マイティ・ソー 3Dスーパーセット [Blu-ray]マイティ・ソー 3Dスーパーセット [Blu-ray]
北欧神話にアメコミを足し合わせ、ケネス・ブラナー流に料理すると、古典的なヒーローが誕生する不思議。クリス・ヘムズワースのマッチョぶりが妙に笑える。

神の世界“アスガルド”で最強の戦士であったソーは、横暴なふるまいで神々の世界を危険にさらす。父であり神々の王であるオーディンはソーの行為の怒り、彼の力と最強の武器“ムジョルニア”を奪い、地球へと追放する。無力で地球に落ちたソーは天文学者のジェーンと出会ったことで、徐々に人の痛みや弱さを理解していく。一方で、邪神のロキは神々の世界の征服を企み、ソーのもとへ凶悪な敵を送りこむ…。

何しろ主人公は神様だ。豪快で乱暴でオレ様ヒーローっぷりはハンパではない。荒々しいイメージの北欧神話をベースに、最新VFXを駆使した映像世界が、不思議なムードを醸し出している。監督は、意外なことに、シェークスピア劇を得意とするケネス・ブラナーだ。落ち着いて考えれば、かなりムチャクチャな話なのに、重厚に仕上げてしまうのは、さすがとしかいいようがない。物語を楽しめる理由は、主人公ソーが極めて分かりやすいキャラクターだからだろう。神々の王の息子という高貴な血筋の彼は、後継者としての自覚は有り余るほどで、闘いには進んで身を投じる正義感。傲慢な性格も、地球人の女性に恋すればあっさりと改善される。根は素直なのだ。トンカチ…、いやいや、ハンマーの形をした武器“ムジョルニア”はいかにも無骨だが、本物の戦士だけが使いこなすことができる。その資格は、父と子の葛藤を乗り越えた先にあったというのは、ほとんどギリシャ悲劇のようだ。ソーに仕える3人の忠実な戦士の一人ホーガンを演じる浅野忠信が、本作でハリウッドデビューを果たしているが、セリフは少ないもののビジュアル的には決して埋没していない。話は荒唐無稽だが実力ある役者との共演で、日本人俳優が存在感を示したことは喜ばしい。
【60点】
(原題「THOR」)
(アメリカ/ケネス・ブラナー監督/クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、アンソニー・ホプキンス、他)
(豪快度:★★★★☆)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!


人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

マイティ・ソー@ぴあ映画生活

【送料無料】マイティ・ソー【MARVELCorner】

【送料無料】マイティ・ソー【MARVELCorner】
価格:3,092円(税込、送料別)