リアル・スティール ブルーレイ(2枚組/デジタルコピー & e-move付き) [Blu-ray]リアル・スティール ブルーレイ(2枚組/デジタルコピー & e-move付き) [Blu-ray]
クチコミを見る
◆プチレビュー◆
近未来のボクシング界を舞台に父と子の絆を描く娯楽アクション「リアル・スティール」。古典的なストーリーに安心感とまっすぐな感動がある。 【70点】

 西暦2020年。リングの上でボクシングを繰り広げるのは、生身の人間ではなく、高性能の格闘技ロボットたちだった。かつては才能あふれるボクサーだったチャーリーは、闘う場所を失い、今やロボット格闘技のしがないプロモーターとしてようやく生計を立てる失意の日々を送っている。そんな彼の前に、離婚して別々に暮らしていた11歳の息子マックスが現れる。最愛の母を亡くしたマックスは父に心を開かず、ぎくしゃくした関係のまま2人は暮らし始めた。そんなある日、2人はゴミ捨て場でスクラップ同然に捨てられた旧式ロボット“ATOM”を発見する…。

 最新技術で描くロボットもの。あるいは怒涛のボクシングもの。いや、この作品はむしろ、ハリウッドが昔から得意とする父子愛ものだ。近未来を舞台とするが、そこはロボットが格闘技を繰り広げる以外は、ほとんど現代と変わらない。勝ち組と負け組による格差や、他者との関係をうまく築けずに悩む姿は、現代社会をリアルに投影している。

 11歳の少年らしくゲーム好きのマックスは、ロボット操作にコ慣れていて、“命を助けた”旧式ロボット・ATOMには特別な絆を感じている。一方、チャーリーにはロボットは、自分の生きる場所を奪った存在でありながらも、収入の糧でもある。苦く複雑な思いを抱えるチャーリーと、ロボットへの、ひいてはATOMへのピュアな愛があるマックス。2つの思いが歩み寄って共鳴したとき、誰かの動きを真似て学習する“シャドー機能”を備えたATOMは、チャーリーの愛弟子になるというわけだ。

 欲を言えば、特別なロボット・ATOMの出自と、ATOMとマックスの強い絆をもう少し深く描いてほしかったところだが、それでもチャーリーとマックス親子が二人三脚で闘ううちに強い絆で結ばれていくプロセスは、父子愛の感動ドラマとして申し分がない。逞しく肉体改造したヒュー・ジャックマンと、素直な演技が光る子役ダコタ・ゴヨの二人が好演だ。

 失意の主人公の奮闘と再起、連戦連勝の痛快さ、強敵への無謀な挑戦、父と子の絆。「チャンプ」を例に出すまでもなく、すべては過去に何度も描かれてきた手垢のついた素材なのに、やっぱり感動してしまう。ウェイルメイドなエンタテインメントの隠し味がオンボロ・ロボットだというのが、案外効いているのかもしれない。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)父子愛度:★★★★☆

□2011年 アメリカ映画 原題「REAL STEE」
□監督:ショーン・レヴィ
□出演:ヒュー・ジャックマン、エヴァンジェリン・リリー、ダコタ・ゴヨ、他
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

リアル・スティール@ぴあ映画生活