スノーホワイト Blu-ray & DVD (デジタルコピー付)スノーホワイト Blu-ray & DVD (デジタルコピー付)
クチコミを見る
覚醒した白雪姫が邪悪な女王に挑戦状を叩きつける「スノーホワイト」。この話、王子サマなんていらないんじゃないの?!

恐ろしい魔法を操るラヴェンナ女王によって父王を殺され、城に幽閉されたスノーホワイト。自分より美しい彼女の心臓を食べれば永遠の若さと美貌を手に入れることができると知った女王はスノーホワイトを殺すチャンスを待っていた。隙を見て城を逃げ出したスノーホワイトは、女王の魔力が及ばない黒い森へと逃げ込む。自分を捕らえにきたハンターのエリックを味方につけ、剣や戦術を学んだ彼女は、たくましく生き抜く術を身につけるが…。

言わずと知れたグリム童話の「白雪姫」だが、本作は大胆にアレンジした“戦う白雪姫”の物語だ。王子様を待つプリンセスではなく、自ら甲冑に身を包むスノーホワイトは、森へ逃げ込んだ間に訓練を積み、兵士へと生まれ変わった。自分の命を狙う邪悪な女王から逃げても何も解決しない。ガチで勝負するしかないと決心した背景には、自分のために罪もない民が苦しめられ、自然が破壊されていると知ったから。このモチベーションの設定はなかなか上手い。映像がこれまた素晴らしいもので、女王が住む薄暗い城はあくまで不気味。一方で、スノーホワイトが世界を救うことができる救世主だと分かる森の場面は、幻想的で夢のよう。美術スタッフのセンスと高度なCGのおかげで、ビジュアルは見応えがある。新時代の白雪姫をクリステン・スチュアートが熱演するが、何しろ女王を演じるシャーリーズ・セロンが美しすぎて、完全に貫禄負けしてしまっている。悪役にも関わらず、その闇の心と悲しい出自、美への執着までも説得力があり、感情移入してしまうのは、セロンの高貴な存在感のため。この映画の主役はラヴェンナ女王だと言っても過言ではない。女性キャラのりりしさや迫力に対し、なんとも影が薄いのが男性陣だ。ハンターのエリックはスノーホワイトを助けはするが演出が中途半端だし、スノーホワイトの幼馴染のウィリアム王子に至っては、何のために存在しているのやらさっぱり分からない。ともあれ、オスカーを受賞した華麗でクールな衣装も含め、映像のマジックをたっぷりと堪能できるアクション・ファンタジーに仕上がった。
【65点】
(原題「SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN」)
(アメリカ/ルパート・サンダース監督/クリステン・スチュアート、クリス・ヘムズワース、シャーリーズ・セロン、他)
(幻想的度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
スノーホワイト@ぴあ映画生活