ネイビーシールズ コレクターズ・エディション [Blu-ray]ネイビーシールズ コレクターズ・エディション [Blu-ray]
武器も戦術も隊員もすべて本物という異色のミリタリー・アクション「ネイビーシールズ」。アメリカって国は軍のPR映画まで作ってしまう。

中米コスタリカで医師を装って潜入していたCIAの女性エージェントが拉致・誘拐される。米軍は、直ちにアメリカ海軍特殊部隊“NAVY SEALS”に出動を命じる。隊員たちは迅速かつ的確に敵の拠点地を突き止め急襲し、エージェントを取り戻すことに成功するが、その事件の裏側で、全世界規模のテロが計画されていた。隊の中でも選りすぐりの精鋭たちは、テロを阻止するために熾烈な任務へと旅立っていくが…。

ネイビーシールズ(NAVY SEALS)は、米海軍の中でわずか0.5パーセントのエリートたちで組織される特殊部隊で、オサマ・ビンラディン暗殺を遂行したことでも知られている米海軍特殊部隊だ。かつてチャーリー・シーン主演の「ネイビー・シールズ」やニコラス・ケイジ主演の「ザ・ロック」でも描かれている。だが本作のウリは、武器、戦術、さらに現役のシールズ隊員と、ひたすら本物志向であることだ。ここまで描いては国家機密漏洩じゃないかと文句まで出たというキャッチも雄々しい。加えて、軍事・政治小説家として名高いトム・クランシーが企画協力。セリフや細かい動作まで、隊員のチェックが入ったというからリアルなのも頷ける。もっともストーリーはまったくのフィクションで、大雑把に言えば、正義のアメリカが悪のテロリストをやっつけに行くという、単純な話である。ドキュメンタリータッチで撮影された映像は、本物の戦術に忠実なため、当然無駄な爆発や銃撃戦はなく、地味で静かだ。画面も薄暗くメリハリがない。つまりエンタメ度は限りなく低いのである。わずかに描かれるドラマは、妊娠した妻を置いて任務にまい進する隊員の苦悩のみ。エリート中のエリートが戦う姿には、命令に対する疑問も迷いもいっさいない。彼らがどういうプロセスで精鋭の兵士になったのかその背景が知りたくなった。この、大金をかけた米軍の一大PR映画を見て「米軍ってかっこいい」「入隊しよう」「世界の平和はアメリカが守ってくれている」と考える観客がいるかどうかはさておき、いろいろな意味で、今までの映画とは異なる異色作である。ネイビーシールズ疑似体験が味わえる、ミリタリーオタクには超おすすめの作品とだけ言っておこう。
【50点】
(原題「ACT OF VALOR」)
(アメリカ/スコット・ウォー、マイク・マッコイ監督/米軍特殊部隊「NAVY SEALs」の兵士たち、他)
(米軍PR度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ネイビーシールズ@ぴあ映画生活