ジーン・ワルツ [Blu-ray]ジーン・ワルツ [Blu-ray]
生命誕生というテーマはなるほどシリアスなものだが、問題が大きすぎて掘り下げが浅い。これでは感動したくても難しい。医療の最高峰・帝華大学病院の産婦人科の医師・曾根崎理恵は、大学で教鞭をとりながら、近く廃院する小さな産婦人科医院「マリアクリニック」の院長代理も務める優秀な医師。彼女は、体外受精や代理母出産の必要性を熱心に説き、大学側から要注意人物と見なされている。マリア・クリニックでは様々な事情を抱えた4人の妊婦が通院していた。エリート医師の清川吾郎は、理恵に惹かれながらも、彼女が行なっているという禁断の治療の秘密を探リ始める…。

原作は、現役医師・海堂尊の同名小説。日本ではまだ認められていない代理母出産がこの物語の軸になるが、より大きなテーマは産婦人科医療を取り巻く実態と、医師と患者両方の問題を浮き彫りにすることだ。不妊治療、中絶、無脳症という難病、高齢出産などが描かれる。だが、詰め込みすぎて、すべてが薄味なのだ。大勢の妊婦がすったもんだしながら出産に向かう様子はまるで出産コメディー「BABY BABY BABY!ベイビィ ベイビィ ベイビィ!」のような軽さ。浅丘ルリ子の“火事場のバカ力”の描写もまるっきり同じだ。何より、もともと違法である代理母出産を、さらなる禁断の方法で行おうとしているヒロインを演じる菅野美穂が、ミステリアスで知的な女医に見えないのがマズい。菅野美穂はふわふわした浮遊感が独特の魅力の女優で、つらい過去を乗り越え、鉄壁の意思で医療に取り組む天才医師の役には明らかに不向きだ。ヒロインを全面的には応援できないはずの清川の態度がコロリと変わる展開も、都合が良すぎる。唯一、無脳症で子宮内でしか生きられない赤ん坊を「光をみせてやりたい」との思いで出産するエピソードは人間描写も丁寧で、感動を覚えた。代理母出産にまつわるある重大な秘密は、終盤に明かされるが、これには様々な意見が飛び交うだろう。他のシークエンスを削ってでも、この問題を深く掘り下げる勇気があれば、作品も凄味を増したと思うが、医療ドラマなのかラブストーリーなのかもはっきりしないようではそれも難しかったか。いろいろと文句ばかり並べてしまったが、それでもこの物語で描かれる、異なった立場から医療を変えていこうとする人間がいることには希望を見出したい。ジーンとは遺伝子のこと。改めて命の尊さに思いをはせた。
【50点】
(原題「ジーン・ワルツ」)
(日本/大谷健太郎監督/菅野美穂、田辺誠一、白石美帆、他)
(人間描写度:★★☆☆☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキン  グ←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ジーン・ワルツ@ぴあ映画生活

【送料無料】ジーン・ワルツ

【送料無料】ジーン・ワルツ
価格:2,953円(税込、送料別)