味を感じる。警視庁本部内で、警察幹部12名が人質にとられるという前代未聞の籠城事件が発生する。犯人の動機、要求は不明。偶然犯人と遭遇した神戸尊は、杉下右京に連絡し、犯人が元警視庁刑事であることを突き止める…。

特命係の杉下と神戸の二人が、意表を突く方法で事件を解決していくが、発端となる篭城事件のディテールがあまりにもいいかげんなのはいかがなものか。いくら犯人が銃を持っているとはいえ、犯人1人に対して人質は12人。人質は縛られるわけでもなく、椅子に座り手を後ろに回しているだけなのに、誰一人犯人に逆らわない。ナンなんだ、これ? もしや篭城事件そのものが狂言なのかとさえ思ったが、やがて犯人はあっさりと射殺され、それは正当防衛として処理される。実は籠城事件には、7年前の国際テロリストによる船舶爆破事件の謎が関係していて、そこから物語は加速していく。事件のプロットは悪くないが、核心に迫るプロセスが早すぎて“分かり易さ”が勝負のTVドラマ的なのが、少々物足りない。一方で、キャストはなかなかいいセンをいっている。事件のキーパーソンである総務部装備課の朝比奈圭子が“あんな場所”で銃を構えるのはいくらなんでも…だが、小西真奈美のゲストヒロインは劇場版ならではの華があった。前作の劇場版と最も変化したのは、杉下の相棒が、肉体派の寺脇康文から頭脳派の及川光博に変わったこと。右京と同じ頭で考えるタイプなのだが、このコンビが意外にも悪くない。神戸の特命係配属にはいろいろとワケがあったのだが映画ではそれは潔く省き、すでに右京とは名コンビぶりを発揮している。警察内部の汚職や人間関係を描く映画は、警察といえども組織であることと、それぞれの駆け引きや立場を浮き彫りにすることでスリリングなドラマになる。と同時に、譲れない正義を貫くことで感動を引き出していく。何より、国民を守るべき立場にいるものが法や人命をないがしろにする様は、単なる犯罪ドラマとは比べ物にならない衝撃があるのだ。ラスト、右京が彼なりの決意で正義を語るその言葉を聞けば、神戸が右京という人間そのものに惹かれて自ら特命係に残った理由が分かる。単純な勧善懲悪ではなく、組織の片隅にいながらも、自分なりの方法で正義を行おうとする人間を描くところに、この作品の“大人”感があるのかもしれない。
【60点】
(原題「相棒−劇場版II−警視庁占拠!特命係の一番長い夜」)
(日本/和泉聖治監督/水谷豊、及川光博、小西真奈美、他)
(シリアス度:★★★★☆)

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)