テイク・ディス・ワルツ [DVD]テイク・ディス・ワルツ [DVD]
人妻の心の空白と孤独を静かな演出で描く「テイク・ディス・ワルツ」。ミシェル・ウィリアムズの虚ろな表情がすべてを物語る。

フリーライターのマーゴは、料理のレシピ本を作る夫ルーと幸福に暮らしている。結婚5年目を向かえ、恋愛時代のような刺激は薄れたものの、穏やかな愛に包まれる日々だ。そんなある日、マーゴは旅先でダニエルという情熱的な青年と出会い強く惹かれるが、彼が偶然にも家の向かいに住んでいると知り、動揺してしまう。結婚していることをダニエルに告げるが、意図せずにダニエルと過ごす時間が増え、夫ルーとは全く違うタイプの彼に惹かれる気持ちを抑えられなくなっていく…。

カナダ出身の女優サラ・ポーリーは監督第一作「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」で、老夫婦間に生まれる緊張と寂寞を描いて、ただならぬ手腕をみせたが、本作でもまた、繊細で鋭い人間心理をすくい取っていて、このまだ若い女優は監督としても一流で、年齢とは不釣合いなほど老獪な演出力を持っていると確信した。物語は、平凡だが幸せな日々を送る人妻が、不倫に走るという一見他愛無いものだが、単なる浮気話とは一線を画している。ミシェル・ウィリアムズ演じるヒロインが、時折みせる虚ろな表情。これが本作のキモだ。幸福なはずなのに、何か満ち足りない。優しい夫に不満などないのに、憂鬱で孤独を感じる。そんな漠然とした思いを、ウィリアムズの茫然自失の顔つきと、昼下がりの午後のけだるい光のようなカメラワークが絶妙に物語る。穏やかな日々にひそむ空虚のブラックホールに堕ちたヒロインは、それに気付かないふりをする周囲の空気を感じつつも、ある結論に達する。ウィリアムズは脱ぎっぷりのいい女優で、本作でも惜しみなく裸体をさらして熱演するが、あどけない少女のような雰囲気と不思議な色香が同居するウィリアムズの存在そのものがエロティックだ。コメディが得意のセス・ローゲンやサラ・シルヴァーマンをシリアスな役で起用するなど、キャスティングも上手い。冒頭、お菓子を焼きながらふとその場にしゃがみこむマーゴ。その虚脱感は、ラストにも登場し、終わりなき欠落感は、凡百のホラー映画よりよほど戦慄を覚える。本能とモラル。そのどちらにも“永遠”などあり得ない。よくある浮気話にみえて、なかなかシビアで深い映画だ。
【65点】
(原題「TAKE THIS WALTZ」)
(カナダ/サラ・ポーリー監督/ミシェル・ウィリアムズ、セス・ローゲン、ルーク・カービー、他)
(空虚度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
テイク・ディス・ワルツ@ぴあ映画生活