トガニ 幼き瞳の告発 (オリジナル・バージョン) [Blu-ray]トガニ 幼き瞳の告発 (オリジナル・バージョン) [Blu-ray]
◆プチレビュー◆
実話に基づく児童虐待事件を描く衝撃作「トガニ 幼き瞳の告発」。韓国では法改正まで行われ、映画の力を示す作品となった。 【70点】

 地方都市の聴覚障害者学校に赴任した美術教師イノは、その学校で、校長をはじめ、複数の教職員によって、児童への暴行や性的虐待が日常的に行われていることを知り愕然とする。憤ったイノは、人権センターの女性ユジンと共に、加害者の校長らを告発するが…。

 タイトルの“トガニ”とは、直訳すると“坩堝(るつぼ)”の意味。虐待、性的暴行、隠蔽、無関心。実際に起こったこの異様な事件には、なるほど、さまざまな負の要素がからみあい、混じり合っている。

 しつけと称して行う執拗な体罰や、女子生徒、男子生徒を問わずに繰り返される性的虐待など、壮絶なシーンを真っ向から描く勇気には、作り手の並々ならぬ意欲が見て取れる。聴覚障害を持つ幼い児童へのおぞましい仕打ちもさることながら、事件が明るみに出てからの、学校側のあの手この手での隠蔽工作には、心の底から怒りがこみ上げた。無関心で無責任な行政、収賄と保身にまみれた警察、不条理な法制度もまた罪深い。だが、懸命な努力を積み重ね、決定的な証拠をつかんだイノと子供たちの命がけの戦いには、さらに残酷な運命が待っているのだ。

 この衝撃的な映画で光るのは、子供たちの圧倒的な存在感である。演技とはいえ、このような内容の役柄に、プレッシャーがかからないわけはない。だが、劇中で重要な役を演じる3人の子役たちは、手話を完璧にマスターし、セリフに頼らず感情を吐露するという難役を見事にこなしている。教師たちの卑劣さと対極をなす、いじらしく健気な子供たちの存在。物語の中核をなす法廷シーンでの、子供たちによる息詰まる告発サスペンスは、とりわけ注目だ。

 本作の原作は、コン・ジヨンの同名小説。惨すぎる内容に衝撃を受けた俳優コン・ユが、映画化を切望したそうだ。甘いルックスでラブ・ストーリーのイメージが強いコン・ユだが、本作では、事件への怒りと、それでも変わらない現実の理不尽に苦悩する教師を熱演して素晴らしい。この主人公が、特別な能力もなく、熱い正義漢でもない、弱さを持つごく普通の人間であることが、物語をリアルにした。同時に、もの言わぬ子供たちの心の叫びが際立つ要因にもなっている。

 児童虐待をテーマとしているだけに、目を覆いたくなる場面が多いが、小説も映画も、内容はその無惨な事件の半分も描いていないという。本作は韓国で公開後、大反響を巻き起こし、韓国国民の怒りの声が、事件の再調査、子供への性暴力犯罪の処罰に関する改正法案“トガニ法”の立案を促し、学校も廃校となった。映画は社会を映す鏡だが、映画によって社会に変革をもたらすこともある。私は、そんな映画の“正しい力”を信じたい。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)衝撃度:★★★★★

□2011年 韓国映画 □原題「DOGANI/Silenced」
□監督:ファン・ドンヒョク
□出演:コン・ユ、チョン・ユミ、他
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!


人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

トガニ 幼き瞳の告発@ぴあ映画生活