世界最古の洞窟壁画 忘れられた夢の記憶 [DVD]世界最古の洞窟壁画 忘れられた夢の記憶 [DVD]
ヴェルナー・ヘルツォーク監督がショーベ洞窟を3Dでとらえたドキュメンタリー「世界最古の洞窟壁画3D 忘れられた夢の記憶」。3万年以上前のアートと現代の最新技術3Dが融合するのはまるで奇跡のよう。

1994年南仏で発見されたショーヴェ洞窟。仏政府により、遺跡を守るために研究者や学者のみしか入場できなかったこの洞窟に初めてカメラが入った。ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツォーク監督率いるスタッフは、洞窟の奥に残された古代人の手による絵画を3D映像で美しく立体的に表現していく。

恥ずかしながらこの作品を見るまでショーヴェ洞窟のことは何も知らなかった。文化財保護の観点から、私たち一般庶民は、決して入れないショーヴェ洞窟。その内部は、驚くべき芸術の宝庫だ。牛、馬、サイ、ライオンなどの多くの動物画はとても3万年前のものとは思えないほど上手い。しかも技巧に富んでいていて、岩の凹凸を利用して、見る位置によって絵が変化する“トリックアート”まであるのには驚いた。技法は、スタンプや吹き墨など。動物を描く画家にはシャガールやピロスマニがいるが、彼らの芸術の原点を見る思いがする。思えば個性的な作風で知られるヘルツォークの映画には、「アギーレ 神の怒り」や「フィッツカラルド」「彼方へ」など、原初的な自然と人との関係性をテーマにした作品が多い。本作は、3万年以上前の人間が残した芸術作品に、最先端の映像テクニックで挑む、現代と過去のコラボレーションだ。このモチーフがいかにもヘルツォークらしい。ショーヴェ洞窟と内部の壁画に関しては、現在も調査・研究が進行中。幻想的な音楽と共に、スクリーンで時空を超える体験ができたのは貴重だった。日本語版のナレーションは、ヘルツォークのファンであるオダギリジョーが担当。静かで深みのある声が作品を魅力的にしている。
【65点】
(原題「CAVE OF FORGOTTEN DREAMS」)
(アメリカ/ヴェルナー・ヘルツォーク監督/ヴェルナー・ヘルツォーク、日本語版ナレーション:オダギリジョー)
(アート度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
世界最古の洞窟壁画 3D 忘れられた夢の記憶@ぴあ映画生活