レイン・オブ・アサシン Blu-rayレイン・オブ・アサシン Blu-ray
クチコミを見る
アジア各国のトップ・スターが競演する武侠アクション。創意工夫に満ちた戦術とカメラワークが美しい。

明朝時代の中国。手に入れれば武術界の覇権を握るという“達磨(だるま)大師のミイラ”を狙って、暗殺集団“黒石”が暗躍していた。だが、黒石の首領、転輪王が最も信頼を寄せていた最強の女刺客・細雨が、いまわしい過去と決別するため、組織に背き達磨の遺体と共に姿を消す。やがて細雨は、秘術の整形によって顔を変え、新しい名前・曽静を名乗る。都会の片隅で、配達人の阿生と結ばれ幸せに暮らしていたが、黒石は彼女の正体を見抜き、殺し屋を差し向ける…。

共同監督とはいえジョン・ウーの意向が強く反映されているであろう本作は、華麗なワイヤー・アクションとスタイリッシュな剣法によって豪華絢爛な歴史活劇となった。リアリズムよりも様式美を重視する動きの美しさは、ヒロイン・曽静が操る、高速で鞭のようにしなる剣の描写に顕著に表れて、思わずほれぼれする。緑深い竹林や薄暗い墓地、雑然とした室内と、場所が変わるごとに戦い方も変化し、曽静を狙う敵の刺客の使う武術もまたバラエティ豊かだ。武侠映画に出生の秘密はお約束だが、この映画では中国医術の秘儀の整形が使われてその出自を屈折させているのが面白い。そこには意外な人物の意外な秘密が隠されているという仕掛けだ。心優しい配達人で曽静の夫の阿生を演じるのは、韓国のトップ・スターのチョン・ウソン。このキャスティングで、彼にはただならぬ素性があるはずと容易に想像できる。予想通り、クライマックスには華麗な見せ場が用意されていた。殺し屋たちのそれぞれの思惑や黒石の首領の真の目的など、サイドストーリーが整理されておらず、終盤はバタバタした印象なのが惜しい。それでも、最後のセリフを聞くと、ジョン・ウーという人はユーモアを愛するロマンチストに違いないと思ってしまうのだ。やっぱり中国映画のアクションは美しく面白いと、改めて感じてしまうのはこういう作品を見たときである。
【60点】
(原題「REIGN OF ASSASSINS」)
(中国・香港・台湾/スー・チャオピン、ジョン・ウー監督/ミシェル・ヨー、チョン・ウソン、ワン・シュエチー、他)
(活劇度:★★★★★)



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
レイン・オブ・アサシン@ぴあ映画生活