ワイルド7 [Blu-ray]ワイルド7 [Blu-ray]
クチコミを見る
リアリティはさておき、アクションはダイナミックな犯罪劇「ワイルド7」。出演者全員が大型免許を取得したというバイク・アクションに注目だ。

逮捕も裁判もなしに、凶悪犯を処刑する権限を与えられた超法規的警察組織、通称“ワイルド7”。凶悪犯罪が後を絶たない現代日本で、警視庁内に極秘に設置されたその組織を構成するのは、いずれも重い犯罪歴の持ち主だ。彼らは罪を免除される代わりに、テロリストなどの凶悪犯を退治する任務が与えられている。ある日、いよいよ犯人を逮捕する寸前に、謎のスナイパーが現れ、犯人を射殺して走り去る。メンバーの一人、飛葉は、スナイパーを追うが見失い、追跡の際に迷い込んだクラブで美しい女性ユキと知り合う。2人は急速に親しくなっていくが、ユキにはある秘密があった…。

原作は、望月三起也による人気コミック。犯罪者が犯罪者を裁くという“目には目を、悪には悪を”というスタイルは、法では裁けない悪人を退治するには、権力者にとってこれほど好都合なやり方はない。だが致死率90パーセントのバイオテロを企て、現金2億ドルを要求する凶悪事件の裏側に潜んでいた陰謀は、警視庁や国家そのものを揺るがすものだ。監視社会の盲点と弱点によって仕組まれたその犯罪は、ワイルド7が極秘であることと激しく矛盾するし、7人が一枚岩で闘う心理描写も極めて浅い。飛葉以外のキャラクターの背景も、ごくあっさりと触れるのみだ。ドラマ性という点では欠点だらけだが、その分、本作は、バイク好きにはたまらないアクションであふれている。映画冒頭、大型トラックの中から改造バイクに乗ったメンバーたちが次々に飛び出す登場シーンは、バイクに詳しくなくても思わず興奮するはずだ。さらに邦画では特筆するほどの大量の銃弾が飛び交うガン・アクションとしてもド迫力。とりあえず、形だけはハリウッドに近付いたこの作品、クライマックスにみせる男同士の絆も含め、まずは日本のアクション・エンタテインメントの飛躍を評価したい。
【55点】
(原題「WILD SEVEN」)
(日本/羽住英一郎監督/瑛太、椎名桔平、中井貴一、他)
(男の子向け度:★★★★☆)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ワイルド7@ぴあ映画生活