桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]
高校生活に歴然と存在するヒエラルキーを正面から描く、勇気ある青春映画「桐島、部活やめるってよ」。若手俳優の競演に勢いを感じる。

とある高校の金曜日、校内のスター的存在でバレー部エースの桐島が部活を辞めるという噂が駆け巡る。バレー部だけでなく、学校中がこのニュースに浮き足だち、波紋が広がる。桐島の親友や彼女でさえも桐島と連絡がつかない。不穏な空気が流れる中、目立たない存在の映画部の前田は、ある行動に出るのだが…。

原作は、浅井リョウの同名ベストセラー小説。日本映画が意識的に言明を避けてきた、学校生活におけるヒエラルキー(階層制)を、はっきりと認めて描くところがこの作品の新しさだ。桐島は、スポーツ万能、成績優秀、ガールフレンドは校内ナンバーワンの美少女。女子に騒がれ、男子からは一目置かれる、学校のスターである。その桐島が部活を辞める。それが何だ?!と言いたいが、ピラミッド型の段階的組織構造の頂点に位置する桐島の変化は、同じバレー部員を動揺させるだけでなく、関係のない部活の者にまで多大な影響を及ぼすことに。ティーンエイジャーの不安定な力関係に着目するところが鋭い。同じ階層にいると思っていた者同士に亀裂が生じたり、最下層にいた生徒たちが逆襲に出たり。同じシーンを異なる視点から何度も繰り返して描き、個々にとってまったく別の意味を持つ時間と事実を突きつける。学校という閉塞的な社会は、穏やかで何気ない日常を繰りかえしているようで、実はとても危ういバランスの上に成り立っているのだ。渦中の桐島が最後まで登場しない演出が効いていて、桐島という存在はいったい何なのかとそれぞれの胸に問いかけ、同時に誰もが“桐島になり得る”と示唆する。アメリカ映画では当たり前の、学校内の格差を明言したことが起爆剤となり、物語は、屋上で繰り広げられるクライマックスのカタルシスとなって昇華される。神木隆之介、橋本愛、大後寿々花など、日本映画の将来を担う若手俳優たちがリアルな高校生に扮し、部活、友情、恋愛だけでなく、秘密や嫌悪、劣等感、孤独や不安まで見事に演じきった。高橋優の主題歌「陽はまた昇る」は“愛しき人よ、どうか君に幸あれ”と歌う。甘くて苦い青春を通過してきた私たち大人からの、精一杯のエールに聞こえた。
【80点】
(原題「桐島、部活やめるってよ」)
(日本/吉田大八監督/神木隆之介、橋本愛、大後寿々花、他)
(リアル度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
桐島、部活やめるってよ@ぴあ映画生活