荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE スペシャルエディション(完全生産限定版) [DVD]荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE スペシャルエディション(完全生産限定版) [DVD]
クチコミを見る
荒川河川敷が舞台のシュールな青春ラブ・ストーリー「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」。ヘンなキャラばかりだがよく見ると豪華キャストなのだ。

厳格な父親から「他人に借りを作るな」「他人を信用するな」という教えを受けて育った大会社の御曹司・行。再開発ために荒川河川敷の視察にやってくるが、そこで不本意にも自称・金星人の美少女“ニノ”に助けられる。借りを返そうとすると、彼女は「私に恋をさせてくれないか」と頼むので引き受けることに。ニノに連れられてやってきた河川敷には奇妙な人々が暮らしていた。彼らから“リク”と名付けられた行は、視察を兼ねて河川敷で暮らし始めるが…。

原作は、中村光の人気コミックで、TVドラマ化もされている。河童姿の“村長”、黄色の星をかぶったロックミュージシャン“星”、尼僧姿の“シスター”(男)、村のために酪農をしているドSの美女“マリア”など、河川敷の不法占拠者は誰もがあまりに風変わり。彼らの言動に振り回されるリクの生真面目なツッコミが、クスクス笑いを誘う。だが常識が通用しない異界にまぎれこんだことで、主人公の価値観は徐々に変わりはじめる。過去に受けた傷から息子を素直に愛することが出来ない父との関係性にも変化が。河川敷で暮らす人々と彼らの暮らしを守りたいという気持ちから、ついにリクは、初めて父へ反抗するという勇気ある行動へと至る。つまりこれは健全な反抗心が促す青年の成長物語なのだ。河童の村長の正体は? ニノは本当に金星人なのか? これらの謎の答えより、奇妙奇天烈な荒川ワールドを楽しむべき。ただ、小栗旬や山田孝之ら、豪華キャストがヘンテコな役を楽しそうに演じているのは愉快だが、漫画と違って、実写映画ではギャグ漫画的なキャラの面白さは限界があった。その意味でも、リクとニノのファンタジックな恋愛を主軸にしたのは正解だったかもしれない。賑やかで不思議な世界観を形作った美術スタッフの頑張りに拍手である。
【55点】
(原題「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」)
(日本/飯塚健監督/林遣都、桐谷美玲、小栗旬、山田孝之、他)
(ファンタジー度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

荒川アンダーザブリッジ@ぴあ映画生活