フェア・ゲーム [Blu-ray]フェア・ゲーム [Blu-ray]
クチコミを見る
イラク戦争の舞台裏とCIA諜報員の実情を分かりやすく描くポリティカル・スリラー「フェア・ゲーム」。政治ドラマであり、夫婦愛の物語でもある。

CIA秘密諜報員のヴァレリー・プレイムは、捜査の結果、イラクには核開発計画はないと政府に報告する。だが、ブッシュ政権は報告を無視し、2003年、ついにイラクに宣戦布告した。夫で元ニジェール大使のジョー・ウィルソンは真実を世間に公表するために、NYタイムズに記事を寄稿するが、夫妻はアメリカ政府の激しい報復に遭う。ヴァレリーは、CIAの秘密諜報員であることを公表され、スパイの二重生活を送っていた彼女は世間から非難を浴びて孤立無援に陥る…。

映画の中のスパイは、国家に尽くし感謝されているが、実際の諜報活動員とは、こんなにも無慈悲に国家から裏切られるものなのか。ヴァレリー・プライスは、実在の優秀な諜報員で、イラク戦争を最後まで阻止しようと奮闘した正義感の強い人物だ。だがブッシュ政権は、イラクと開戦するためには、ねつ造してでも理由が必要だった。今では、大量破壊兵器はなかったというのは周知の事実だが、この映画で描くのは、真実を述べたがために国家から報復され、事実上抹殺されかかった諜報員の苦難の日々だ。巨大な権力と歴史のうねりに翻弄されるヒロインの物語は、政治ドラマとして単純化されているが、「ボーン」シリーズのダグ・リーマン監督の演出は、スリリングでテンポがよく、分かりやすい。政府の思惑やスパイたちの立場を描く一方で、幼い双子の母親であり妻でもある女性が、巨大な権力に対して、懸命に闘う姿を描く。一度は意見が対立した夫との絆を取り戻すシーンは、無駄に“泣きが入る”演出は避け、静かだが強い夫婦愛が伝わってきて感動的だ。理不尽極まりない実話だが、夫婦の絆が正義への戦いの原動力だったという位置づけが救いである。国家からスケープゴートにされながら、家族のために果敢に闘うヒロインを、ナオミ・ワッツが熱演。エンドロールに登場するヴァレリー本人に、敬意を表したい。
【65点】
(原題「FAIR GAME」)
(アメリカ/ダグ・リーマン監督/ナオミ・ワッツ、ショーン・ペン、サム・シェパード、他)
(スリリング度:★★★★☆)



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)


フェア・ゲーム@ぴあ映画生活