モンスターズ / 地球外生命体 [Blu-ray]モンスターズ / 地球外生命体 [Blu-ray]
超低予算のパニック映画だが、ロードムービーというスタイルのおかげか、不思議な抒情性がある。映像のクオリティも予想外に高く、拾い物の1本だ。

地球外生命体の侵略により、国の半分が隔離されたメキシコ。荒廃した危険区域付近でスクープを狙っていた米国人カメラマンのコールダーは、怪我をした社長令嬢サムを保護してアメリカまで送り届けるよう上司から命令を受ける。米軍による国境閉鎖まであと2日。繁殖期を迎えたモンスターたちの襲撃と米軍の爆撃に怯えながらの危険な旅が始まった…。

総製作費がわずか130万円というから、ほとんど自主映画のような作品規模だ。しかも主演二人の俳優以外は、すべてメキシコロケで募集したエキストラでまかないながら撮影したというから驚きである。スタッフは、監督や俳優カップルを入れても総勢7名。ポストプロダクション(編集などの仕上げ工程)も監督の自宅で自ら行ったという。そんな撮影スタイルで撮ったのが、いわゆる怪獣映画というのが意外だが、もっと意外なのは、映像が実に良くできていることだ。荒廃した都市やうっそうとしたジャングル、ヘリや戦車の映像はとても低予算映画とは思えない。何より、時折登場するタコ形エイリアンのビジュアルのセンスがいい。人間vsモンスターの大バトルという“平凡な”展開ではなく、繁殖期を迎えたエイリアンたちの存在を身近に感じながらの緊張感あふれる旅にドキドキさせられた。クライマックス、闇夜で発光しながら全容を見せるモンスターの美しさには不思議な感動を覚える。監督のギャレス・エドワーズは、TVドキュメンタリーのVFXスタッフだったそう。鍛え抜かれたVFX技術を持ちながら、それに頼らず、手作り感のあるパニックSFを作って見せた。センスとアイデアで勝負できるこの監督、今後のために名前を覚えておきたい。
【70点】
(原題「MONSTERS」)
(イギリス/ギャレス・エドワーズ監督/ホイットニー・エイブル、スクート・マクネイリー、他)
(緊張感度:★★★★☆)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

モンスターズ/地球外生命体@ぴあ映画生活

【27%OFF】[DVD] モンスターズ/地球外生命体

【27%OFF】[DVD] モンスターズ/地球外生命体
価格:2,913円(税込、送料別)