ストロベリーナイト Blu-rayコレクターズ・エディションストロベリーナイト Blu-rayコレクターズ・エディション [Blu-ray]
人気TVドラマ「姫川玲子シリーズ」の劇場版「ストロベリーナイト」。サスペンスよりラブストーリーの印象が残る。

警視庁捜査一課の姫川玲子は、ノンキャリアながら直感と行動力を武器に事件の真相に迫る敏腕女性刑事。彼女が率いる姫川班の管轄で、左目を切り裂かれた4つの死体が発見され、連続殺人事件として合同捜査本部が設置される。そんな時、「犯人は柳井健斗」という匿名電話が寄せられるが、上層部からはすべてを黙殺しろとの一方的な命令が下った。納得がいかない玲子は、単独捜査を始めるが、そこで事件の鍵を握るマキタという男と出会い、立場を越えて惹かれていく…。

原作は誉田哲也の人気小説の姫川玲子シリーズだが、劇場版の原作は“ストロベリーナイト”ではなく“インビジブルレイン”なのだから、ちょっとややこしい。スペシャルテレビ版、連続テレビ版と、姫川班の絆を描いているだけあって、班の結束力は絶大だ。さらに、玲子の右腕的存在の菊田には、玲子に対しどうやら恋愛に近い感情があるらしい。こういう予備知識を持って見ると、今回、事件の鍵を握る謎の男マキタ、実は暴力団幹部・牧田に玲子が惹かれていく展開は、やきもきするだろう。17歳の時に暴漢に襲われ、心と体に深い傷を持つ玲子の闇を、玲子同様に心に闇を抱える牧田は直感的に見抜く。これは愛というより共鳴に近いのかもしれない。警察上層部が隠ぺいする秘密に係わる事件の真相に迫るたびに2人の関係も変化し、思いがけないラストへ。刑事役初挑戦だという竹内結子が、赤いエルメスのバッグに、スーツとハイヒールでキメる、才色兼備の女性刑事を熱演。とはいえ、敏腕刑事ながら、基本的にはカン頼みという点は、サスペンスという点では甘さも感じる。それでも男社会の中にあって、毅然と戦い続けるヒロインの姿は美しい。全編、これでもか!と言わんばかりに降り続ける雨。キャスト、スタッフの苦労がしのばれる作品だ。
【60点】
(原題「ストロベリーナイト」)
(日本/佐藤祐市監督/竹内結子、大沢たかお、西島秀俊、他)
(タフなヒロイン度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ストロベリーナイト@ぴあ映画生活