外事警察 その男に騙されるな [Blu-ray]外事警察 その男に騙されるな [Blu-ray]
クチコミを見る
麻生幾の人気小説を原作に作られ大反響を呼んだNHKドラマの劇場版「外事警察 その男に騙されるな」。民間人を使い倒す冷酷な説得シーンがすさまじい。

2011年の日本。某大学施設から軍事機密である原子力関連部品のデータが盗まれる事件が発生。時を同じくして朝鮮半島から濃縮ウランが流出したとの情報が入る。“公安の魔物”と恐れられる外事警察・主任の住本は、日本に潜伏する工作員らしき貿易商・奥田に目をつけ、妻の香織を“協力者=スパイ”に取り込むと決める。一方で、日本に送り込まれたNIS(韓国諜報機関)の潜入捜査員も活動を開始。日本と韓国の情報戦が始まる。だが、核心に近付いたと思ったその矢先、住本は、何者かによってナイフで刺されてしまう…。

外事警察とは警察庁公安部外事課の通称で、日本版CIAとも呼ばれる国際テロ捜査専門の諜報部隊。そんな秘密のベールに包まれた組織を舞台にした物語は、TV版、劇場版ともに、膨大なリサーチによるリアリティと、国益のためには犯罪ギリギリの行為も辞さない非情な主人公の複雑な人間性が魅力のクオリティの高いドラマだ。渡部篤郎、尾野真千子らはTV版から続投。激しさを秘めるヒロイン役の真木よう子と、韓国の人気俳優キム・ガンウの参加で、劇場版らしい厚みが出ている。映画は、日本と朝鮮半島を舞台に繰り広げられる情報戦を、硬派なタッチで描いていくが、住本が、協力者の香織にかける精神的な揺さぶりがハンパではない。徹底的な調査で香織の弱みを握り、卑劣ともいえる手段で感情をコントロールしていく。冷酷で狡猾なその態度は、在日二世の天才科学者・徐に対しても同様だ。外事警察、NIS、協力者、テロリスト。交錯するそれぞれの思いと騙しあいの果てに、ついにドラマは国境を越え、最後の賭けともいえるクライマックスへとなだれ込む。物語はTVドラマがベースなだけあって、スピーディで飽きさせない。ドラマ未見の観客にも分かりやすく作ってある。善と悪の二面性を持つ主人公・住本のキャラクター造形も魅力的だ。ただ、住本は、協力者を取り込む手口以外は、本作では実はポカが多い。ナイフで刺され、一度は確保した徐から逃げられ、クライマックスには、文字通り“賭け”と人情に頼る。しかしこの脆さ、頼りなさこそ、スパイ天国と揶揄される日本の現状を表すのに適しているのかもしれない。邦画の娯楽大作にしては珍しく、大人の魅力に満ちた作品だ。
【70点】
(原題「外事警察 その男に騙されるな」)
(日本日本/堀切園健太郎監督/渡部篤郎、キム・ガンウ、真木よう子、他)
(緊張感度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
外事警察 その男に騙されるな@ぴあ映画生活