大鹿村騒動記【DVD】大鹿村騒動記【DVD】
阪本組の常連俳優たちによる大人のコメディ「大鹿村騒動記」。役者たち自身が楽しんで演じているのが伝わってくる。

長野県の山麓地帯にある大鹿村。村歌舞伎で有名なこの村で鹿料理の店を営む善は、村歌舞伎を生きがいにしている花形役者だ。そんな彼のもとに18年前に駆け落ちして村を出奔した妻の貴子と幼馴染の治が戻ってくる。脳の病気で記憶を失っている貴子を、治は「ごめん。善ちゃんに返す」という。困惑し、心乱れる善はついに芝居を降りる!と言い出し、そこに大型台風まで接近。果たして伝統ある村歌舞伎の幕は開くのだろうか?!

この映画、ひと言でいえば、初老の男女3人の色恋騒動だ。作品の規模も物語のスケールもごく小さいのだが、妙に心地よいのは芸達者な俳優たちの存在が際立っているからである。だが実はそれだけではない。村歌舞伎の演目とストーリーがリンクする展開、リニア新幹線誘致と戦争の影という新旧のバックグラウンド、さらにひょっこりと村に現れる性同一性障害の青年という異化効果。脚本がなかなかひねりが効いていて秀逸なのだ。撮影期間はわずか2週間だったそうで、監督はじっくりと演出するのではなく名優たちの一発勝負の演技とアドリブで、勢いを大事にしたという。それはそのまま舞台が持つ一期一会の魅力にもつながっている。大鹿村に実在する300年の伝統を誇る村歌舞伎の演目は、平家の落ち武者が大暴れする「六千両後日文章 重忠館の段」。認知症を患う貴子は、自分が駆け落ちしたことさえ忘れているが、なぜか善と結婚するきっかけになったこの芝居で演じたセリフを覚えていた。このことが、小さな村に吹き荒れる恋の嵐に答えを出してくれる。にぎやかな群像劇は阪本順治にしては珍しいスタイルだが、本作は味わい深い人情喜劇に仕上がった。鹿料理店の名称が名作映画をもじったような「ディア・イーター」というのが可笑しかった。
【65点】
(原題「大鹿村騒動記」)
(日本/阪本順治監督/原田芳雄、大楠道代、岸部一徳、他)
(ほろ苦度:★★★★☆)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

大鹿村騒動記@ぴあ映画生活

大鹿村騒動記 【DVD】

大鹿村騒動記 【DVD】
価格:3,899円(税込、送料別)