麒麟の翼~劇場版・新参者~ Blu-ray通常版麒麟の翼~劇場版・新参者~ Blu-ray通常版
クチコミを見る
東野圭吾のミステリー小説“加賀恭一郎シリーズ”の映画化「麒麟の翼〜劇場版・新参者〜」。ダイイングメッセージは父からの愛だった。

東京・日本橋で男性が殺害される。被害者・青柳武明はナイフで胸を刺された状態で8分間も歩き、日本橋の翼のある麒麟(きりん)の像の下で、息絶えた。一方、容疑者の青年・八島冬樹は、現場から逃亡する際、車に轢かれて意識不明になってしまう。捜査に当たる日本橋署の切れ者刑事・加賀恭一郎は、事件を調べるうちに、関係者それぞれの家族や恋人、知られざる一面に近付いていく…。

「事件によって心が傷つけられた人がいるなら、その人だって被害者だ。そういう被害者を救う手立てを探し出すのも、刑事の役目です」。東野圭吾の作品群の中でも人気シリーズの主人公・加賀恭一郎が、なぜ多くのファンから愛されているのかが、この名セリフで瞬時に分かる。彼は単に事件を解決するだけでなく、関係者それぞれの思いに深く関わっていく。今回の事件では、いじめ、派遣切り、恋人の思いや親子の絆などが描かれる。ミステリーなのでストーリーを詳しくは明かせないのだが、物語には、麒麟の像の由来や、七福神など、魅力的で謎めいたアイテムが散りばめられていて、なかなか楽しい。だが、“泣ける”と評判のその謎には、実は疑問を感じる。なぜなら被害者が伝えようとしたメッセージは、彼が“生きているうちに”直接伝えるべきものだからだ。映画では“間違った教育”が重要な要素となるので、二重の意味で興味深い点ではある。容疑者・冬樹の恋人・香織のキャラクター造形にも首をひねる。都会で肩を寄せ合って生きる恋人同士が直面する現実は、なるほどやるせないが、冬樹を信じる強い言葉があるかと思えば、直後にはたちまち疑心暗鬼に。事件の動機と解明は、彼女とは離れた部分で進んでいくのだが、香織というキャラクターがブレずにいてくれれば、もっと物語に共感できただろう。阿部寛と中井貴一。共に、近年、日本映画で最も頻繁に“顔を見る”役者が共演しているのが何ともゴージャスだ。事件の性質上、2人が顔を会わせるシーンはないのだが、子を思う父の姿を静かに熱演した中井貴一の存在感が印象的だった。
【60点】
(原題「麒麟の翼〜劇場版・新参者〜」)
(日本/土井裕泰監督/阿部寛、黒木メイサ、溝端淳平、他)
(親子愛度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

麒麟の翼@ぴあ映画生活