プロメテウス 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー (初回生産限定) [Blu-ray]プロメテウス 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー (初回生産限定) [Blu-ray]
◆プチレビュー◆
人類の起源という根源的な謎に挑んだSF超大作「プロメテウス」。壮大で幻想的なビジュアルに圧倒される。 【65点】

 2093年、考古学者エリザベスら17名のクルーは、宇宙における人類の起源を解明するため、宇宙船プロメテウス号に乗って地球を出発する。だが、2年後にたどり着いた惑星で、彼らは、地球上の常識では計り知れない、驚愕の真実を目の当たりにする…。

 「ブレードランナー」、「エイリアン」など、映画史に残るSF作品を手がけた巨匠リドリー・スコットは、どうやら、人間を“第一の原人”とは考えていないようだ。人間が最初に生まれたという発想そのものが、傲慢だとさえ言い切る。人類の起源を、科学や宗教を超えた解釈で描くこの作品は、スコット監督が導き出した、ミステリアスな可能性の物語だ。

 冒頭、荒々しい岩肌の大地と巨大な瀑布の岸に立つ知的生命体“エンジニア”が、自分の肉体を分解してばらまいているのはDNAなのだろうか。宗教や進化論をものともせず、一気に人類誕生の新説を提示するから、潔い。その突拍子も無い提言を、思わず信じてしまいたくなる、異様な惑星の光景や、宇宙船内部のガジェットなど、イマジネーションあふれる幻想的なビジュアルは、映像派のリドリー・スコットだけが持つ説得力と言えよう。

 地球上の複数の遺跡に共通したサインを、宇宙からの招待状と解釈したエリザベスたちは、たどり着いた惑星で、洞窟の奥のビッグフェイスの彫像、並べられた無数の壷、光を放つ奇妙な施設などを目にする。それは“神の領域”というより、恐怖が充満した地獄のような暗黒の空間。宇宙に対する安直なシンパシーを叩き潰し、失望を煽る暗い展開は、まさに先読み不能だ。

 巨大企業が出資したプロメテウス号内部には、ある秘密が隠されているのだが、その鍵を握るのが、精巧なアンドロイドのデヴィッドである。端正で無表情なデヴィッドを演じるマイケル・ファスベンダーが適役で、国際的なスターが集うこの超大作の中でも、とりわけ存在感がある。

 想像を絶するクライマックスの果てに、科学者でありながら、信仰を拠り所にするエリザベスと、人間の感情は理解できるが自分自身は感情を持たないアンドロイドのデヴィッドが行動を共にするのを見ると、世界の大いなる“矛盾”を受け入れざるを得ない。だが多くの謎を内包した物語は、未来の世界で遠い宇宙の果てまで来た人類が、太古へと回帰するという、アイロニカルなもの。人類に火という知性を与えた神プロメテウスの名は、第二のプロメテウスと呼ばれる原子力にも使われている。失意が充満するこの世界で、パンドラの箱の底に残った希望を見出すには、人類には、まだ長い航海が必要なのだろうか。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)壮大度:★★★★★

□2012年 アメリカ映画 □原題「PROMETHEUS」
□監督:リドリー・スコット
□出演:ノオミ・ラパス、マイケル・ファスベンダー、シャーリーズ・セロン、他

チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

プロメテウス@ぴあ映画生活