マイウェイ 12,000キロの真実 Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)マイウェイ 12,000キロの真実 Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
クチコミを見る
圧倒的な戦闘シーンからすさまじい生命力を浮き彫りにする「マイウェイ 12,000キロの真実」。韓国映画らしい過剰な描写と力技に圧倒される。

1928年、日本統治下の朝鮮・京城(現ソウル)。憲兵隊司令官の祖父を持つ日本人の辰雄と、朝鮮人の使用人の息子ジュンシクは、共に走ることが好きな少年だ。成長し、オリンピックを目指すライバルとなるが、ある事件をきっかけに2人は憎しみ合うようになる。やがてノモンハンの戦場で、日本軍に強制徴用されていたジュンシクは、守備隊長の辰雄と再会する…。

第二次世界大戦期、日本とソ連とドイツの軍服を着て、生き抜いた男たちがいた。荒唐無稽に思えるこの設定、実話が基だというから驚く。驚くのはそれだけではない。この映画の戦闘シーンの迫力は、ハリウッドの「プライベート・ライアン」に匹敵するほどダイナミックなのだ。日本人と韓国人二人の愛憎半ばの友情という感動のツボを、あえて薄味にしてまで、こだわり抜いたド迫力の戦闘場面はすさまじいの一言である。大量の人と物を動員し、さらにアジアからヨーロッパへ大陸を横断して撮影を敢行、圧倒的なスケールで演出したカン・ジェギュ監督は、今までのアジア映画にはない迫力を生みだしている。オダギリジョーとチャン・ドンゴンのダブル主演だが、走ることだけを信じ決してブレないジュンシクに対し、オダギリ演じる辰雄は悪役で分が悪い。だが、戦争の不条理と生死の極限状態で、信じていた国から裏切られた辰雄の心が変化する様は、逆に人間らしくも思える。対照的なジュンシクと辰雄に共通するのは、どんな状況でも生きると決めたこと。満州、ソ連、ドイツ、フランス・ノルマンディーと、どれほどの危機に瀕してもしっかり生き残る展開には苦笑するのだが、歴史の大きなうねりに翻弄されながらも、生き抜く生命があるというメッセージは力強い。サミュエル・フラーが監督した傑作「最前線物語」の中の“戦場では生き残ることがモラルだ”という名セリフが思い出される。
【65点】
(原題「My Way」)
(韓国/カン・ジェギュ監督/オダギリジョー、チャン・ドンゴン、ファン・ビンビン、他)
(スペクタクル度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

マイウェイ 12,000キロの真実@ぴあ映画生活