貞子3D貞子の呪い箱 3枚組(本編3D&2D Blu-ray・本編DVD・特典DVD) (4,444セット限定)貞子3D貞子の呪い箱 3枚組(本編3D&2D Blu-ray・本編DVD・特典DVD) (4,444セット限定)
クチコミを見る
名作ホラー「リング」の人気キャラ“貞子”が3Dで飛び出してくる「貞子3D」。この映画、方向性を間違ってないか?!

女子高の教師の茜は、自殺を生中継した“呪いの動画”を見たものが死ぬという噂を耳にする。そのサイトを見た茜の教え子も不可解な死を遂げるが、警察は自殺として片付けてしまう。だが、度重なる不審な死の向こう側には、貞子復活を目論む柏木という男の存在があり、警察も異様な気配を嗅ぎ付けて調べ始めた。その動画からは「おまえじゃない…」という声が聞こえることから、どうやらその呪いの動画は誰かを探している様子。茜は自らの忌まわしい過去におびえながら一連の事件に関わっていくが、そんな中、茜の恋人・孝則に危険がせまる…。

ついにこの人までもが3Dで飛び出してしまうのか。Jホラーの名作「リング」では、TV画面から這い出してくる貞子のおぞましい姿に日本中が恐怖におののいたものだ。本作はいくつか作られた「リング」シリーズの最新作で、原作者の鈴木光司によるオリジナルストーリーとなる。TVから、スマホから、街頭ビジョンから、あらゆる所から貞子が飛び出してくるのはいかにもIT時代の恐怖に合致しているのだが、困ったことに、この貞子、さっぱり怖くないのだ。もともとは、世間に恨みを持つ男が貞子復活を目論んだのが事の発端。茜にはある特殊能力があるために、貞子からターゲットにされる。恋人の孝則はそんな茜を深く愛している、という構図だ。こんななまぬるいラブストーリーにホラーテイストをチョイとふりかけただけでは、映画ファンは納得しないし、貞子も浮かばれないというものである。ついに貞子と対峙すると決めたヒロインが絶叫するクライマックスの演出は、完全に「リング」の恐怖とは異質のものだ。しかも、である。ある瞬間から、ありし日の貞子が登場するが、この顔が実に可愛い(はーと)!橋本愛ちゃんが演じる貞子はほとんどアイドルと化している。これでいいのか?!いいわけはない。怖くない貞子に何の存在意義があるというのか。結局「ハンサム★スーツ」の英勉監督は、ホラーとは全く相容れない作り手だったということだ。ただひとつ、冒頭に登場する井戸のシーンはなかなかいい。暗い井戸の底から見た上空は、3Dならではの奥行きで、Jホラーきってのスーパースター・貞子の深い絶望と悲しみが伝わるようだった。
【30点】
(原題「貞子3D」)
(日本/英勉監督/石原さとみ、瀬戸康史、山本裕典、他)
(恐怖度:★☆☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
貞子3D@ぴあ映画生活