アンダルシア 女神の報復 スタンダード・エディション [Blu-ray]アンダルシア 女神の報復 スタンダード・エディション [Blu-ray]
クチコミを見る
ゴージャスな“観光付き”サスペンス映画。ストーリーは表層的だが、前作「アマルフィ」よりは出来がいい。

外交官の黒田康作は、日本人投資家の殺人事件を調べるため、スペイン北部に位置する小国・アンドラにやってくる。海外で極秘任務を遂行する「邦人テロ対策室」に所属する黒田は、そこで遺体の第一発見者で、ビクトル銀行行員・新藤結花と会い、何者かに狙われ怯える彼女をバルセロナの領事館に移送・保護することに。一方、事件を担当するインターポール捜査官の神足誠は捜査情報を隠そうとし、黒田と対立する。事件の裏には巨額な不正資金が絡んでいた…。

真保裕一の小説を基に、全編海外ロケで華麗に展開するサスペンスだ。思わず「?!」の真相に脱力した「アマルフィ」に比べ、ストーリーは比較的しっかりしている。今回は、黒田に恋愛感情らしきムードが漂ったりもするが、ひとときのヨーロッパ観光気分を味わう表層的なサスペンス作品なのは変わりない。例によって、特殊任務を帯びているとはいえ、いち外交官の黒田がここまでやれるのか?!との疑問はぬぐえないが、今回は、インターポール捜査官・神足との二人三脚。このシリーズ、もはや織田裕二だけの魅力では支えきれないと踏んだのか、サービスショットのように登場する福山雅治も含め“みんなで支え合いましょう”的な雰囲気が漂っていて苦笑する。実際、本作は神足を主役にした方がよほど自然なのだ。事件の鍵を握る結花も、捜査する神足も、過去に深い心の傷を負っていて、そのことが解決の鍵となる。雪深いアンドラから、芸術の都バルセロナ、太陽の地アンダルシアへと移動するにつれ、国際犯罪と日本の権力構造のからみあった糸がほぐれていく。結花の出自や背景の掘り下げが浅いのが惜しいが、新しいタイプの役に挑戦した黒木メイサの今後には期待したい。
【60点】
(原題「アンダルシア 女神の報復」)
(日本/西谷弘監督/織田裕二、黒木メイサ、伊藤英明、他)
(観光気分度:★★★★★)



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!


人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

アンダルシア 女神の報復@ぴあ映画生活